100均大活躍!ダイソーの撮影用スマホスタンド(三脚)を使ってみた感想まとめ

この記事のURLとタイトルをコピーする

ダイソーで販売している100円の「スマホスタンド」を購入してみました!

最近のスマートフォンは本当に綺麗に撮影できるようになりましたよね。ブログを書くときや、広角で撮影したい時など一眼レフカメラよりも多用していると思います。

スマホでの撮影頻度が上がり「そろそろ、スマホ用の三脚が欲しいなぁ」と思っていた時に、まさかのダイソーで発見!これには本当に驚きました。

結論としては「100円で十分役割を果たしてくれた」という感想。

詳細を書いていきたいと思います。

Sponsored link

最低限の機能を100円で買う。

ダイソースマホスタンド ダイソースマホスタンド_01

スマホスタンドとしての造りは非常にシンプル(というか質素)。

余計な機能は付けずに、スマートフォンを挟む部分と曲がる三脚が1つになった最低限の機能を持ったスマホスタンドです。

しかし「100円だしね」という前提で使ってみると予想以上に使えるので、スマホスタンドとしての最低条件をクリアしているという感じでしょうか・・・!

実際に、手元を撮影したいときや両手がふさがってしまうような撮影時には、このスマホスタンドがあるだけで本当に撮影が楽になりましたよ!

ダイソースマホスタンド_03 ダイソースマホスタンド_20

構造的にはきっと自作できる人もいるくらいシンプルな内容なんですが、これを100円で販売できるってことは、原価はいくらなんだろう・・・。

100円で販売するところまで持って行けたメーカーに賞賛ですよ。

実施にスマートフォンを挟んでみた。

ダイソースマホスタンド_04

立った、ちゃんと立ったよ・・・!

バランスが悪くうまく立たず「まぁ、100円だししょうがないか・・・」ってなって1回しか使わないことも想定していたんですが、思っていた以上にちゃんと立ちます。

ただ、三脚部分を自由に動かせるわけではなく、柔軟性に乏しくギュッと足を曲げないといけない感じですね。

2000円くらい出すと以下のような三脚も購入可能ですが、なんといっても100円ということを忘れてはいけません。

ダイソースマホスタンド_07

スマートフォンを挟んで真横から見ると、少し斜めになっているのが分かるかと思います。

ポジティブにとらえれば、スマートフォンの下の部分を前後にずらして挟むことで少しだけ角度をつけることがますので、撮影時に微調整ができます。

まぁ、挟んで自立するだけでも十分役割を果たしていると思いますよ・・・!

今までは、ティッシュの箱などに立てかけて撮影していたので、本当に楽になりました。

100円でちゃんと挟んで、ちゃんと立ってくれれば十分なのです。

ダイソースマホスタンド_08

ただ、上の部分はクッションのないところで挟んでしまうとスマートフォンに傷がついてしまうかも。

どうせなら、後ろまでクッションを付けてほしかったなぁと思いますが、原価を抑えるという視点では難しいのかな。

デジカメなどへの装着も可能!

ダイソースマホスタンド_09

スマートフォンを挟む部分と三脚部分は取り外しが可能!

お手持ちのデジカメなどでも使用することが可能です。

ダイソースマホスタンド_10

私のカメラをのせてみたところ、重さに耐えられませんでした。笑

ここまで沈むと逆に安定して自立してくれるので驚きましたが、意図した角度で撮影することは難しいので使うことはないと思います。

個人的には、スマホ特化型にしてしまってスマホにもう少し優しい造り(クッションの大きさなど)になったらいいなぁと思いました。

まとめ

必須アイテムではないですが、ないよりはあったほうが良い便利アイテム。

スマホスタンドが100円で買えるんだから、すごい時代になりましたね。

2000円台でも十分安いと思えるスマホ用の三脚がありますが、本当に自宅やオフィスで必要最低限の撮影ができればよいということであれば、ダイソーのスマホスタンドで十分なケースも多いかなと思います。

▼関連商品

スポンサードリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!

TiMEZの「目次ページ」はこちらよりどうぞ。

TiMEZは「仕事終わりに、没頭できる時間」をテーマに情報を配信しているWebマガジンです。

サイトプロフィール詳細はこちらよりどうぞ!