大納言の旨味をしっかり感じる和菓子「あも」

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

少し前に「こし餡好きにはたまらない和菓子」をご紹介しましたが、今回はあんこ好きはもちろんのこと、こし餡よりも粒あんが好きな方にはとってもおすすめな 叶 匠壽庵の「あも」をご紹介します。

手炊きにこだわり炊きあげられた小豆を使い、ふっくらとした粒を残し大納言の旨味をしっかりと感じる1品になっています。

1棹のサイズは「505g」としっかりとしているので、人数がいる際の手土産にもちょうどよい大きさだと思います。もちろん、自分へのご褒美にも是非どうぞ。

小豆と餅のシンプルな和菓子

あも箱

昭和46年、総本店で生まれた「あも」。シンプルな和菓子ながらも「あんこ好きならこれを買っておけば間違いない」というくらい安定の人気を誇る和菓子の1つです。

それにしても、包装を1つとると「あも」の2文字しか描かれていないシンプルさ。私個人としては、これくらいシンプルなデザインの方が手土産にしやすい印象ですね。ちなみに、ギフト用の包装も用意があります。

基本的には常温保存でOK!食べる1時間前に冷蔵庫に入れておきましょう。

あも_2

和菓子メディアを運営する和菓子女子のせせさん(@nao_anko)が「あんまり細く切りすぎるとお餅が飛び出しちゃうので太めに切るのがオススメです」とのことだったので、少し厚めに切ってみました。

そこで分かったこと。

餅の柔らかさ・・・!

そして、滑らかさ・・・!

餅が、トロっと出ているのがわかりますか?それくらい餅が柔らかいのです。また、一般的な羊羹よりもみずみずしく、小豆寒天のような寒天感はありません。

1時間ほど冷蔵庫に入れることで全体的にヒンヤリするんですが、餅が硬くなることなくちょうどよい食感になるんです・・・!

餅と小豆の食感と旨味

あも_3

粒の断面が綺麗に見えていると思います。つまり、小豆の粒が潰れずにしっかりと入っているということ。小豆の食感や旨味をちゃんと感じられるのが最大の特徴でしょうか。

もちろん、この小豆たちだけではなく、滑らかな餅が組み合わさることでアクセントとなり、1つの和菓子として完成しているというわけです。

シンプルゆえに、細かい部分にこだわっているからこそ魅力が増してくる「あも」。

あんこが好きな方はぜひお試しあれ。

▼購入は公式ページや大手百貨店などで販売しています!

各地のお取り寄せレポート

おとりよせ TiMEZ
家で楽しめる地域の「味」!

地域の特徴を活かした味を楽しむことができるこだわりの「お取り寄せ品」や「お土産」を、実際に食べてみた感想とともにご紹介します!

もしよろしければ、他の記事も読んでみてください。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!