しっとりやわらかなシロコッペが東京駅八重洲地下街に登場したので行ってきた!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

名古屋の老舗喫茶店「コメダ珈琲店」から生まれた「やわらかシロコッペ」が、東京駅に店舗ができたということでさっそくお店に行ってきました。名古屋の名鉄百貨店にお店ができた際には、1時間も待つことがあったというくらい大人気のコッペパンです!

パンも美味しいのでモーニングで利用することも多いコメダ珈琲。コメダのパンは、すべて自社製で自社の工場でパン職人がしっかり作っているんだとか。

そういえば、コッペパンブームは少し落ち着いたのかな?

昔から今までコッペパンが好きだった私としては、ブームとか関係ないんですけどね・・・!

やわらかさにこだわったコッペパン

やわらかシロコッペ

コッペパンと言えば、学校の給食で出ていたコッペパンを思い出します。給食生活後半になってくると、左右にバターと蜂蜜が入っていてパキっと折ってかけるものもでてきて楽しかったなぁ。また、コンビニでも「つぶあん&マーガリン」などのコッペパンが売っていますよね!

学生時代には、本当にお世話になったコッペパンです。

ただ、どちらのコッペパンも「もっさり」していてのどが渇くイメージ・・・!

ま、その素朴感が好きで今でもよく食べているわけですが、コメダの懐かしく新しいコッペパンが気になっていたわけで。

やわらかシロコッペ_2

「やわらかシロコッペ」のコッペパンは、その名の通り柔らかさにこだわったコッペパン。素材にこだわり、時間をかけゆっくり生地を寝かせ、低温でじっくり焼かれることで、色白で香りと旨みをもったコッペパンになります。

パンの美味しい珈琲のお店という印象はあったものの、まさかパン専門店を出しちゃうとはね・・・!

メニューをチェック

やわらかシロコッペ_3

コッペパンの種類は大きく4種類で、「和コッペ」「洋コッペ」「おかずコッペ」の3種類に加え、季節限定の「限定商品」となります。2018年5月の限定商品は「清見オレンジ」「クラウンメロン」の2種類でした!

おかずコッペがとっても気になっていたんですが、初めてのお店では定番を食べると決めているので、一番人気の「小倉マーガリン」と、甘党に人気の「リッチカスタードホイップ」を購入することに。

やわらかシロコッペ_6

ちなみに、メニューについてはWEBで公開していますので是非チェックを。

やわらかシロコッペ開封!

やわらかシロコッペ_7

パンの鮮度を保つために、1つ1つお店でカットし調理しているシロコッペ。「本日中にお召し上がりください」ということだったので、2ついっぺんに開封してみました。

サイズは、約20cmくらいでしょうか。太さもありますね。

コンビニなどで売っているコッペパンはどんどんサイズが小さくなっていってる中で、これくらいのサイズがあると嬉しいです。

やわらかシロコッペ_9

中身は、多くなく少なくなくパンに対してちょうどいい感じ。小倉マーガリンやカスタードクリームの味だけではなく、パンのおいしさもちゃんと味わえると思います。

やわらかシロコッペ_8

食感は、しっとりやわらか。今までのコッペパンとは違うということがすぐにわかると思います。「コッペパンなのにしっとり」というのが新しい感覚ですね!パンだけでも私は好きかも。

小倉マーガリンは安定のおいしさです!小倉の甘さにコクが加わるというか。まずはこれを食べておけば間違いないでしょう!バニラビーンズを感じるカスタードクリームも、甘すぎずしっとりやわらかシロコッペとの相性抜群ですね。

サンドイッチで「フルーツサンド」ってあると思いますが、このコッペパンで作れたら絶対に美味しいだろうなぁ。

今後の展開に注目です!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

「仕事もプライベートも充実させたい!」という想いからTiMEZを運営中。カメラを持って旅に出ることが最高の楽しみ。仕事終わりの時間や、週末をもっと充実させよう・・・!目指すはweekender(週末旅行者)!