アレンジも簡単!ホットサンドメーカーで簡単ミルフィーユカツがビールのお供に最高です

この記事のURLとタイトルをコピーする

ホットサンドメーカーを購入して、最初に作った料理が「ミルフィーユカツ」です。もともとカツレツが大好きなこともあり、1度作ってみたかった料理!

しかも、ビールとの相性も抜群なうえにアレンジが超簡単。ホットサンドメーカーを購入したらぜひ試してほしい料理です。

基本的には、肉に下味をつけてホットサンドメーカーに挟むだけでOK!

お試しあれ。

Sponsored link

用意するもの

使用するのは、Amazonで購入したホットサンドメーカー!

挟むだけでOK!1000円台のホットサンドメーカーでも十分楽しめるよ!

  • ホットサンドメーカー
  • 豚バラ 薄切り(250~300g)
  • チーズ
  • パン粉
  • 塩・コショウ・その他お好みのスパイス(今回はクレイジーソルトも使用)
  • 油(サラダ油orオリーブオイルなど)

後でソースなどをかける場合には、お肉に塩コショウで下味をつける程度でOKです。そのまま食べる場合には、バジルなどを入れても美味しいと思います!

今回は、色々めんどくさかったので「クレイジーソルト」を使用しました。

花椒、山椒、クミンあたりを使用するとスパイシーなカツができそうですね。ガーリックを聞かせるのもお勧めです!

調理開始!重ねて、挟んで、焼くだけです!

私でも作れたので難しいことはないでしょう!基本的には「パン粉+肉+チーズ+肉+パン粉」の層になるように重ねて焼くだけです。

今回の料理は、ソロキャンレシピ本を出しているリロ氏の動画(Twitter)を参考に作っています!油をパン粉側にしみこませるのは「なるほど・・・!」と思いました。今後も、ウォッチしたいと思います・・・!

パン粉に油をしみ込ませる。

油をしっかり使わないと、パン粉が真っ黒に焦げてしまいます。たい焼き屋の量に両面に油を履けなどで塗ってもいいと思いますが、パン粉にしみこませる方法がとっても楽でした!

パン粉に油を入れ良くかき混ぜます。見た目が「完全にしみ込んでるな」とわかるくらい入れるのが良いですね。

入れすぎても、焼きあがった後にキッチンペーパー等で吸収すればOKでした!

層を作る。

初めに「油をしみ込ませたパン粉」をいれ平らにします。

次に「豚バラ」を並べていきます。今回の豚バラは細かくちぎれてしまっていますが、これが逆に美味しかったです!

そして「チーズ(スライスチーズの方が楽)」、「豚バラ」の順でのせていきます。

最後に、油をしみ込ませたパン粉をのせれば完成です!

弱火~中火で焼いていきます!

食材がはみ出ないように注意し、ホットサンドメーカーを閉めます。私は、中火よりの弱火(?)くらいで様子を見ながら焼いていきました!

じっくりと両面を焼いていくと、だんだん音や香りが変わってきます。ジュ―ッと肉汁がこぼれる音がしてきたら様子を見てください。

ひっくり返すときに、油や水分がこぼれるので気を付けてください!

表面はよい色合いですが、少しカットしてみたら中がまだちょっと赤かったので、もう少し両面を焼いていきます。

今回は、両面を追加で1分程度火にかけ、その後は火を止め余熱で2分ほど放置してみました。

いい感じに油も染み出てきていたので、キッチンペーパーなどを挟みお皿に盛りつけて完成です!

誰でも簡単にミルフィーユカツ!

チーズをもっと入れればよかったなー!しかしながら、サクサクでジューシーなミルフィーユカツが簡単に作れましたよ。

これはすごい。

そして、ビールが飲みたくなることでしょう・・・!

お肉が細かくちぎれていたこともあり、綺麗なミルフィーユにはなっていませんがその分ジューシーでフワッとしたミルフィーユカツができましたよ。

ものすごく簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!

【アレンジ料理】コロッケ風カツ

基本的な作り方は同じで、入れる食材が少し違うだけです!

「パン粉+肉+マッシュポテト+マッシュルーム+チーズ+肉+パン粉」という形で、ミルフィーユカツの間にマッシュポテトなどを追加してみました。

これが食べ応えもあって美味しい!イメージは「ひき肉を使わないコロッケ」といった感じですね。

お試しあれ!

使用した(または類似の)道具

▼ご興味ある方はこちらもどうぞ!

スポンサードリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!