サウンドを持ち歩く!ディーゼルワイヤレススピーカー(防水モデル)でいつでもどこでも音楽を楽しむ。

防浸仕様(IPX7)で利用する場所を選ばない「DIESEL Wireless Speakers(ディーゼルワイヤレススピーカー)」を約1ヶ月ほど使用しています。

360度サラウンドスピーカーを搭載しており、サブウーファーで重低音もカバーしているので屋内外で活躍中!

キャンプやBBQなど野外での利用はもちろん「テンション上げて部屋掃除!」なんていう日常的な使い方でも満足度を感じていますね。

機能面、サイズ感など場所を選ばない設計になっているので、色々な場所で活躍してくれることでしょう。

▼大きな5つの特徴

  1. 360度サラウンドスピーカー
  2. 防浸仕様(IPX7)
  3. 簡単に持ち運べるサイズ感
  4. microSD・AUXポート搭載
  5. マイク機能搭載
IPX7 について
深さ1mで30分間の浸水テストをクリアする防浸仕様のこと。ただし、安全性の観点から水中での使用は避けたほうがよさそうです!

Special Thanks!!
↓↓
スピーカー提供:株式会社エム・エス・シー

スポンサーリンク

DIESEL Wireless Speakersの使い方

基本的なスペックは公式ページをチェックしていただくとして、使い方についてご紹介していきます!

※野外で使用する際には、周りの迷惑にならぬようお気をつけ下さい。

Bluetooth接続で楽しむ

まずは定番の使い方。スマートフォンやパソコンとBluetoothで接続させます。

接続自体は非常に簡単なので説明不要!

連続再生時間は約14時間(フル充電に約3時間)なので、日中使い続けてもほぼ充電不要で使用することができます。

私は360度サラウンドスピーカーを初めて使用したのですが、かなり便利ですね!スピーカーの向きを問わず安定して音楽を聴くことができました。

さらに、2台接続でのステレオ使用も可能なのでかなりの範囲をカバーできそう。

そして、持ち運びやすいサイズ感というのも重要なポイント。防浸仕様(IPX7)で水を気にせず使えるので、野外に限らず自宅でも活用の幅が広いと思います。

また、このスピーカーはマイク機能も搭載しており「ハンズフリー通話」も可能!範囲は約1.5mということで、4人掛けのテーブルくらいなら許容範囲になるかな?

思っていた以上に屋内でも活用できます。

TVとつないで楽しむ

有線(3.5mmステレオプラグ/AUX端子)での接続も可能で、テレビなどの外部出力に使えます。

近年、テレビの音が聞こえにくい方向けのスピーカーが販売されていますが、そう言ったニーズでも使用可能ですよ!

そうでなくても、スピーカーを手元に置くことで臨場感が変わったり、低音がしっかり聞こえたりとメリットも多いので映画など見るときに使用しています。

※プラグは別売りです。

microSDで楽しむ

Bluetoothで接続も可能ですが、音源をmicroSDに入れておけば自動再生することが可能です。

ネットワーク環境に依存しませんし、スマホやPC側のバッテリーを消費することもありませんので、音楽データをお持ちの方はこう言った楽しみ方も楽かもしれませんね!

構造上、microSDの出し入れが若干てまどいますが気になる点はそれくらいです。

※(対応フォーマット)FAT・exFAT/(音楽フォーマット)MP3

シンプルデザインで使いやすい

大きくてわかりやすい音量ボタン。
ボタンも少なく操作がシンプル!
付属のストラップが太めで使いやすい!

サイズは「約92mm×110mm」、重さは「約445g(ストラップ含む)」。

色々なところで使用しやすいサイズ感だと思います。テーブルに乗せても良いし、カウンターキッチンの端っこに乗せても良いですね。

スピーカーを中心に音を360度方向へ届けることができるので、家の中でも活用シーンは多岐にわたると思います。

まとめ

この手のスピーカーは屋外で大活躍するだろうとは思っていましたが、想像以上に屋内(部屋)でも活用できることがわかりました。

やはり、360度方向に音を飛ばせるのは良いですね!

販売価格は、11,000円(定価・税込)ということで比較的手も出しやすいのではないでしょうか・・・!

スポンサーリンク
気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!