台北で最も古い問屋街にあるレストラン「牧山丘 MuHills」はもはや撮影スポット

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

こんなブログを書いていると、嬉しいことに「台湾(台北)でお勧めのスポットはどこですか?」と聞かれるんです!とっても嬉しいですし可能な限りお答えしているんですが、ぜひ観光雑誌をご参考に・・・!

やはり、名だたる観光雑誌・書籍を出版している会社は、圧倒的な情報量で他を凌駕していますよね。そんな中で、私がお勧めできる情報があるとしたら、ちょっと変わった視点からのおすすめスポット。

「フォトジェニックな旅」とはよく聞きますが、台湾を旅している中で感じたのは飲食店のお洒落さがすごいということ。この旅で出会ったレストラン「牧山丘 MuHills」をご紹介します。

今と昔が交じり合う街。

迪化街(ディーホアチエ)雑貨2

乾物の問屋街が並ぶ人気の街「迪化街(ディーホアジエ)」は、まさに昔と今が交わっている街。地元の方が通うようなローカルな屋台もあれば、老舗飲食店もあるし、八百屋もあります。

さらに、昔の建物をリノベーションし内装を近代的にしたお洒落カフェもあるので、散策が楽しいと思います。(大通りに出ると、スタバがあります・・・!)

迪化街(ディーホアチエ)

ちょっと横道をのぞけば、日本語は一切通じず中国語がずらり。「日本人だよー!(中国語)」っていっても、お構いなしに中国語でガンガン話しかけてくる陽気な一面もありました。

印象としては、屋台料理が大丈夫な方は美味しくて安いローカルフードを楽しめると思います。洋服は好みにもよるかもしれませんが、掘り出し物を探すのは難しいかも・・・。

迪化街(ディーホアチエ)雑貨2

雑貨や小物系については、お洒落なお店もできていて要チェックですね!リノベが流行っている台湾では、すぐに新しいお店もできるかもしれませんし、最新情報をつかみたいところです!

台北で最も古い問屋街にあるレストラン

牧山丘 MuHills

入口が反射しまくってしまって少々見にくいと思いますが、この街のメイン通りを歩いているとそのお洒落さにすぐ気が付くと思います。このエリアは、こういったリノベーションされたお店も多く外装と内装のギャップに驚くこともありますが、それがまたいいんです。

レトロな街並みとお洒落さの両方を楽しめます。

牧山丘 MuHills_2

ディーホアジエにあるレストラン「牧山丘 MuHills」は、街並みからは想像できないほどお洒落にまとまっています。そして、お洒落なんだけど素朴さがあるというか。派手派手しくなくて、落ち着く雰囲気が大好きです。

ランチの時間は比較的すいていますが、おやつの時間に向けて女性たちが集まってきます。

牧山丘 MuHills_店内

窓側の席は、光が入りとってもいい感じ。ランチだけではなくディナーもやっていますので、台湾の夜をこういったお店で過ごすのもよいなぁと思いました。

時間によって、一人当たりの最低注文金額が決まっていますのでご注意を。(確か200~250台湾ドルくらい)

注文したスイーツたち。

牧山丘 MuHills_レモンタルト

まずは、私一押しのレモンタルト。甘すぎないサッパリとした味わいのレモンタルトは、アメリカーノ(ブラックコーヒー)と一緒にどうぞ。

台湾の旅で一番おいしかったケーキだと思います。

また、黄色いタルトを透明なお皿に乗せることで、クロスの色と相まってとってもおしゃれ。こういった細かい部分までちゃんと考えられているとしたら、本当にすごいとしか言いようがない!

牧山丘 MuHills_レモンオレンジアイスティ

こちらは、レモンオレンジアイスティ。このグラスをチョイスするセンス・・・!たまりません。

アイスティが少し濁っているかと思いますが、これは果汁が入っている証拠。暑い日には、とってもお勧めのドリンクです。

牧山丘 MuHills_季節のフルーツスムージー

最後に、季節のフルーツスムージー。季節によってフルーツが変わるそうなので、注文する前に果物を聞いておくとよいと思います。ちなみに「この量は、サービスですか?」と聞いたところ、そんなことはないそうです。

台湾の新しい魅力をもっともっと探していきたいと思います!

 

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!