パリで大人気のメゾン・ランドゥメンヌ、丁寧に作られたショソン・オ・ポム【Apple Pie Journey4】

メゾン・ランドゥメンヌのショソン・オ・ポム【Apple Pie Journey4】

Apple Pie Journey(アップルパイ ジャーニー)

アップルパイは、その言葉を声に出しただけで、半濁音の軽快なリズムが心地いい。もともとヨーロッパで生まれたアップルパイは、のちにアメリカを代表するデザートになる。キッチンのオーブンで温めると漂ってくる、幸せな香り。そのシーンを想像しただけで映画の中に入り込んだ気持ちにさえさせてくれるアップルパイ。そんな抗えない「アップルパイの魅力探し」の旅に出る「Apple Pie Journey」。

 

今年3月、麻布台にオープンしたブーランジェリー「メゾン・ランドゥメンヌ」。

パリに10店舗、バゲットは1日1店舗2,000-3,000本売れる人気店が日本に初上陸!と今年とても話題になったお店なので、テレビや雑誌で見かけた事がある方も多いのでは。

お店の最寄駅は六本木、六本木一丁目、神谷町、麻布十番、どの駅からも少し距離がある立地ながら、オープン当初は連日行列でした。今は行列になる事はないようですが、毎日お客さんで賑わっています。

そんな話題のブーランジェリーから新商品として発売されたアップルパイがこちら、ショソン・オ・ポム(税抜き450円)。

[peg-image src=”http://lh3.googleusercontent.com/-HeW0_z1aQeU/VmL4TO6U6qI/AAAAAAAABKc/P0zYwaUTBmQ/s144-o/005.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/100739392646628291586/201512#6224810644283386530″ caption=”” type=”image” alt=”005.JPG” image_size=”3264×4896″ peg_img_align=”center” peg_gal_align=”center” ]

フィユタージュ・アンヴェルセと呼ばれるバター生地で粉生地を包み折り込んでいくパイ生地は、何層にもなっていて外はサクサク、中はしっとり。生地の厚みもあり食べ応えがあります!

そして中に入っているのは自家製りんごのコンポート、バニラビーンズを加えてあるそうです。

100%の手づくりにこだわって、“昔ながらの伝統的な商品と技術 の継承”をコンセプトにしているブーランジェリーらしく、見た目はシンプルですがとても丁寧に作られたアップルパイという印象です。りんごのコンポートは甘さを抑えてあるので、甘いものが苦手な方にもオススメですよ!

りんごは国内産を使用、品種は決まっていなく、その時の旬のもの、良いものを選んで使っているのだそう。

人気商品のバゲットやクロワッサンと一緒に、是非アップルパイも味わってみて下さいね。

写真・文/sumire

 

[peg-image src=”http://lh3.googleusercontent.com/-kQK1ja7-H94/VmL4TAwZXHI/AAAAAAAABKs/z21Y-viA5Ac/s144-o/015%252520%2525281%252529.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/100739392646628291586/201512#6224810640483638386″ caption=”015 (1).JPG” type=”image” alt=”015 (1).JPG” image_size=”4896×3264″ peg_img_align=”center” peg_gal_align=”center” ]

メゾン・ランドゥメンヌ東京
港区麻布台3-1-5
TEL 03-5797-7387

Apple Pie Journey記事一覧
アップルパイ記事一覧

スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!