ウルトラライトダウンを自宅で洗濯する方法!柔軟剤や洗剤の使い方について調べてみた

今シーズンお世話になったユニクロのウルトラライトダウンを綺麗に保つために、自宅でできるダウンジャケットの洗い方について調べてみました。クリーニング店に持っていくのが安心なのですが、シーズン中に何回もクリーニング店に出すのも経済的ではないですよね。

今回は、Lidea(リディア ライオン公式)で掲載されている記事を参考に、実際にウルトラライトダウンを洗濯した様子をレポートしたいと思います!

要点をまとめると難しいことはなく、端的に言えば手で押し洗いするだけなんです。

「自宅で試してみたい!」という方がいらっしゃれば、ぜひご参考になれば幸いです。

※本レポートは、洋服の劣化や型崩れを保証するものではありません。必ず、個々人の責任のもと行ってください。

まずは洗い方の手順を見てみよう!

  1. 洗濯表示を見て、水洗いできるか確認する
  2. 汚れが目立つところに、お洒落着用の洗濯洗剤を浸透させる
  3. ネットに入れて、手で押し洗いする
  4. 陰干しして、よーく乾かしたら完了

工程は、これだけなんです!

洗う作業自体は、慣れていれば30分もあればできてしまうのではないでしょうか。

ただ、何でもかんでも自宅で洗うことはお勧めしません。

私の場合は、ユニクロのウルトラライトダウンなので高価なアイテムというわけではありませんし、目立った汚れはほとんどなく「汗の汚れや臭い」を落としたいというのが洗いたい理由です。

なので、わざわざクリーニングに出さなくてもいいかな?という判断をしています。

クリーニング店に持って行った方が確実にきれいになりますし、だめになったとしても保証がきく場合もありますので、無理やり自宅で洗わないようお気を付けください!

それでは、洗い方について細かく見ていきましょう!

1.洗濯表示をチェック

ダウンジャケットの洗い方

ウルトラライトダウンシームレスパーカーの洗濯表示

まずは「洗濯表示」を見ていきましょう。マークについて左から順に説明すると、以下のようになります。

  • 手洗いが可能
  • 漂白処理はできない
  • タンブル乾燥禁止
  • 日陰で、つり干し
  • アイロン仕上げ禁止
  • ドライクリーニング禁止

※タンブル乾燥・・・洗濯槽をまわしながら熱風をあてて洗濯物を乾かす方法。家庭用のドラム式洗濯乾燥機や、コインランドリーの乾燥機などが当てはまります。熱風で乾燥させる行為がNGのようです。

この時点で「水洗い不可」のマークがついていたら絶対に洗わないようにしてください!

また、洗濯表示の下に細かい注意事項が書いてありますので、よく読んでから作業に移りましょう。

2.汚れている個所に洗濯洗剤を浸透させる

ダウンジャケットの洗い方_2

言わば、汚れをしっかり落とすための前処理になります。

目立つ汚れがある場合には、お洒落着用洗濯洗剤を薄めたものを用意しスポンジになじませ、柔らかい方でトントンと軽くたたいてください。

この時、こすったり固い部分でトントンすると、素材が傷んでしまうことがあるので、必ず柔らかい方で優しく作業してくださいね。

襟や袖口は特に汚れやすい部分ですので、確認をお忘れなく。

3.ネットに入れて押し洗い!

ダウンジャケットの洗い方_3 ダウンジャケットの洗い方_4

ネットに入れる際ですが、汚れが落ちやすいように汚れている面が表になるように畳んでいきます。袖口と襟が汚れている場合には、袖を前に持ってきて真ん中から後ろに2つ折りにしてください。(ファスナーはしめておくこと)

また、小さくたたんでしまうと汚れが落ちにくくなってしまうので、可能であれば2つ折りにした状態で入るサイズのネットを用意してください。

ダウンジャケットの洗い方_5 ダウンジャケットの洗い方_6

洗面台または洗濯機の洗濯槽を使って、押し洗いをしていきます。

水をため、お洒落着用洗濯洗剤を水の量に応じて入れて洗濯液を作ってください。各洗剤には「水○○Lに対して、洗剤を○○ml入れてください」などの表記があると思いますので、比率は通常の洗濯時と同様で問題ないようです。

洗濯液の中に、ネットごと沈めていきます。

ネットに入れた理由は、この押し洗いがしやすいから。四隅から10回ずつを目安に押し洗いを行い、最後に真ん中を押し洗いしたらすすいでいきます。

この時、もみ洗いをしてしまうと中の羽毛が傷んでしまうことがあるそうなので、あくまで「押し洗い」を徹底してください。「洗濯液をよく浸透させる」というイメージで、ゆっくり丁寧に押し洗いを行うのがコツです!

ダウンジャケットの洗い方_9

洗い終わったら、ネットごとぎゅっと押すようにして水を切ってください。決してねじらないように。

そして、すすぎ洗いは2回。

洗濯液(洗剤+水)で押し洗いしてきた工程を、きれいな水で行うだけですよ!「きれいな水をため、再び押し洗いの要領ですすぎを行い、水を切る」この工程を2回ほど行ってください。

もし柔軟剤を使う場合には、すすぎ洗いの2回目に適量の柔軟剤を入れてください。

※洗濯表示が、手洗いでなく洗濯機の利用が可能になっている場合でも手洗いをしてください。洗濯機の中にいれ自動で洗ってしまうと、ダウンジャケットが水に浮いてしまい、しっかりと洗うことができません。

陰干しで良く乾かす!

ダウンジャケットの洗い方_10

すすぎ洗いが終わり押すようにし水を切ったら、30秒~1分程度ネットに入れたまま洗濯機で脱水をかけると程よく脱水ができるのでお勧めです!

その後、ハンガー(可能であればスーツなどで使う少し厚みのあるハンガー)にかけ陰干しをしていきます。

ダウンジャケット洗いではここが重要らしく、しっかり乾かないと中の水分のせいで臭くなったり、カビの原因となるそうです。

表面が乾いてきたら、パンパンっと下から上に軽く叩き上げるようにして中の羽毛をほぐします。これにより、羽毛が綺麗にほぐれて乾燥するのでフワっとした仕上がりになるんだとか。

今回のウルトラライトダウンは、比較的薄地のダウンジャケットですので、作業はしやすいと思います。ただ、私のアイテムはフード付きだったので乾かすのがちょっと大変かも・・・。

約2日間しっかりと乾かしさせながら適度に羽毛をほぐしてあげ、水分がなくなったら完成です!

個人的な仕上げ方

陰干しの際、可能な限り風の通りが良いところに干すのがお勧めなのですが、どうしても難しい場合には、サーキュレータやー扇風機などを使うと乾かしやすいです。

また、熱風で乾燥させるタンブル乾燥はNGですが、浴室乾燥のように熱風まではいかないけど・・・という乾燥の仕方はありなのかなと思い試したところ、最後の仕上げに少しかけてあげるのはありだなと思いました。

暖かい空気でフワッと仕上がります。

ただ、この方法をはじめ、ダウンジャケットを自宅で洗うということは素材をだめにするリスクもありますので、ご自身の判断と責任のもとで試してみてくださいね。

不安な方は、クリーニング店に持っていきましょう!

1度やるとコツをつかんで次回から楽になるので、安いダウンジャケットで試してみるとよいかもです。

参考サイト:Lidea(ライオン公式)

※本レポートは、個人の体験レポートになります。いかなる事態が起こっても、責任を負いかねますので、予めご了承ください。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!