オリーブ好きに朗報!香川の美味しいものがオリーブでもっと美味しくなりました。

サラダやサンドイッチ、お酒のつまみとしてもよく食べている「オリーブ」。外でお酒を飲むときには、ほぼ間違いなく注文しています。

うどん県として知名度を上げていった香川県ですが、実はオリーブも有名な香川。

1900年初頭、国策としてオリーブの試験栽培を行ったそうなんですが、香川県小豆島のオリーブのみが栽培に成功。現在、小豆島は日本一の生産量を誇る島になったそうです。

オリーブは大好きなのに、生産地まではまったく気にしていなかったなぁ。

ご縁あり「オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り」に参加させていただきまして、今絶賛PR中の「オリーブを使った食材」をいただいてきたのでご紹介したいと思います。

オリーブ最高。

オリーブを楽しむ。オリーブで楽しむ。

オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_2

会場では、色々な方が香川県をアピール。「うどん県。それだけじゃない香川県。」というキャッチフレーズは、とっても共感できて香川県に新しい興味を持てたイベントだったと思います。

うどんもオリーブもどちらも大好きですが、過去食材を選ぶ際に「あえて香川県である理由」というところまで考えて選んだ記憶はありません。

やっぱり、きっかけって重要だなぁ。

今回は、オリーブやオリーブを飼料に利用したオリーブ夢豚、オリーブ地鶏、オリーブぶりの生産者の方も参加されていたので、面白かったです。

しいて言えば、もっと小規模でいいからしっかりとお話が聞きたかった。

オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_4 オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_7

料理は、香川県でとれた食材を中心に前菜からデザートまで用意。ポイントは「卓上にあるオリーブオイルを足してみてください!」という部分ですね。

どれもそれだけでおいしく調理されている料理に、ちょっとオリーブオイルを使うと風味やまろやかさが増し大人な味になったような気がします。

実際にオリーブオイルだけを口にしてみましたが、さすがというべきかとてもあっさりしていてスマート。変な癖もなくスーッと口の中になじむ感じです。

だからこそ、もっとオリーブオイルを生かせるオリーブオイルの使い方を教えてほしかった・・・!

勉強しよう。

オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_6 オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_5

この日は、香川県にまつわるお酒も用意されていまして、日本酒・焼酎・ワインなど幅広いお酒があることに驚きました。

「マリアージュ」とはよく言ったものですが、どのお酒とどの料理がおすすめなのかわからなかったので、私の中の香川県にいなかった「赤ワイン」をチョイス。

前菜もさることながら、ワインも美味しい。

オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_8

こちらは「オリーブぶり」。

香川県を発祥として全国に広がったというハマチ養殖。ブランドハマチの取り組みの中で、香川県特産のオリーブの葉の粉末を添加した餌を与え「オリーブハマチ」が誕生し、このハマチをブリにまで育てたのが「オリーブぶり」ということらしい。

これが、、、、、、美味!

ふわっというか、ぷりっというか、食感がとてもいい。低温スチームということだったんですが、もう少しパサつくと思ってたんですよね。さらに、臭みもなくあっさりとしているんですが旨味はちゃんとあるという感じです。

オリーブぶりは、お取り寄せで買ってもいいかなと思うくらい私の好みでした。

オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_9

次は肉料理。

オリーブ牛は、コクのある旨味、それでいてさっぱりと食べられるのが特徴。柔らかくヘルシーということで女子にも人気とのこと。

今回は赤ワインソースでいただいたんですが、ちょっと濃かった・・・!初めてのオリーブ牛だったので、ソースをどかしていただきました。

・・・美味しいよ、オリーブ牛。

別の食べ方でもう1度食べたい食材となりました。

オリーブ夢豚は、飼料にオリーブ採油後の果実を混ぜて育てた豚で、黒胡椒ソースとも相性がいい感じ。ちょっとパサついていたのが残念ですが、お酒と相性も抜群の食材です!

オリーブ地鶏は、極力ストレスを与えないようにすることで品質を保っている天塩をかけた地鶏。甘味とうま味を高めるアミノ酸の1つ「グリシン」が他の地鶏と比べて約1.6倍、おいしいと感じるうま味成分「コハク酸」も約1.2倍という食材です。

これも調理したてが食べたかった!

しかしながら、どれも「もう1度食べたい!」と感じる食材だったので、新しい出会いに感謝です。

オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_11 オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_16

オリーブ牛をつかった「肉うどん」は、肉の味わいが一番感じられたような気がします。うどんもさることながら、だしが本当にうまい。最後まで飲み切ってしまいました。

また「うどんに合う酒」という日本酒もあり、さすがは香川県!

オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_10

島鱧のオリーブ押し寿司は、日本酒との相性抜群。オリーブオイルを使っているんだけど、日本のお酒に合うんだから本当に面白いですよね。

オリーブ植栽110周年記念 さぬきうまいもん祭り_12

最後にデザート核種をいただいてフィニッシュです!

まとめ

土地の特産物は、食べてみて聞いてみて初めて魅力がわかるなぁと思いました。

正直、丹精込めて育てた食材が「まずい」ってことはないんですよ。絶対に美味しいし、その土地ならではのブランドもあるので、食べていて楽しいと思います。

では、なにで差別化するのか。

それは、やはり「ストーリー」だなと。

今回のイベントで、もっと香川県のことを知りたくなったので色々調べてみたいと思います!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!