オマール海老のビスクで、ウェルカムスープとテーブルアレンジ

オマール海老のビスク【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo4】

とうとう待ちに待ったクリスマスシーズン。

この季節は友人や家族とホームパーティをすることも多くなります。12月は「スープ×パーティを楽しむ」というテーマで連載をお送りします。

初回は、「オマール海老のビスク」をチョイス。ビスクとは、海老や蟹、野菜の裏ごしで作った、濃厚な味わいのフランスのクリーミーなスープのこと。

Soup Stock Tokyoの「オマール海老のビスク」は、オマール海老の頭をじっくりとソテーし、香味野菜やトマトと合わせました。ブランデーやワインを使うことによって魚介類独特の臭みを消し、出来上がったスープを丁寧に濾し、上品にまろやかに仕上げた濃厚で贅沢なスープです。

原材料を見てみると、余計なものが入っていない、素材だけで作られた体に優しいスープ。TiMEZはそんなSoup Stock Tokyoが大好きなんです。

スポンサーリンク

パーティー用ウェルカムスープのアレンジ

いつもはカップでいただくオマール海老のビスク。

大人数を招くパーティーでは、アミューズブーシュ(amuse bouche)「ひとくちのお楽しみ」としてふるまうのもおすすめ。アミューズというと前菜というイメージがありますが、アミューズという言葉には「楽しませること」という意味もあるんですよ。ゲストを楽しんでいただくために、自由な発想でアレンジしてみましょう。

今回はパセリを使いましたが、牛乳や生クリームを泡立てて、スープの上に載せるひと手間で、更におもてなし感があがります。

パーティを彩るもの

少し手間をかけるだけで、ぐんとおしゃれなテーブルアレンジができちゃいます。今回のアレンジのコツをご紹介します。

ローズマリーをキャンドルの周りに

スーパーで買ってきたローズマリーを紐でくくるだけで、簡単で可愛いリースができます。キャンドルを中央に置いたらクリスマスらしさの演出に。

このおしゃれなアレンジは、今年の夏にSoup Stock Tokyo別荘(河口湖周辺)で行われた、おいしい教室~ご馳走のじかん~で教わりました。テーブルを彩ることも料理の一部。準備も楽しんじゃいましょう!

キャンドルを中央に並べる

キャンドルを中央にまとめて、左右をフードスペースにしてみました。キャンドルはあえて大きさや高さをばらばらなものにして、肩肘張らない無造作な演出をしています。

スタイリングのルールは特にありませんが、やけどしたり何かが燃えてしまわないように注意が必要です。特にお花など、火より背の高いアレンジには気をつけてくださいね。

おちょこに花をいける

アミューズはひとくちスープやチーズなど、可愛らしいサイズのフードが並びます。見た目のバランスを考えると、アミューズ周辺を彩る花は、おちょこなどの背が低く小さなグラスがおすすめです。最近ではInstagramで写真を撮ることも増えてきました。

大きな高低差がないアレンジは、接近で写真を撮りやすく、インスタジェニックな被写体になります。

逆に大きな高低差をつける場合は、華やかな演出になりますので、メインテーブルにおすすめです。

写真に撮られることを意識してみるとさらに◎

木の実や葉をちらす

木のまな板にフードを並べて「何か物足りたいな」と思ったら、木の実や葉をちらしてみましょう。海外のパーティのようなシャビーな演出になります。木の実はワインのおつまみにもピッタリ。

クリスマス間近の華やかなパーティシーズン、ウェルカムスープでおしゃれに演出しましょう♪

文・写真/tocco

【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo】

Soup Stock Tokyoが毎月開催している、“食”を起点に「おいしいって何?」を考えるイベント「おいしい教室」のテーマに合わせ、スープの世界をのぞいていく連載です。

コンテンツ協力:Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)

「Soup Stock Tokyo」とは、食べるスープをコンセプトにしたスープ専門店。冷凍スープの専門店「家で食べるスープストックトーキョー」では、冷凍スープをフルラインナップでご用意しているほか、オンラインショップでもお手軽に購入することができます。

Soup Stock Tokyo

おいしい教室

スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!