チャラくないから行きやすい!渋谷のクラフトドイツビールのお店「シュマッツ」

私は軽いノリ(チャラい)の居酒屋やバーが苦手です。カジュアルな分にはまったく構わないのですが「カジュアル」なのと「馴れ馴れしい」のは違うんですよね。そして、そういうお店は若者が多い街にありがちな気がしています・・・。

今回ご紹介するクラフトドイツビールとドイツ料理が楽しめる「シュマッツ(SCHMATZ)」は、まさにカジュアルな接客でとても気持ちが良かったお店の1つなのでご紹介したいと思います。

もちろん接客には個人差があると思いますが、お店の雰囲気と今回接客してくれた方は性別問わず非常に気持ちよかったと思います。

もちろん、ビールとソーセージが美味しかったのでまた行きたいお店の1つでもあります!

休日のお昼にもハッピーアワーをやっているようなので、お試しあれ。

渋谷駅からちょっと離れたところでドイツビールを楽しむ

SCHMATZ 渋谷神南 (シュマッツ)

シュマッツは、渋谷駅からは少し離れていまして、タワーレコードの交差点を登ったところにあります。近くには「T.G.I. FRIDAY’S」や「やきとりセンター」などもあり選択肢はいくつかありますが、休日は11:30から空いているので昼間からドイツビールを楽しむことができますよ!

このエリアでもまだまだ人が多いですが、渋谷駅近郊に比べたら十分少ない・・・!実はこれは個人的には重要なポイントでして、私は人混みが苦手なのです。

メニューが可愛い!ビールとソーセージをチェック!

SCHMATZ 渋谷神南 (シュマッツ)_ビールメニュー

まずはビールメニューについて。

提供しているクラフトビールについては「RIGHT」と「RICH」という形で並べられていまして、これがわかりやすい。1杯目だから軽めがいい人もいると思いますし、私のように1杯目から黒ビールを飲む人もいることでしょう。

ということで、私は黒ビールが大好きなので1杯目から一番RICHに当たる「ハッフェンストッフ」を注文してみることに。

ソーセージメニュー

そして、イラストが可愛いソーセージメニューがこちら!(メニューは一部です)

メニューは豊富にそろっていまして、どれもビールと相性の良い料理ばかり。ムール貝とかとかも絶対に美味しいよなぁとか思いながらも、今回はわかりやすく「ソーセージの5種盛り」を注文してみました。

5種盛りについては、定番の3種に加え上のメニューの中から2種類選ぶようでした。ハバネロも捨てがたかったんですが、ここはニンニクとナツメグのきいた肉々しい「シポラタ」とバジルが詰まった「サルシッチャバジル」を注文。

ドイツビールとソーセージの相性たるや・・・

シュマッツ(SCHMATZ)_2

まず1杯目は迷わず黒ビール1択のつもりでいたら、なんとオープン1周年記念ということでオープン時に作ったというオリジナルクラフトビールを無料で提供してくれました!

普通のビールよりも麦を感じるビールで、後味もあっさりしていてスッと飲めるような気がします。ただ、麦感を結構感じたような気がするので好みはあるのかな?私は飲みやすくて好きでした。

シュマッツ(SCHMATZ)_11 シュマッツ(SCHMATZ)_10

そして、満を持してハッフェンストッフを注文。黒ビールの特徴である「苦み」と「甘み」の程よいバランスが最高の1杯です。ギネスよりも飲みやすく、苦みよりも甘みの方が目立っているような気がしますね!ブラックコーヒーが好きな人は、1度試してほしいビール。

そして、何より黒ビールとソーセージの相性が本当に良いのです・・・!

ちなみに、ハッピーアワーの時間帯はここら辺のビールが確か半額で飲めるはずなので、とってもお得です!詳細は、スタッフにご確認を。

シュマッツ(SCHMATZ)_8

ソーセージ5種盛りはこんな感じ。意外とボリューミー!そして、香りだけでビールが進みますね。

スタッフからも「5種盛りは、お腹がすいていれば食べられると思います!」とのことで、1名だとビールが飲めないくらいお腹いっぱいになってしまうかも。2~3名くらいで5種盛り1つ頼むくらいがちょうど良いと思います!

今回は、つまみにソーセージしか注文していないので、これでどんどんビールを飲んでいきますよ。

スモーク・バジル・ニンニク・ピリ辛。

色々なソーセージがあると思いますが、肉そのものの癖が強くない限りソーセージが苦手な方は少ないですよね!想像通り、どれもビールとの相性抜群なので注文しておいて損はないでしょう。

シュマッツ(SCHMATZ)_6

珍しいソーセージという意味で「チーズソーセージ」をご紹介します。たぶん、腸詰するときに一緒にチーズを入れているんでしょうね。

ナイフをいれると、とろとろのチーズが出てくるのが特徴。チーズの種類がわかりませんでしたが、シンプルなチーズなので程よいアクセントになると思います。

また、他のソーセージもパリッと感、粗挽き感が異なり食べていて楽しい5種盛りでした!

シュマッツ(SCHMATZ)_4

5種類食べる間にビールをかえていきましょう!一番初めに一番RICHな黒ビールを飲んでしまったので普通とは逆流しますが、2番目にRICHな「ヘルツ」を注文。

4種類の特産モルトをブレンドしたという茶褐色のビール。ハッフェンストッフほどのインパクトはもちろんありませんが、香ばしさを感じる飲みやすいビールです。

ちなみに、ハッフェンストッフもヘルツもゆっくり味わう系のビールですので、ぜひゆっくりと味わいながら飲んでもらえればと思います!

シュマッツ(SCHMATZ)_12

紹介が遅れてしまいましたが、肉とビールだけだとか頼るかなぁと思ったので「パクチーサラダ」も注文していました。

シンプルなサラダなので説明はいらないですね!しいて言えば、軽めのビールとパクチーの相性の良さ・・・!

SCHMATZ 渋谷神南 (シュマッツ)_ヴァルドリング

ということで、一緒に注文したのが「ビットブルガー」。LIGHTの中では比較的味わい深いといえばいいのかな?あっさり系のゴクゴク飲めるビールとは少し違い、ここら辺のビールが安定して人気がありそう。

このお店で唯一の輸入ビールで、ドイツ産のピルスナー。「ドライで柔らかなモルトの風味」とのことで、軽すぎずイメージしていたビールっぽいビールという感じ。

まとめ

ビールを味わって飲めるようになってから、こういうお店が楽しくてしょうがない・・・!クラフトドイツビールを気軽に楽しめるので、ソーセージと一緒に是非どうぞ。

それにしても、入店してからお店を出るまでスタッフの方の印象が本当に良かったなぁ。海外だと、すぐに一緒に写真を撮っちゃうんですが日本だとなんかね・・・!

チャラくないカジュアルなお店を楽しみたい方にもお勧めだと思うので、ビアバーにチャレンジしたい人にもお勧めかも。

スポンサードリンク