渋谷DECOで初めてのダブルカラー体験!当日の様子と料金や時間について書きました!

人生で初めて「ダブルカラー」なるものを体験してきました!

一般的には、ブリーチ(脱色)してからヘアカラー(染色)をする2段階のカラーリング方法のことで、発色の良いカラーに仕上げたり、透明感のあるカラーに仕上げることができます。

実は、仕事でお会いしたスタイリストの髪の色がとてもよく「同じ色にしてみたい!」と思ったのがきっかけ。「どうしたらその色になりますか?」と相談して、プライベートでサロンにお邪魔した次第です!

当日の様子と、かかった時間や料金についてまとめましたのでご参考になれば幸いです。

また、後編として「色落ち具体について」「色落ち後の楽しみ方について」も更新予定です!

※語弊がないように書いておきますが、もちろん自腹です

スポンサーリンク

渋谷にある DECO(デコ)へ

コーヒーが飲みたくなるくつろげるソファー(待合室)
ドレッサーにドアを使用!

渋谷駅、または原宿駅から徒歩8分くらい。

どちらの駅からも同じくらいでしたが、圧倒的に原宿方面から向かった方が人が少ないので、人混みを避けたい方は原宿駅からがおすすめです。

そういえば、ここ数年は1年に1〜2回くらいしかサロンに行っておらず、行ったとしても知人・友人の個人経営に近いお店に行っていたので、スタッフが何人もいるお店は本当に久々!

人が多い上に、男女問わずスタッフが若すぎる・・・。緊張感が半端ないですね。笑

カジュアルな雰囲気の店内が印象的で、ドレッサーにドアを使ったりと個人的には好きな雰囲気でちょっと和みました。

今回のオーダー

施術前。1年前にカラーをして以来髪を切っていないので、2/3 くらいが黒髪。

「あの人の髪の色にしたい!」というオーダーだったので厳密なカラーを指定したわけではありませんが、カラー的には「グレー」のイメージになります。

ただ、グレーってかなり難しい色で、アラフォー世代の私の場合、色合いによっては”白髪混じりのおじさん”になりかねないのです・・・。

注意点は、雑誌のモデルやサロンスタッフに自分のイメージに近い色合いを見つけたとしても、全く同じ色にするのは難しいこともあるし、しない方が良いケースもあるということ。

髪質や似合うか否かという問題もあるので、色のベースを伝えたらスタイリストに任せてしまうのが一番ですね。

少なくとも、私はそれで成功したと思います。

また、地肌が弱い(弱いと思う)方は、施術まえにスタッフに伝えておきましょう。

保護剤を使用してくれたり、地肌にはもちろん塗布せず、さらに根元付近のブリーチの塗布を少なめしてくれ綺麗にグラデーションを作ってくれたりします。

あとは、スタイリストを信じるだけ!

施術スタート!

左:呉さん(DECO代表)、右:Yumiさん(スタイリスト)

今回は、カットはせずダブルカラーのみの施術になります。

それでも、終了は席に座ってから約3.5時間といったところでしょうか!

ブリーチ(1回目)

地肌に保護剤を塗布してもらい、ブリーチスタート。

保護剤の効果もあったのか、特にヒリヒリしたり痒みが出たりすることなく進んでいきます。

施術時間は、個々人の手際の良さに差があるかもしれませんが、髪の毛が短いほど施術時間も短いです!

髪の毛の生え際の画像がこちら。

ブリーチ剤がしっかり塗布されている部分に比べて、根本の部分の方が色が濃いと思います。根本からベタっと塗布されていないことがわかりますね!

頭皮弱めなので、ありがたい技術です。

アルミホイルで毛束を挟み、このまま色が抜けるまで待ちます。

ブリーチ(2回目)

元々の髪質や髪の状態によって色の抜け方に個人差があるので、1回のブリーチで抜けきらない方も多いようです。

私の場合も部分的に落ちにくい箇所があったようで、2回目のブリーチを。

色が落ちたら、ブリーチ剤を流していきます。

洗い上がり。金髪というか、オレンジ髪!

ライトの兼ね合いで濃いオレンジに見える部分もありますが、全体的に色がしっかりと抜けました。

日本人の髪は「赤」「黄」が強いぶん、脱色するとオレンジ色になりやすいそうです。

この色を見て、カラーレシピ(使用するカラー剤の配合)を決めていきます。

カラーリング

髪の毛をグレーにしたいからって、グレー1色というわけではありません!

カラーリングやブリーチは、化学的な要素が組み込まれているので色の出し方にも根拠があるんですよねぇ。

もちろん、色の見極めやカラー剤の選択は、スタイリストの技術と経験ということになります。

気になる方は、お店でスタッフに聞いてみてください。

仕上がりがこちら!

黒髪から1度の施術でここまで変わるんだなぁ。正直、黒髪だったのでこんなに変わるとは思っておらずテンションも上がりました!

落ち着いた光の中だと銀色に近く、光の加減で雰囲気が変わります!地肌に近い部分はグラデーション風におさめてあり、毛先に向かって少し明るくなる印象。

任せてよかったよ、本当に。

髪の痛み具合はというと、ブリーチを2回しているので傷んでいないということはありませんが、切れ毛が目立つ、極端に髪が細くなった、みたいな事象は起こっていません。

まとめ

  • 所要時間:約4時間(入店してから退店まで)
  • 費用:約2万円(ダブルカラー、カットなし)※変動あり
  • 仕上がり:自分に似合う色に仕上がったと思う。満足度高い!

初来店だったのでカルテを書いたり、荷物をしまったり少し待ち時間があったりと、施術以外の時間も含んでいます。

さて、次回は「色落ち具体について」「色落ち後の楽しみ方について」について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!