2合を400mlで20分。お米の美味しい炊き方を知れば、もっと自炊が楽しくなる。

肉にせよ、魚にせよ、美味しい料理のお供に白米は欠かせません。ほとんどの方が炊飯器でお米を炊くと思いますが「土鍋やダッチオーブンなどで炊いたお米が美味しい!」という声もたくさん聞きますよね。

そこで、岩手製鉄の鉄のダッチオーブン「ダクタイルダッチオーブン」を使ってお米を炊いてみることに。

今回は、フードデザイナーの福原さんにご協力いただき、ダクタイルダッチオーブンでお米を炊くコツについてお聞きしながら、手順をご紹介したいと思います。

■福原 歩

フードデザイナー/スパイス香辛料アドバイザー/薬膳アドバイザー。スパイスやフルーツを取り入れる料理を研究中。カフェのメニュー監修やレシピ考案、料理教室なども手掛ける。2019年にはダクタイルパン・ダクタイルダッチオーブンを使った料理イベントなどをはじめ、STAMP WORKSの企画にもご協力いただきました。

筆者が所属しているAMNにて運営している「STAMP WORKS」のサービス終了に伴い、同メディア内で編集部として私自身が執筆した記事を取材先の許可をいただいた上で本ブログに移動させていただきました。
スポンサーリンク

本日の食材

今回ダクタイルダッチオーブンで炊くお米は、ダクタイルダッチオーブンが生まれた岩手県から「銀河のしずく」をチョイス。

「炊きあがりの白さ」「食感が良い」「冷めても美味しい(甘みが増す)」などの特徴がある岩手オリジナルのお米です。

ダクタイルダッチオーブンは、炊いた後の保温用に使用することはできません。ただ、冷めても美味しいお米なのであれば、相性ピッタリかも。

ダクタイルダッチオーブンで炊けるお米は、2合まで。

基本的な準備は炊飯器で炊くときと同じで、お米を研ぎ、30~1時間ほど水に浸しておきます。水をよく切ったらダクタイルダッチオーブンに移し、2合のお米に対し 400~420ml のお水を入れます。今回は 400ml で炊いてみた結果、固めに炊けました!

しっかりと、モチっと炊くにはもう少し水が必要になりそうです。

美味しく炊こう

火加減を微妙に調節しながら炊き上げていく方法もありますが、正直難しい・・・。ということで、とってもシンプルな炊き方を教えてもらいました!

やることほとんどないのに美味しく炊けるので、試してみてくださいね。

蓋をせず、沸騰させる。

まずは、中火程度で蓋をせずに沸騰させます。

ぐつぐつしてきたらOK!

火を弱火にし蓋をします。

ここから20分炊いていきます。

20分、炊く。

基本的には、弱火で20分待つだけです。

注意は、吹きこぼれ。

ダクタイルダッチオーブンで2合のお米を炊く場合、弱火で炊いていれば吹きこぼれることはほとんどありません!もし吹きこぼれるようでしたら、火の調節をしてみてください。

5分、蒸らす。

20分経ったら、火を消してそのまま5分蒸らします。

絶対にふたを開けないようにしてください。

炊きあがり。

蒸らしが終わったら、しゃもじでさっくりと混ぜてください。

これで完成!

「米が立つ!」とはよく言ったものですが、1粒1粒がふっくらしていて本当に米が立っていました。

工程も簡単なので、ぜひ試してみてください!

美味しいお米で何を食べますか?

お米が美味しいと、おかずに何を合わせるかワクワクしませんか?

簡単で美味しいお米の炊き方を教えてもらったので、次回は「お米が主役の美味しい食べ方」をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!