搭乗する前にアプリのダウンロードを!「ANA WiFi Service」を使ってみたよ。

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

皆さんは、飛行機での移動中何をしていますか?飛行機によっては、機内で何もすることがなく暇を持て余すケースも多いかと思います。

私は、座席ごとにTVモニターが付いていない飛行機に乗ることが多かったので、事前にAmazonプライムビデオなどで映画を2,3本ダウンロードしておき、時間をつぶしています!

ただ、最近では「アプリ」を使ったサービスも増えてきていまして、ANAの「ANA WiFi Service」もその1つです。

有料機内WiFiサービスの登録や、無料で映像や音楽を楽しむことができます。

2017年7月現在では「今後に期待・・・!」という感じでしたが、実際に使ってみましたのでご紹介したいと思います。

※国内線で、有料のWiFiは使っていない状態でのお話になります!

座席ポケットにサービスガイドがあるか確かめる!

本記事を掲載した時点では、すべての機体でこのサービスが使えるのではありません。入口にステッカーが貼ってあるか、座席ポケットに上の写真のガイドが入っているか確かめてください!

もちろん、搭乗口などでスタッフに確認してもよいと思います。

ANAに限らず、他の航空会社でも「自分の端末(スマホやタブレットなど)」にアプリをダウンロードすることで映画などやその他の機内エンターテイメントを楽しむというケースや、機内でWiFiを利用できるケースが増えています。

アプリが必須の場合、ネット環境があるうちにダウンロードする必要がありますので、離陸してから気づいても遅いのです!

搭乗時に必ずチェックを!

ANAアプリをインストールしてみた

ANAのアプリは、航空券の予約やチェックイン等で利用できるアプリで、その中の1つのサービスとして「ANA WiFi Service」が入っています。

アプリトップ画面から画面右下の「もっと見る」を選択。「国内線機内WiFi」という項目がありますので選んでください。

最後に「接続」をタップすれば完了です。このサービスに対応している機体であれば、次の画面で色々なサービスを使えます。

Webブラウザでも可能!

アプリがダウンロードできなくても、指定のURLを入力すればWebブラウザでもサービスを利用することができます。今回は、アプリのダウンロードを忘れてしまったので、Webブラウザで試してみました。

※先にご紹介したアプリ画面は、後日とったものです。

ここでは、有料サービスから無料サービスまであり「Entertainment」の中に、映画やTV番組、音楽などのサービスが入っています。

ただ、スマートフォンでこのサービスを使おうとするとTV番組が全く見れません!「ANAアプリケーションをダウンロードする必要がある」とのことで、やはり事前にアプリをダウンロードしておく必要がありそうですね。

国内線なので、例えば「羽田空港(東京)~那覇空港(沖縄)」間だとフライト時間は、約2時間半くらい。

子連れの場合、アニメも見ることができるので便利かもしれません。私個人としては「まじっく快斗」が入っていたことに衝撃を受けましたよ!幼少期にとても好きな漫画だったので見たかったんですが、アプリをダウンロードしていなかったので叶わず・・・。

ちなみに、機内アナウンスが入る際にはちゃんと一時中断する仕組みです!

Webブラウザを利用する際には自動ロックの解除をお忘れなく。Webブラウザで閲覧している場合、この設定をしていると自動ロックがかかり再生している音楽などが止まってしまいます。

まとめ

2017年7月現在では、コンテンツ量も少なく「Amazon」や「キンドル」などで事前に準備しておいた方がよさそうですね。

とはいえ、国際線では設備も充実しているわけですし、今後に期待したいと思います!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

「仕事もプライベートも充実させたい!」という想いからTiMEZを運営中。カメラを持って旅に出ることが最高の楽しみ。仕事終わりの時間や、週末をもっと充実させよう・・・!目指すはweekender(週末旅行者)!