買取に出す時に重宝する?カメラを購入した際に一緒に買っておきたいアイテムたち。

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

新しいカメラを買う時には、今使っているカメラを買取に出してから購入するようにしてます。そして「買取に出す!」と決まってから気になりだしてしまうのが「傷問題」です。

カメラやレンズを保護するためのアクセサリーは、人によっては買わない方もいるでしょう。

ただ、最終的にいつか売りに出すことを考えると「この傷で値が下がるのは嫌だなぁ」という思いはしたくないんですよ。

もちろん、使っているときの安心感も高まるので、個人的には最初に揃えておくのが良いかなと思いました。

ボディケースで底を保護!

カメラの傷

色が剥げて、銀色の部分が見えてきてしまう

実は、すでに売ってしまった後に記事を書いているので傷そのもの写真がほとんどなくて恐縮です・・・。

ただ、どんなカメラでも長く使っていれば傷や色が剥げてしまったりすることは普通に起こるものなんです。

角が傷つく

私は、カメラをあちこち置いたり、ほぼ毎日持ち歩いていたので、カメラの底の部分(オレンジ色で囲った部分)の色が剥げてしまったり、こすれて傷ができたりしていました。

特に、写真右側の角の部分は明らかに黒色が剥げてしまい、買取に出した際に減額されるのではないかと思いましたよ・・・。

ボディケース LCS-EBF_3

その反省を踏まえ今回購入したのが、Sony純正の「ボディケース LCS-EBF」です。

「α7R II・α7S II・α7 II」に対応しているボディケースで、本革を使用とのこと。同じ革でデザインされたショルダーストラップも販売されているようで、揃えることも可能です。

ボディケース LCS-EBF

装着は簡単で、カメラの底の部分にあるねじ穴と合わせて取り付けるだけ。もちろん、三脚が使えるようにねじ穴がケースにもついていますのでご安心を。

ちなみに、三脚がつくということはグリップベルトもつけることが可能なので、必要に応じて揃えてみてください。

※「Amazonで調べる」「楽天で調べる」をクリックすると、ソニー製以外の製品一覧も見ることができます!

α7RII + LCS-EBF_6

装着した様子を一周見ていきましょう。

グリップの部分は、中指だけだけ直接触れる感じ。グリップに少し厚みが出たので、個人的には握りやすくなった印象です。

α7RII + LCS-EBF_2

上から見るとグリップの内側に少し空洞ができていますが、使ってみると特に気になりませんでした。

α7RII + LCS-EBF_3 α7RII + LCS-EBF_4 α7RII + LCS-EBF

側面のSDカード、側面の端子部、バッテリー部分は問題なく開きます。ただし、マイク端子とヘッドホン端子の部分はケースをつけたままだと開くことができません。

※私はマイク端子とヘッドホン端子もほとんど使っていないので、全く問題ありませんでした。

α7RII + LCS-EBF

実際の使用感としては、先ほども書いた通りグリップ部分に厚みが出るので握りやすくなったと思います。持ちやすくなるということは、手や腕への負担も減ることになるので重要なポイントかなと思います。

また、私が過去傷をつけてきた底の部分を完全に保護してくれるので、ものすごく安心してカメラを使えるようになりました。

デザイン面については、正直可もなく不可もなく、といったところでしょうか。ただ、純正ケースということで「なんかこの部分、微妙にあってなくない?」みたいなことはないと思います!

ちなみに、ソニー純正のケースはカラバリはないとのことなので、α7RIIに対応している他社製品を探す必要があります。探してみると山ほどありますので、お好みのものを探すのもありだと思いますよ!

※「Amazonで調べる」「楽天で調べる」をクリックすると、ソニー製以外の製品一覧も見ることができます!

意外に傷つく液晶モニター

液晶が傷つく

レンズの保護フィルターは必ずつけているんですが、意外と盲点だったのが液晶モニターの保護フィルム。

私は、ボタンがついているシャツをよく着るのですが、首からカメラをぶら下げて歩くと液晶モニターがボタンによく当たるんです!

強い衝撃ではないのでひびが入ったりすることは一切ありませんでしたが、液晶の表面のコーティングがはがれ足り、傷がついたりしたんですよね・・・。

それ以降、液晶モニターにもちゃんと保護フィルムを貼るようにしました。

※「Amazonで調べる」「楽天で調べる」をクリックすると、ソニー製以外の製品一覧も見ることができます!

まとめ

「売るために傷をつけない」というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、何にせよ大切なカメラに傷がつかないようにするのは重要なことです。

特に、よく持ち歩いたりする場合には、ひょんなことから傷がついてしまったり、気づかない間に塗装が剥げていたなんてことも多々あります。

どうせ買うのであれば、カメラ購入時にそろえてしまうのがお勧めだと思います!

必要に応じて、揃えてみてください!

しかしながら、デザイン性という意味だとソニーに限らずメーカー純正製品よりもサードパーティの方が上回ってしまう事が多いのはなぜだろうなぁ。

スポンサードリンク