新感覚コラム 『&Artist』第4話 せめて1枚!

新感覚コラム 『&Artist』第4話 せめて1枚!

新感覚コラム『&Artist(アンド アーティスト)』
目黒区に実在するCafeスタジオ「らんすみれ」を舞台に、オーナーの「僕」とアーティストたちが繰り広げる物語、『&Artist』。「らんすみれ」と「僕」はホンモノですが、コラム内のストーリーや写真はフィクションです。ぜひ、この新しい新感覚コラムをお楽しみください。

一覧はこちらから
・第1話 様変わりするCafe
・第2話 一見さんお断りのCafeスタジオ
・第3話 アーティストの卵

■前回までのお話
鎌倉の美容院で働くサクラたちが、はじめての「作品撮り」のために、Cafeスタジオ「らんすみれ」へやってきた。学生の文化祭のようなノリの彼女たちは、時間経過とともに1人、2人と飽きていく。その中で1人頑張っていたのがサクラだ。

_____

 

サクラちゃん…..

(もう、ヘア、ばらばらだよ…)
(メイクも…)

「終わったらどこでご飯食べよう」「駐車場料金、いくらになっちゃってるかな」

みんなの興味の対象はそちらに移っているようだ。

モデルには”睡魔”が襲ってきている。寝転んでるポージングなのか、本当に寝てしまっているのか。もちろん、モデルもプロではない。美容院にきてくれている常連さんらしい。

サクラ一人、倒れてしまったケガ人に必死で話しかけるような姿で、

「**みたいな表情できる?」
「あそこに飛んでる蝶々を取る様なポーズできる?」
「寝たまんまで良いから、楽しい夢見てる様な表情だけできる?」

“とりあえずカメラ係”から奪ったカメラでサクラ一人、慣れないシャッターを切る。一応一眼レフのようだが、古いモデルのようで、重く、なかなかピントが合わずに苦労をしている。おそらく、一眼レフカメラを使い慣れていない彼女には、まだコンパクトデジタルカメラを使った方が綺麗に撮れただろう。

彼女は、「残したい!1枚で良いから!」と言っているように見えた。

僕は、少し離れたところで、みんなを見ていた。モデルのヘアメイクは崩れてきているし、顔も疲れてきている。サクラはカメラに悪戦苦闘しながら、モデルに気を使いながら指示出しをしている。相手はプロのモデルではないので、指示を出しても要領を得ない様子だ。

しかし、サクラも完璧な仕上がりイメージがあるわけではないようで、しっくりこないモデルにどのようなお願いをしたらいいのか、わからないようにみえる。ただ、ひたすらシャッターを切っている。

後ろの方では、スマホをいじりはじめたメンバーたちが談笑している。

とても作品撮りなんて人には言えないレベルだ。でも、今日、何かを始めた記録をサクラは残したい。その気持ちは、僕には伝わってきた。

そして、彼女はこのメンバーからいずれ、離れて行く。

 

さあ、準備するか。

見せよう、サクラがショックを受けるほどの「本物の現場」を。

第5話へつづく。

 

「Cafe らんすみれ」も「僕」も実在しますが、物語や写真はフィクションです。引き続き、「Cafe らんすみれ」に没頭する「僕」や、作品作りに没頭するアーティストたちの、新感覚コラム『&Artist』をお楽しみください。

企画/tocco,文/kou

『&Artist』一覧はこちらから
Cafe らんすみれ

スポンサードリンク
新感覚コラム 『&Artist』第4話 せめて1枚!

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です