Soup Stock Tokyoの夏は、カレー!

Soup Stock Tokyoの夏はカレー!【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo20】

今回ご紹介するカレーは、フランス料理のソースの一種である「アメリケーヌソース」がベースになっています。

アメリケーヌソースは海老の殻を炒めて作るので、赤い色素が出た色鮮やかなオレンジ色のソースです。

ソースは海老のコクと旨みが凝縮され、魚介類を使ったメニューやパスタなどと相性が良く、お料理を見事に引き立てます!鼻からふわっと抜ける海老の香りは格別で、その奥深い味わいにうっとり…。

スポンサーリンク

アメリケーヌソースをベースにしたカレー?!

Soup Stock Tokyoの夏はカレー!【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo20】

実はSoup Stock Tokyoには、そんな贅沢な「アメリケーヌソース」をベースに作り上げた「海老のフレンチカレー」があります!ミソがたくさん詰まった海老の頭をじっくりと炒め、こだわりの本格的なフランス料理の手法で作り完成させた、まさに食通もうならせるプロの味です。アメリケーヌソースとカレーの絶妙なバランスがご家庭ではなかなか真似できない濃厚な味わいで、リピーターのファンが多い珠玉の逸品です。

スパイスと具材がベストマッチ!

新鮮で厳選された海老の頭を時間をかけて丁寧に炒め、煮出して作る上質な欧風だしをベースに、11種類のスパイスや、セロリ、玉ねぎなどの香味野菜のソテーを加え、香り高いまろやかな風味のカレーに仕立てられています。また、具材のぷりっぷりの海老と、カリフラワーのほくっとした食感が相まって相違するふたつの食感が楽しめます。

食欲をかきたてるバターの香り

海老のフレンチカレー

繊細な風味のカレーソースには、さらにソテーオニオンの甘みを足し、最後はバターモンテ(仕上げの段階で熱いソースに冷たいバターを加えて、ソースにとろみを付けなめらかにするフランス料理の手法)で仕上げています。

アメリケーヌソースのコクと旨み、バターモンテのひと手間が更に味に華やかさを加え、ワンランク上の本格カレーの豊かな味わいを作り上げ、ナンとの相性もぴったり!

アレンジとして、ライスにパセリを散らせばカレーの黄、ライスの白、パセリの緑のコントラストが映え、まるでレストランやカフェでいただいているような仕上がりになるのでおススメです。

また、最後にルーの中にほんの少しだけバターを加えると、よりまろやかなお味に変化します。キッチン中に海老とバターの香りがふわっと広がるので、きっと食欲をかきたてるこの幸せな香りに悶絶するでしょう!自然と気分があがりますよ。

文/cloud9

スポンサーリンク

先日、行われた試食会にお邪魔しました!

Soup Stock Tokyoの夏はカレー!【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo20】

先日、Soup Stock Tokyoのテストキッチンでプレス向けの試食会が行われ、TiMEZ編集部もお邪魔したら、なんと代表の遠山さんもいらっしゃいました^^Soup Stock Tokyoの皆さんはとても気さくでいつも楽しそうにしていらっしゃるので、こちらまで楽しくなります♪

さて、レトルトカレーは小麦粉や油が多く使われているものが多く胃もたれしがちなものもあるのですが、Soup Stock Tokyoのカレーは、小麦粉由来のルーが使われていないそう!これは女性にはもちろん、男性にもやさしいメニューですね。

そしてほとんど水は使わずココナッツミルクをメインに使っているというこだわりぶり。また、ソースを別売りで用意してあるので、ちょい足しができるそう♪「ちょっとだけ食べてみたい!」という欲求を満たしてくれるアイディアがとってもステキ!

今回一番苦労したのは「カレーリーフ」を確保することだったとか。日本中にあるカレーリーフを買い占めたという本気ぶりに圧倒されました^^

今回は旅から生まれたカレーが多いそうで、Soup Stock Tokyoのエッセンスが入っています。試食させていただいた4商品を少しだけご紹介します。

Soup Stock Tokyoの夏はカレー!【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo20】

カリフラワーのキーマカレー

グリンピース、カリフラワー、黒いんげんなどが入っていて、大葉のトッピングが効いています。少しスパイシーですが、食が進みます!「野菜だけでこんなに豊かなの?」と、開発者の桑折さんも驚く満足感。とっても優しいカレーでした。

サンバール

本当酸っぱい豆を使うそうですが、日本人に合うように和歌山の梅干しを使っているというのが、Soup Stock Tokyoならでは。野菜だけのカレーだと軽すぎるますが、豆が入ってるのでお腹いっぱいになります。それほど辛くなくマイルド。

カシューナッツのホッダ(スリランカ風ココナッツカレー)

桑折さんおすすめのカレーは、甘さがあってとってもクリーミーな、柔らかいカシューナッツが入ったココナッツのカレー。TiMEZ編集部もこのカレーが一番のお気に入りでした♪うま味として、かつお節が少しだけ入っているのもポイントだとか。

魚のスリランカ風スパイスカレー

マンダイと玉ねぎとししとう、小さくカットしたパイナップルが入っています。香辛料をたくさん使い、自家焙煎をして色が濃くなるまでフライパンで熱を入れて焦げる直前まで炒め、それをココナッツミルクで炒めているそう。魚の味がしっかりとしていてなかなか日本で味わえないカレーでしたよ!

【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo】

Soup Stock Tokyoが毎月開催している、“食”を起点に「おいしいって何?」を考えるイベント「おいしい教室」のテーマに合わせ、スープの世界をのぞいていく連載です。

コンテンツ協力:Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)

「Soup Stock Tokyo」とは、食べるスープをコンセプトにしたスープ専門店。冷凍スープの専門店「家で食べるスープストックトーキョー」では、冷凍スープをフルラインナップでご用意しているほか、オンラインショップでもお手軽に購入することができます。

Soup Stock Tokyo

おいしい教室

スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!