海産物やかき氷を楽しもう!西小湾からフェリーで旗津半島へ!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

午前中に高雄市の「駁二芸術特区」を散策したので、午後からはそのままフェリーで「旗津」を目指します。

上の写真は、旗津側から撮影した高雄市内です。意外と高いビルもあり大きな街だなぁと改めて実感。旗津は、海産物を中心にローカルな街を楽しめると思います。

ちなみに、コンビニも何店舗かあるようなので、最悪何とでもなるので安心です・・・!

スポンサーリンク

MRT西小湾駅からフェリー乗り場へ!

MRT西小湾駅から、徒歩10分~15分くらいでフェリー乗り場に行けます。道はシンプルなので、行きやすいと思います!また、フェリー乗り場には、バイクとタクシーがずらりと並んでいるのですぐわかりますよ。

ちなみにフェリー乗り場に注意点ですが、全く関係ない人がお金をくれと声をかけてきます。しかも、フェリー乗り場の列の中にいるので、サッとお金を入れてしまう人もいるかもしれませんね・・・。

特に、旗津側のフェリー乗り場ではお気を付けください!

DSC08059

さて、フェリー乗り場の列からは到着しているフェリーも見えます!

旗津フェリー

フェリーは時間帯によって本数が変わりますが、かなりの本数出ていますね!

朝一の船に乗ったら、高雄市の街の中から登ってくる朝日を見ることができるかもなー。

DSC08062

所定の位置で小銭を入れて進みます。細かいお金は用意しておくとスムーズですね!また、MRTなどでも使える悠遊カードも利用可能です。(ちょっと安くなるそうです!)

旗津フェリー_2

このフェリーですが、実はバイクや自転車ごと乗船することができます。なので、西小湾近郊で自転車をレンタルしておくととっても便利!

一応遠回りをすれば陸路でも行くことが可能らしいのですが、これがかなり遠回りになるんだとか。なので、地元の方を中心にこのフェリーは大活躍中なのです・・・!

旗津フェリー_3

船内の1階は、こんな感じ。バイクや自転車がたくさん入ってきますので、上の階に移動するのがお勧めです!

上の階には、ちゃんと椅子などもありますし、外に出ることも可能です!景色がよくてよいのですが、あまりにも暑くて驚くと思います・・・。

旗津フェリー_4

釣り人たち

高雄の街が、海と空に挟まれている・・・!

旗津フェリー_6

船内もフォトジェニック

旗津を散策しよう!

旗津半島

旗津を散策する際ですが、通常の自転車や4人のり自転車で走っている方をたくさん見ました!散策するにしてもそんなに大きな街ではないので、徒歩でももちろん大丈夫です。

楽しそうだなぁと思ったんですが、お店に入っている間自転車はどうするんだろう・・・など考え、結局乗ることはありませんでした・・・。

旗津半島_2

旗津と言えば、やはり海産物です!通りには、海産物を扱うお店がずらりと並んでいまして、店内で食事も可能になっています。

お腹が空いても食べる場所には絶対に困らないですね!

DSC01657

試食をしながら歩くのも楽しいですよね!ただ、お腹が弱い方はご注意を・・・!

旗津半島_4

飲食店はもちろんなのですが、意外に雑貨系のお店もありました。

わざわざここで買う?という品もありましたが、やはり安く買えたりするのでお気に入りのものがあればぜひ!

旗津半島_3

海側に行くと、屋台がずらり!「暑いから、まだお客さんが少ない」とのことで高雄の暑さを物語っています・・・。

7月~8月にかけて「旗津ブラックサンドアートフェスティバル」が開催されるようで、サンドアート体験をはじめ旗津ビーチでいろんなイベントが開催されるそうです!(札幌雪祭りの砂バージョンなんだって)

旗津半島_5

さぁ、暑い日はやはりかき氷に限りますよね!

旗津にある大盛かき氷のお店を目指します!

旗津半島_6

氷の上に、大きめにカットされた果物がどっさり!写真だと小さく見えると思いますが、ボリュームは十分すぎるほどです!

氷の量よりも果物の量に驚くばかりですよ。

旗津半島_7

基本的には、ボールサイズで提供されます。日本のかき氷のように「職人技」というわけではありませんが、果物と糖分と水分をいっぺんにとれるのでお勧めです!

もちろん、味もいい感じ!

旗津半島_8

マンゴーアイスをかき氷のように削って提供されるマンゴーかき氷は、安定のおいしさですね!

このお店では、かなりの種類のかき氷がありますので、もし迷ったらこれを選ぶと失敗しないと思います。また、チャレンジメニューのようなサイズのかき氷もありますので、ぜひ店舗でチェックを!

帰路については同じフェリーで帰るのですが、そこから歩いてMRTにのって・・・。もし、高雄市内でホテルを取っている方は、サクッとタクシーもおすすめです。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!