無印良品のこの「ピン」が使える!壁に何かを掛ける時の安定感は抜群です。

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

昔、自分の部屋に大好きNBAプレイヤーのポスターをはったりしていたのをよく覚えています。今では、絵や写真、カレンダーを壁に掛けたりしていたのですが、肩がぶつかったりするとすぐ落ちてしまうんです。落ちるだけならまだしも、床が傷ついたり額が壊れたりするのは避けたいところ。

めくるタイプのカレンダーの場合、めくるたびに画鋲が落ちるなど・・・。

さらに、何が危ないかって床に転がった画鋲が本当に危険なんですよ。致命傷にはなりませんが地味に痛過ぎていやなやつですね。

「普通の画鋲よりもとれにくい画鋲ってないのかなぁ」ということで行きついたのが無印良品の「壁に付けられる家具専用ピン」です。

みたことある人も多いのではないでしょうか?

小さくてタフなやつ。

このピンは良品計画の「壁に付けられる家具シリーズ」の付属品で、こんな小さなピンでも結構な重さまで耐えられるのが特徴です。そもそも「壁に付けられる家具シリーズ」は、このピンを使って壁の傷を最小限にしながらも、壁を有効活用できる家具でものすごく便利なアイテムなんです!

このシリーズの付属品であるピンは、ピン2つで約2kgまで耐えられる設計になっていました。つまり、このピンを使えばかなりの安定感が期待できるというわけです。

左:通常の画びょう 右:MUJIのピン

通常の画鋲は、1本の針をまっすぐ突き刺すのみ。もちろん、抜けにくくなるような加工はされていますが、穴が広がってしまったり重いものを止めておくには向かない造りです。

MUJIのピンはというと、2本の針が出ていましてまっすぐ突き刺すと針が交差しながら斜めに刺さります。これによりしっかり固定され、重たいモノでも耐えられるというわけです。

しかも針の部分が円錐ではなく平たい針になっているので、刺した穴も目立ちにくいのです。

針が2つついているのと、斜めに刺さるイメージなので普通の画鋲よりも力がいるので気を付けてください。

どこで買えるのか。

私の知っている限りですが、店頭で単品で販売しているところを見たことはありません。オンラインショップで購入することは可能ですが、1個83円で送料は490円~となります。

どうしてもということでなければ、お店に出向きスタッフに「壁に付けられる家具専用ピン」がほしい旨を伝えてください!

必ずしも必要なアイテムではありませんが、壁に何かを掛ける時に役に立つかもしれませんので是非ご活用ください。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!