熱湯3分で本格スパイスカレー!立体的なスパイスの香りを完全再現したという「Columbia8」監修のレトルトカレー!

この記事のURLとタイトルをコピーする

大阪スパイスカレーのパイオニアといわれている「Columbia8(コロンビアエイト)」が監修したレトルトカレー「大阪スパイスキーマカレー」を食べてみました!

最大のポイントは、レトルトとは思えないスパイスの使い方。ルーの旨さもさることながら、こんなに贅沢にスパイスを使えるレトルトカレーって初めて食べたと思います。

このカレーもお店に食べに行きたくなるなー!

スパイスの効いたカレーが好きな方で、お店に行けない方がいらっしゃればまずレトルトカレーを試してみても良いかも。

「大阪スパイスキーマカレー」のポイント

  • スパイスと焙煎カシューナッツが小分けで入っている!
  • その結果、スパイスの香りが本当に良い!
  • なので、自宅で本格的なスパイスカレーを楽しめる!
スポンサーリンク

熱湯3分で食べられる本格スパイスカレー!

Columbia8

販売価格は、エスビー食品の公式ページによると「314円(税別)」になります。

スーパーマーケットによってはもう少し安く買える場所もあるのかな?300円台でこのクオリティのスパイスカレーが食べられるなんて信じられません・・・。

パッケージをみて気になったのは「鮮烈な香りのスパイスと焙煎ナッツ付」の文字。ほほぅ、別添えなのか。

しかしながら、美味しそうなスパイスカレーの画像が載ってるけど、さすがにここまでのスパイス感出ないよね・・・!って思いながら開封。

Columbia8_01
  • 香りスパイス(1):カルダモン、バジル、フライいんげん、フライドレーズン、ローストペッパー、食塩など
  • 焙煎カシューナッツ(2):ローストカシューナッツ(一部にカシューナッツを含む)

箱の中には、キーマカレーが入ったパウチとトッピング(1)と(2)。

以前、カレーの取材でフレンチレストランに行った際に「店頭ではフレッシュな香りのスパイスも、カレーとして1つにして保存してしまうと馴染んでしまう。」と言っていたのを思い出しました。

よりフレッシュさを保つための方法というわけか・・・!

大阪スパイスキーマカレーの食べ方

Columbia8_02

ご飯をお皿に盛り付け「香りスパイス」をご飯の上にかけていきます。

まずは、コロコロっとフライドレーズンが。「しっかりとレーズンが入っているな!」と思いながらどんどんかけていくと・・・

Columbia8_03

スパイスがモリモリになってしまいました・・・!

これはすごい。

レトルトカレーでスパイスが別途添えられているカレーもあったかと思いますが、こんなにかけた記憶はありませんね。笑

「香りスパイス」の中には、ローストペッパーが入っているものの辛さを強調するスパイスは入っていません。その名の通り、スパイスの香りを楽しむためのもの!

公式ページには「立体的なスパイスの香りを完全再現」という表記があったので、これが立体的なスパイスの香りを作ってくれることでしょう!

Columbia8_04

香りスパイスをかけたら、熱湯で3分(〜5分)ほど温めておいたキーマカレーを注いでいきます。キーマカレーといえば液体が少ないイメージでしたが、スープ多めのキーマカレーでした。

キーマカレーの香りと、スパイスの香りが良いですね!

食欲をそそります。

Columbia8_11

最後に、焙煎カシューナッツを振りかけて完成です!

まとめ

Columbia8_10

こんなにスパイスの効いたレトルトカレーは食べたことがない!というのが、正直な感想です。

程良い辛さとスパイスが、食欲を止めてくれません。

カレーは味付けも幅広く好みが分かれる料理だと思いますが、一般的なカレー、ナン食べ放題のインド風カレー店のカレーとも違う味わいで、スパイスが好きなひと向けのカレーだと思います!

このカレー、大好きです。

お店に行きたい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!