出張やお出かけ時に!2wayリュック「かわるビジネスリュック mini」を1か月ほど使ってみた感想まとめ。

仕事でもプライベートでもバックパック(リュックサック)派の @nocco です。理由は「両手が使えるから!」につきます。

元々は、持ち物を可能な限りシンプルにしてA4サイズの資料が入るハンドバッグ(トートバッグにもなる)を使用していましたが「両手が使えるとこんなにも便利なのか・・・!」と実感してからはずっとバックパックスタイルですね!

今回、ご縁あって「かわるビジネスリュック mini」を1か月ほど使ってみましたので、その感想をまとめていきたいと思います。

横向きでも使えるリュックサック、好きですよ・・・!

ちなみに、基本的には名前の通りリュックサックとして使うのをお勧めします!その上で「横向きでも使える!」と考えると、購入時に失敗がないかなと思います。

「かわるビジネスリュック mini」のポイント

  • 出張時や小旅行の際に、荷物をコンパクトに持ち運べる!
  • メインポケットをはじめ、PCやタブレットを意識したポケットが使いやすい!
  • 荷物を小分けにまとめると、より使いやすく!

Special Thanks!!(商品提供)

バリューイノベーション株式会社

スポンサーリンク

私がバックパックに期待する機能はほぼ網羅。

かわるビジネスリュックmini_01
バックパックタイプ(縦向き)

「さすが・・・!」の一言に尽きますが、公式ページにかなり細かく仕様が書かれているのでそちらもチェックしてもらいつつ、ここではその中でも特に良かったポイントをまとめていきます。

シンプルだが欲しいポケットはちゃんと用意されている!

かわるビジネスリュック mini_16
かわるビジネスリュック mini_12
Surface Goがジャストサイズ・・・!

閉じた状態だと、ポケットは2つ。

メインポケットはL字ファスナーを採用し、横からでも取り出しが可能になっています。頻繁に仕様するもの(サイフなど)は、このメインポケットに入れることで取り出しやすくなり、リュックサック内迷子も軽減してくれるでしょう!

タブレットサイズのポケット(高さ 22cm × 横幅 28cm)には、Surface Goがちょうど入りかなり便利です!ポケットには、薄めですがクッション素材も使用されています。

かわるビジネスリュック mini_15
マグネット付きフラップを開けた状態
かわるビジネスリュック mini_13
MacBook Air 13インチ

上を開くと PC用ポケット(高さ 39cm × 横幅 28cm)と小物用ポケットが。

PC用ポケットは MacBook Pro 16インチがすっぽり入るサイズらしく、様々なノートPCが収納できるのではにでしょうか。書類を入れることも可能で、その際にはクリアファイルを使うとより使いやすくなると思います。

PC用ポケットの気になる点としては、リュックサックの内側(背中側)の素材にクッション性があると大満足でしたね!

外側にはもちろんクッション性のある素材が使用されていますが、リュックサックの中に硬いものをしまうことがあれば、収納の仕方など気をつけたいところです。

ちなみに、Surface Go をタブレット用のポケットに、MacBook Air 13インチをPC用ポケットに入れて見たところ少し窮屈でしたが収納は可能でした!

2階建て構造は必須!

かわるビジネスリュックmini_04
中に仕切りがあるので、リュックサックの中に2部屋できます。

ここ数年「かわるビジネスリュック mini」と同様に中が2階建て構造になっているバックパックをメインで使用しています。

「よく使うもの」と「そうではないもの」をわけることで、利便性を向上させてくれるんですよ!

メインポケット部分(オレンジの矢印)が袋状になっているので、ここを調整することで部屋の容量を変えることができます。

ちなみに、この一番広い空間は背中にくる部分なので頻繁には開けない前提です。

かわるビジネスリュックmini_06
パターン1:衣類とカメラポーチを1階に収納(ポーチ内にはカメラ+レンズ、予備バッテリー、USBケーブル、その他備品)
かわるビジネスリュックmini_08
パターン2:衣類や日用品を1階に収納。カメラ(レンズ付き)をメインポケットへ。

2階建て状態で荷物を入れてみました。

容量があり形も綺麗なので、2階建て状態でも想像よりも荷物が入ったと思います!

個人差はあると思いますが、1泊2日の出張くらいなら「衣類(下着や靴下など含む)+α」で十分荷造りすることができました。

私の場合はカメラ必須なので、カメラ備品が多くなるとちょっと窮屈かな・・・。(パターン1)

とはいえ、2階のメインポケットやその他のポケットを使用することで、十分な収納力はあると思います。

パターン2では、カメラ(レンズ付き)をメインポケットに入れることで衣類スペースを広く確保できました。圧縮袋などを使用しちゃんとパッキングすれば、スペースにもかなり余裕ができると思います!

内側には小物を入れるポケットがないので、ポーチなどで荷物を小分けにしてまとめるとより綺麗に荷造りができそうです!

▼私は、小物の収納に pake を使用しています

シンプルで使いやすいジッパーバッグ「Pake」で小物を収納!(UNDERCOVER x Pake)

かわるビジネスリュックmini_03

さて、2階部分を押し上げて大きな1部屋にしてみました。これなら、嵩張る衣類も2泊〜3泊分は入るかな?

出張のスタイルにもよりますが、私の出張時の持ち物は「衣類+日用品+パソコン+カメラ(レンズ付き)+その他小物」がほとんどなので、活躍に期待しかありません。

荷物の量や用途に合わせて、部屋の仕切りをうまく使ってみてください!

かわるビジネスリュックmini_02
仕切りがオレンジの部分まで上がってくるので、かなり狭くなります。ただ、矢印の部分はポケットとして薄いもの、小さいものを収納可能です!

ちなみに、メインポケット部分を押し上げて潰してしまっても、ポケットとしては一応使用可能でした。

「横持ちビジネススタイル」で使ってみた!

かわるビジネスリュック mini_10

冒頭にも書きましたが、基本的には縦向きのリュックサック前提の造りになっています。

私の場合「リュックサック前提の上に、横向きでも使えるなんて最高!」というタイプなので、相性抜群なんです!

なので「リュックサック機能付き 横向きビジネスバッグ」とは少し違うので注意しましょう。横向きビジネスバッグをメインで使いたい方は「かわるビジネスリュック mini」でなくても良いかなと思います。

PCとタブレットは横向きでもしっかり対応!

かわるビジネスリュック mini_11
横向きで使用する際には、このポケットが大活躍します。

私が外出時に使用している Surface Go がこんなにも便利に収まってくれるなんて・・・!これは、かなり嬉しいポイントですね。

PCポケットにはファスナーなどついていませんが、内側にストッパーがついていますし、一番外側にくるマグネット付きフラップもあるので中身が流れ出てくることはないと思います!

かわるビジネスリュック mini_20
かわるビジネスリュック mini_30
背中部分を開くと、横向きに対応した大きなポケットがついています!

また、リュックサックの内側にもA4サイズの書類が入る大きめのポケット(34cm×25cm)があります!

「サイズ的には、MacBook Air 13インチがジャストサイズ!」と思ったのですが、素材的にもPCなどの精密機器を入れる前提ではないと思われるので、書類に留めておくのが良いかなと思いました。

肩掛けベルトを綺麗が収納!しかし弊害も。

かわるビジネスリュック mini_21

横向きで使用する際には、肩掛けベルトを綺麗に収納することができます。しかも、磁石で固定されるので中で動くこともなく安定感がありました。

しかし、画像の通り一番大きなスペースのファスナーが肩掛けベルトと重なって、この状態だと開けにくい・・・!

横向き前提のビジネスバッグなら、横向きの状態で一番使いやすい造りになっています。なので、この部分はやはり頻繁に開けない前提かなと思いました。

だからこそ、PCやタブレット、メインポケットへのアクセスはこの一番の大きなところを開ける必要がない構造になっているということなんでしょう!

なので、私は特に不便はありません。

冒頭にも書いたように「メインはリュックサックでその上で横向きでも使える!」という部分だけお気をつけください!

まとめ

1ヶ月使ってみて感じたのは、一般的なバックパックよりも「よりビジネス向け」にカスタマイズされているということ。今後も、出張時や外まわり時にはかなり活躍してくれることでしょう・・・!

2階建て構造、パソコンやタブレットを意識したポケットのサイズやそこへのアクセス方法、メインポケットにL字ファスナーを採用するなど、とても使い心地が良かったです!

逆に、背中部分の一番広いスペースへのアクセスにちょっと不便さを感じました。(好みの問題かもしれません)

頻繁に開けない前提なのであれば問題はなく、逆に頻繁に開けることを想定された造りになれば今以上に便利になりそうなんですよ!そうすることで、横向きで使用する際にも利便性がグンっと上がるので利用者の幅も広くなりそうです。

さて、今日もこのビジネスリュックで訪問しようかな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!