フィット感抜群でストレス軽減!メガネが曇りにくい洗える抗菌マスク「IncontromaskW」を使ってみた!

クラウドファンディングで1400万円越えを記録したという韓国のファッションメーカー Incontro(インコントロ)の眼鏡が曇らないマスク「Incontromask」。

今回は、その第2弾となる「IncontromaskW(インコントロマスクW)」をご紹介します!

実際に使ってみたところ、顔へのフィット感が高く鼻から顎の下までしっかり覆われていて安心感がありますね。その上で、息苦しさもないしメガネを曇ってしまうことも減り、快適に使わせてもらっています!

さらに、しっかりとフィットするのでマスクの位置を直す回数が激減。ストレスがかなり軽減されたと思います。

私個人としては、顎髭を生やしているためマスクによっては顎の部分が浮いてしまうこともあって困っていました。このマスクなら、しっかりとカバーしてくれるので良いですね。

ノーズワイヤー付きの不織布の使い捨てマスクを使っていた時には、マスクは曇るし、水分でビチャビチャになるけど諦めていたなぁ。その時の悩みは、このマスクで一発解決しましたよ。

マスクのポイントと実際に使ってみた感想をまとめたいと思います!

「IncontromaskW」のポイント

  • 顔へのフィット感がとても良い!
  • 鼻部分の独自構造でメガネが曇りにくい!
  • 白色マスクなので、使うシーンを選ばない!
  • 何度も洗える上に、抗菌素材を使用し清潔面も配慮!

Special Thanks!!(商品提供)

合同会社ロヂナ

スポンサーリンク

基本機能

IncontromaskW_00
サンプルのため韓国語パッケージになっています!現在、日本語パッケージを準備中とのこと。

「IncontromaskW」を製造しているのは、韓国メーカーの「DONGSANSPORTS」。「INCONTRO」というブランドを立ち上げ、業歴21年のメーカーになります。

今回のマスクに限らず、手がける製品は使用する糸や生地にこだわり、長年の研究で培った製造方法により肌触りの良さを実現させているそうです。

IncontromaskW_01
IncontromaskW_05
自立してしまうほど、しっかりとしています。

手に取ってみると、思っていたよりも素材や縫製がしっかりしていて驚きました!特に、パイピング(縁取り)がしっかりしているので安定感があり、使っていて心地よい印象があります。

鼻の部分には「ノーズワイヤー」と「ノーズパッド」の2つの仕組みを取り入れることで、安定したフィット感とメガネの曇りにくさを実現。

また、顎のラインに合わせて角度が出るように生地を縫い合わせており、これにより顎の下までしっかりと覆うことが可能になっています。

この密着性により、マスク本来の機能を発揮!

この独自開発の立体構造は、画期的なデザインと機能性が認められ韓国で意匠登録(商品のデザインを保護する権利登録)されたそうですよ!

IncontromaskW_10
裏地にはメッシュを使用。耳の部分には長さを調節するストッパーも。

さて、白色マスク最大の懸念点といえば、なんといっても「汚れが目立つこと」でしょう。

使い捨てマスクを使用していた理由の1つは「(見た目も含む)清潔感」を毎日保てる部分にあったと思います。しかし、マスク必須の世の中となった今、1日1枚使っても365枚も使用し、捨てていかなければなりません。

そこで「洗えるマスク」が注目されたのはいうまでもありません。

IncontromaskW は、公式見解として「50回ほど洗える(手洗い推奨)」と記載がありました。

きれいな白色が続くマスク作るために試作と実験を重ね商品化に辿り着いたそうで、さらに品質の高い抗菌加工した糸を用いて製造することで清潔面での安心感を加えました。

ちなみに、マスクを手洗いする時には「ウタマロ石けん」がお勧めですよ。泥汚れ、エリ・ソデ汚れ、化粧品汚れ、食べこぼし汚れなどに対応しているので、相性も良いかと思います!

カバー力・フィット感抜群!その仕組みを体感。

IncontromaskW_07

IncontromaskW を実際に使ってみて好印象だったのが、そのカバー力とフィット感!

上の画像のように、鼻部分をノーズワイヤー・パッドでしっかりと保護し(オレンジ矢印)、顎部分をすっぽり覆います(赤矢印)。さらに、青い矢印の方向に耳紐で引っ張ってあげることで、パイピング部分がしっかりと顔へのフィットし、安定感抜群!

細かくみていきましょう。

ノーズワイヤー&パッド

IncontromaskW_04
鼻のパイピング部分に、ワイヤーが入っています。市販のマスクでも、ワイヤー付きマスクは一般的ですね!
IncontromaskW_03
ノーズパッドを開き、鼻を納めます。

私は「マスクが邪魔」≒「フィット感が悪く安定しない」ということがほとんどだったので、装着するまでは「ノーズパッドって邪魔になるんじゃないかな・・・?」と思っていましたが、そんなことはありませんでした。

冒頭にも書いた通り、顔にフィットするのでマスクの位置を直す回数が激減。これにより快適度がグンっと上がっています!

IncontromaskW_06

ノーズワイヤーで顔へのフィット感を出し、ノーズパッドで鼻を覆うことで、息が鼻の横から抜けにくいようする。これが、メガネを曇りにくくする仕組みです。

驚きの効果ですね。

作為的に大きく呼吸をすれば曇ることもありますが、普段の生活では今のところ過去の体験に比べたら圧倒的に曇りにくくなっています。

IncontromaskW_08

メガネのサイズにもよりますが、マスクの上にメガネが乗っているほど曇りやすいはずです。

私のメガネだと、完全にノーズパッドとパイピング部分にメガネが被さってしまっていますが、市販の不織布マスクよりも全然曇らない・・・!

視界良好です。

※ちなみに、私の鼻まわりの形だと「ノーズパッドを閉じた状態」で使用しても、その厚みとしっかりとしたパイミングのおかげもあり曇り防止効果が確認できました。

顎を覆う構造

IncontromaskW_20

ここまで顎をすっぽり覆ってくれるマスクが初めてだったからか、かなりのカバー力を感じています。ポケットに顎を納めているような感覚で安定していますね。

顎と鼻をしっかりとカバーすることで安定感もまし、さらにしっかりと覆ってくれということはマスクとしての効果も期待できるのではないでしょうか!

また、市販の使い捨てマスクの場合どうしても顎髭が邪魔になってしまうんですが、ここまでしっかりカバーしてくれると顎髭スタイルの方も安心かもしれません。(顎髭が長すぎる方はお気をつけください)

耳紐のストッパー

IncontromaskW_09

耳紐のストッパーにより、フィット感を調節することができます。強くすればよりフィットしますし、違和感のないフィット感を自分で調整することができました。

また、上の耳紐、下の耳紐の引っ張り具合を微調整することも可能。鼻まわりをきゅっと閉めたかったら、上側の耳紐をストッパーで調節してみましょう!

ただ、このストッパーが思いのほか大きいので、メガネの耳掛け部分と干渉する場合があります。さらに、耳紐自体も市販のマスクよりもしっかりとしている分、マスクとメガネがうまく耳に収まらないことも。

これは、メガネをかけたままマスクをする際に避けては通れない部分なので、うまく調整してストレスがないようにしたいところです!

まとめ

総合的に「あり」だと思います。

少なくとも、今使用している不織布の使い捨てマスクから卒業して、IncontromaskW に乗り換えるのはお勧めできると感じました!

2021年3月現在では「MAKUAKE(マクアケ)」にて「早割」で展開中です。何度も洗って使えることも考慮すると、だいぶ割安になるのではないかと思います。

私自身は、まだ何回も洗っているわけではないのでレビュー出来かねますが、手洗いした感想も後日追記したいと思います!

新型コロナウイルスの兼ね合いで、マスクを使用することが一般化されています。そんなご時世だからこそ、マスクにこだわってみるのもありですよね!「マスク」という言葉の通り、しっかりと覆っていきたいなと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!