シューズ作りから世界に変革を!KEENのキャンバススニーカー「コロナド」のフィット感が抜群にいい。

アウトドア・フットウェアブランドで有名な「KEEN(キーン)」というブランド。

アウトドア好きな方はもちろん、企業のCSR活動に感銘を受けたという方も多いようで、靴のファンというだけでなく企業のファンという方かなりいらっしゃるようです。

実は、私はキーンというブランドを全く知らなかったんです。今になって「あれ?靴屋に並んでるじゃん?!」って気が付くようになったくらいですよ・・・。

初対面となったキーンだからこそ、「靴そのものの履き心地」と「企業の活動」についてちゃんと調べたからこそ紹介したいなと思ったので、ぜひ読んでみてくださいね!

Special Thanks!!
↓↓
シューズ提供:KEEN

Sponsored link

「コロナド III」が、足にジャストフィット。

この日、初対面となったキーンのキャンバススニーカー「コロナド III」。どれだけ良い活動をしていたとしても、靴を購入することが目的なのであれば履き心地はとっても重要なポイントですよね。

実際に手に取って履いてみた感想をまとめてみたいと思います。

さて、私が靴を購入する際に一番気にしているのが「形」です。

私の足は、しゃもじ型?へら型?といえばいいんでしょうか。土踏まずまでは比較的細めだと思うんですが、そこからつま先にかけて足幅が広くなっています。

なので、細身の靴だと足幅が合わずに履けないことも結構あったんですよね。デザインだけでは靴は選べない・・・と痛感しました。

「コロナド III」はというと、これが私の足にジャストフィット!いつもなら足のサイズ+0.5~1.0cm大きな靴を選ぶんですが、今回は私の足に最適なサイズで履くことができました。

靴紐を縛ったときのフィット感も、サイズと足の形が合っているからこそ生まれるもの。今まで履いていた靴よりもフィット感があったので、本当に相性がいいんでしょうね。そういう靴を見つけたときの嬉しさたるや・・・!

ちなみに、キーンは2003年に誕生したフットウェアブランド。「サンダルでつま先を守る」というコンセプトのもと、創業モデルの「Newport(ニューポート)」が開発されたそうです!

「つま先を守る」という部分は、コロナドのデザインにも健在!この丸みがデザイン的にもかわいいですね。

後半でもご紹介しますが、コロナドは接着剤の使用を最小限に抑えた「バルカナイズド製法」で環境への配慮が。こういった細かい部分のストーリーも含め、靴のファンになっちゃいそう。

ちなみに、ブランド設立者の Rory は靴修理工からスタートしKEENを作ったそうです。他のブランドとは「生産システム」や「会社で重要視するもの」がだいぶ違うとKEENのスタッフが教えてくれました!

キーンが一番大事に思ってることは「靴のクオリティ」だそうです!

「コロナド III(メンズ)」のカラバリは「BLACK・NAVY・GREY」の3色。私は、3色の中で一番色々な洋服に合わせやすく、季節にあまり左右されなさそうなブラックを選んでみました。

ソール部分とKEENのロゴ以外は、全部黒1色。

街歩きにもいいですし、夏にちょっとラフに遊ぶにも使えそうで重宝しそうです!

実はウィメンズとカラーが微妙に違ったりするので、詳細は公式ページをチェックしてみてください!

街歩きでもマッチするキャンバススニーカー

ブランドの印象としてアウトドア系のシューズをイメージしがちでしたが、このシリーズは街歩きにも普段の洋服にも合わせやすかったので印象が全く変わりました。

(再掲になりますが、私はこの日が初KEENです。)

真黒なキャンバススニーカーなので比較的何にでも合わせやすいんですが、ジョガーパンツや7分丈パンツなど足首がちらっと見えるくらいのものと合わせるといいなぁと思っています。(春夏に重宝しそう)

UKOARA.comに許可をいただき掲載しています!
UKOARA.comに許可をいただき掲載しています!

ちなみに、ウィメンズのホワイトをレビューしているUKOARAさんのコーデはこんな感じ。勉強になります・・・!

もともとKEENを愛用しているということで「KEENを買う理由」なども書かれているのであわせてどうぞ。

ちなみに、この日撮影に協力してもらったカメラマンの一押しフォトがこちらです。笑

KEEN を履いて街を歩こう・・・!

シューズを作るだけの存在ではない

そう目的を掲げるKEENというブランド。KEENの「Our Propouse & Reason for Being」では、色々な活動を見ることができます!

また、環境を配慮したモノづくりなどは非常に注目で、関連記事に記載があった「自然ありきのアウトドア」という言葉はとても印象的でしたね。

例えば、今回モニターしている「コロナド III」では、「天然原料で防臭加工」「過フッ素化合物(PFC)を排除」などの配慮がされています。

また、主に室内履きなどで使用されることが多いといわれる「ノンマーキングラバー」のアウトソールを使用。これも、配慮の1つかもしれませんね!

汗の中のニオイ物質を微生物の酵素で分解するプロバイオティクスによるテクノロジーで、重金属や香料、揮発性の有機化合物など、人体に悪影響を及ぼす化学薬品を使うことなく効果的に防臭。これまで環境中に排出していた毎年7トンもの殺菌剤の削減が可能になりました。

過フッ素化合物(PFC)は、一般的にアウトドア製品やフットウェアを水や泥、油汚れから守る撥水・防汚加工に使用されています。PFCは自然界での分解が難しく、大気や水、野生生物の体内はもとより、人体内にも蓄積され、悪影響をもたらします。先進的な環境対策を行うKEENは、有害化学物質を自社製品から排除する取り組みを進めています。KEENの製品の95%以上は、過フッ素化合物を排除し、それと同等の性能基準を満たす代替物質を使用しています。

まとめ

キーンというブランドを初体験したことで色々と調べる機会にもなったわけですが、靴への魅力もさることながら企業への興味もかなり持ったように感じます。

キーンのこれからの活動にも注目です!

▼公式サイトの購入特典(詳細は、公式サイトにてチェック!)

  • 送料無料 / 無料返品
  • Emailの登録 または Keen公式Lineの友達登録の際、即時に使用可能な10%割引クーポン提供
  • 土曜日も出荷対応
  • 1年間の製品保証
スポンサードリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!

TiMEZの「目次ページ」はこちらよりどうぞ。

TiMEZは「仕事終わりに、没頭できる時間」をテーマに情報を配信しているWebマガジンです。

サイトプロフィール詳細はこちらよりどうぞ!