Surface Goと旅に出る。スペック表ではわかりにくい体験をレビューします。

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

今では、仕事でも旅でも常に一緒にいる相棒的な存在になっている「Surface Go」。

スペック優先というよりも「持ち運びやすさ」という部分の評価が高かったので私は購入に至ったのですが、どれだけ持ち運びやすくても使えなければまったく意味ないですよね。

Surface Goを使い始めて約2か月となりますが、実際の使用感とどんなふうに使っているかをご紹介したいと思います!

基本的な私のスタイル。

Surface Goを持ち歩く

まずは、私自身がどんなシーンでSurface Goを使っているかまとめてみました。外出時の作業は、すべてこれ1台で完結しています。

用途は、資料作成をはじめブログを書く際に必要な画像編集やWebサイトの更新作業などです。

  • 資料作成(Excel、PowerPointなどの資料)
  • Webページの更新作業(ブログなどを含む)
  • 撮影時のモニターとして
  • 画像の編集/整理

そもそも購入時にOfficeやWindows(S モード)がインストールされているので、基本的な作業はほとんどできるイメージです。

そして、これらの作業を外出時に持ち運びやすいサイズ感で実現していることが、私が重宝している理由ですね。

ちなみに「iPadと何が違いますか?」とよく聞かれるんですが、スマホはiPhoneが使いやすものの、パソコン作業になるとWindowsの方が使いやすいという個人的な理由です。笑

※現在は「Windows(S モード)」を解除し「Windows 10 HOME」を使用中です

off toco_6

ちなみに、主に撮影時に使っているバッグにはA4サイズ以上のものは入りませんでした。公式の取説でも「10.1インチまでのタブレットを収納可能」と書いてありますしね。

しかし、Surface Goならこの小さなポケットにも入るので、いつでも持ち歩けるように。

今までは、出張なり旅に行くにもカメラとパソコン(A4サイズ以上)が入るバッグが必須でしたが、Surface Goによりバッグのサイズすら小さくなり、機動力が一気に増したような気がします。

※Surface Goは、タイプカバー含め約767gです(本体522g+キーボード245g)

旅先で大活躍!オフトコのメッセンジャーカメラバッグが便利だったのでご紹介します

2018.10.25
Surface Goで画像編集

画像編集という意味では、Photoshopやillustratorのようなソフトはサクサクとは動きません。(家電量販店のスタッフにも、やめた方が良いといわれました)

ただ、画像編集もどこまで求めるかということでしょう。

私の場合、Windowsパソコンに既存でインストールされている「フォト」の編集機能で事足りています。

正確なサイズでトリミングしたり、モザイク加工などが必要な時には「Paint.net」という無料ツールで十分ですね。

少し凝ったアイキャッチを作りたい時は「Canva」で十分作業ができます。

しいて言うのであれば、画像の読み込みに少し時間がかかることがありますね。こればかりは、処理能力ということで致し方ない部分かなと。

誰でも簡単に画像編集が可能に!パソコンにもともと入っている無料「フォト」アプリが予想以上に便利だよ。

2018.01.18

簡単に画像編集!Paint NET(ペイントネット)の使い方について。

2017.03.12

それっぽいアイキャッチが簡単に作れちゃう「Canva(キャンバ)」が超おすすめ!

2017.08.08

A4サイズよりも小さい。

Surface GoとA4ノート

サイズ感について、少し具体的に記載しておきます。

上の写真は、右側がA4サイズのノートになります。Surface Goの方が、明らかに小さいことがわかるでしょう。

今まで、頭の中の整理をするためにA4サイズのノートに色々書き出していたのですが、Surfaceペンがあればもはやそれすらもデジタル化できるなと考えています。

※ちょっと高価なので、まだ購入に至らず・・・。

Surface GoとPro Surface GoとPro_2

こちらは「Surface Go」と「Surface Pro」の比較です。Surface Goに慣れてしまうと、Proですら大きく感じてしまいますね。

スペックではProには勝てませんが、私の基本作業はそこまでスペックを必要とする作業じゃなかったのか、Goで十分対応できることがわかりました・・・。

しいて言えばUSB問題

Type-cアイテム

Surface Goは「USB-TypeC」となっているので、よく見る一般的なUSB(Type-A)をつなげたい場合にはアダプタが必要となります。

私は、Type-CのUSBをほとんど使わずに生活してきたので、初めに購入する必要があったんです・・・。

1つで何種類も対応しているアダプタが予想以上に高かったので、私は小分けにしてしまいました。

Surface Goとカメラをもって旅に出る。

スペーシア_車内4

仕事でもブログでも、ご縁あり地方や海外に行かせていただくことが多々あります。その時の、私の必須アイテムはSurface Goとカメラです。

小さくても仕事はちゃんとこなしてくれる優秀な相棒を手に入れました気がしますね。

とはいえ、私の仕事は、プログラミングをするエンジニアでもなければ、デザインを起こしたり画像を作り上げるデザイナーでもありません。外でそこまで本気の作業をすることがあるかどうかはわかりませんが、本気で作業したい方はしっかりとスペックを見てパソコンをご購入下さい!

もちろん、スペックが高いほど使いやすいケースも多々ありますが、私にはSurface Goで十分。むしろ、持ち運びやすい分Surface Goになってからの方が効率化できているような気がします。

旅のお供にSurface Go。

もっと一緒にいろんな土地に行ってみようと思います。

スポンサードリンク