”もったいない”から生まれた「チャイと檸檬のホワイトエール」をスープストックトーキョー全店で販売!

この記事のURLとタイトルをコピーする

捨てられるはずの茶葉と檸檬の皮から生まれた「チャイと檸檬のホワイトエール」を、スープストックトーキョー全店で2020年7月27日(月)より販売スタート!

使用する食材は、なんと店舗のドリンクメニュー「職人のほうじ茶のチャイ」を調理する際に残る茶葉やカルダモン、クローブといったスパイスと、「瀬戸田レモンのレモネード」のレモネードシロップをつくる際の絞った後の檸檬の皮を活用。

茶葉のチャイの風味がほんのりと残り、茶葉に含まれるスパイスと檸檬の皮の香りも感じられるさわやかな味わいに仕上がっているとのこと!

“おいしい”と“もったいない”を両立した「チャイと檸檬のホワイトエール」。

気になりますね。

Sponsored link

開発背景

「チャイと檸檬のホワイトエール」の開発の裏側には、食品ロスプロジェクトのリーダーである坂本勇太(Soup Stock Tokyo アトレ大船店店長[2019年当時])が、店舗で感じたお客様とのコミュニケーションがきっかけになっています。(公式ページより

「一人の店長の強い思いからスタートした “もったいない”をなくす、食品ロスゼロプロジェクト」ということで、その取り組みについて公式ページで公開しています。

スープストックトーキョーでは、これまで商品開発において、流通に乗せられず市場には出回らない「無花果」を使った「無花果チャツネのキーマカレー」や、天候に左右され一番おいしい時期に摘み切ることができず食べられるのに廃棄しなくてはいけなかった「いちご」を使ったラッシーを開発・販売などを行ってきました。

今回のビールについても、「もったいない」という想いと「おいしく」「たのしく」環境問題を知るキッカケづくりができればということで開発を行ったようです!

商品概要

  • 商品名:チャイと檸檬のホワイトエール
  • 容量:330ml
  • パッケージ:びん
  • アルコール分:5%
  • 発売日:2020年7月27日(月)
  • 取扱店舗:スープストックトーキョー全店(家で食べるスープストックトーキョー、おだし東京、YELLOWは除く)
  • 商品価格(税抜): 単品 780円(セット価格 +690円)
スポンサードリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!