感染拡大防止への取り組みもOK!シュマッツビアホールが日比谷グルメゾンにオープンするよ!

この記事のURLとタイトルをコピーする

2020年7月9日(木)にオープンする日比谷グルメゾンに、クラフトドイツビールとモダンドイツ料理のシュマッツが手掛ける初の本格ビアホール「シュマッツ・ビア・ホール」がオープンします。

「一年中オクトーバーフェスト」というなんとも素敵なコンセプトのもと、モダンドイツ料理とクラフトビールを楽しめる素敵な空間!

100年の歴史を刻むレンガ高架下にできたドイツのビアホール。仕事帰りに立ち寄りたいお店がまた1つオープンしてしまったようです。

魅力的なお店が揃う日比谷グルメゾン

日比谷グルメゾンは、東京駅一番街の2階にあるグルメスポット「東京グルメゾン」の第2弾として誕生。

シュマッツビアホールをはじめ、串焼き・ラーメン・板バル・タイ屋台など魅力的なお店が集まる一角になっています。

このエリアはちょうど新橋と有楽町駅の間になるんですが、どちらの駅にも魅力的なお店が集まるエリアなので、新橋~有楽町間で飲んでいた方には新しい選択肢になるといいですね!

シュマッツビヤホールの感染拡大防止への取り組み

  1. スタッフのマスク着用:お客様の安全を考慮し、スタッフは全員マスクを着用して接客します。
  2. スタッフの健康管理:スタッフは、うがい、手洗いを徹底し、就業前に体温測定を実施しています。
  3. 消毒液の設置:店の入り口にアルコール除菌を設置し、お客様に手指の消毒をお願いしています。
  4. アルコール消毒液でのふき取り:お化粧室やテーブル、メニューなど、定期的にアルコール消毒液によるふき取りを実施しています。
  5. お席の間隔の確保:ソーシャルディスタンスを保つため、お客様同士の席の間隔に配慮し

このタイミングでお店をオープンするにあたり、こういった対策はとっても安心感があると思います。

「当たり前」と言えばそうなのかもしれませんが、公表した以上手の抜きようもありませんしね・・・!

ドイツ流のフレンドリーなおもてなし!

ドイツ流のフレンドリーなおもてなし「ガストフロインシャフト」で元気なスタッフが歓迎します!

なるほど。テンション高めなの苦手なんですよね・・・。って、前まで思っていましたが、シュマッツの渋谷店に行ったときに接客が良すぎて驚いたんですよねぇ。

カジュアルな接客がとって好印象だった渋谷のクラフトドイツビールのお店「シュマッツ」

だから、きっとこのビアホールも楽しめるはず!

クラフトドイツビールとモダンドイツ料理でドイツ気分を味わいましょう!

スポンサードリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!

TiMEZの「目次ページ」はこちらよりどうぞ。

TiMEZは「仕事終わりに、没頭できる時間」をテーマに情報を配信しているWebマガジンです。

サイトプロフィール詳細はこちらよりどうぞ!