手のひらサイズのアップルパイ 広尾リトル・パイ・ファクトリー【Apple Pie Journey5】

手のひらサイズのアップルパイ 広尾リトル・パイ・ファクトリー【Apple Pie Journey5】

2014年11月に広尾の有栖川公園近くにオープンしたパイ専門店、リトル・パイ・ファクトリー。

木のぬくもりが感じられる店内にはテーブル席とカウンター席それぞれ8席のイートインスペースがあり、平日の午前中からお客さんで賑わっています。

[peg-image src=”http://lh3.googleusercontent.com/-YjtdE4LjnNM/VrtJvooeAcI/AAAAAAAAFJY/6Ywp06Wb1Ac/s144-o/244.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/100739392646628291586/2016202#6249669990616531394″ caption=”” type=”image” alt=”244.JPG” image_size=”4896×3264″ peg_img_align=”center” ]

 

ここのパイの特徴は直径8cmと手のひらサイズ!店内の工房で作られた出来立ての食事系とデザート系のパイの中で、お店一押しはミートパイとアップルパイということで両方頂きました!

アップルパイ(380円)は持ってみるとずっしりとした重みがあり、サックサクの生地の中には食感の違う2種類のりんごがぎっしり詰まっています。皮ごと大きくカットしたフレッシュりんごのシャキシャキした食感とコンポートのトロっとした濃厚なりんごの甘味が楽しめます。

[peg-image src=”http://lh3.googleusercontent.com/-aCPbklWNl3U/VrtJvpRLK7I/AAAAAAAAFJs/4i5QWwwu8tE/s144-o/238.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/100739392646628291586/2016202#6249669990787263410″ caption=”” type=”image” alt=”238.JPG” image_size=”3264×4896″ peg_single_image_size=”w500″ peg_img_align=”center” ]

 

全体的に酸味より甘みが感じられるパイですが、シナモンの風味や干しブドウがアクセントになっていていくつも食べられそう!

りんごは時期によってパイと相性の良いものを選別しているそうで、この日はサンフジでした。現在店舗は広尾に1店舗のみですが、お取り寄せも可能なので是非HPをチェックしてみてくださいね。

[peg-image src=”http://lh3.googleusercontent.com/-K73b797eG8c/VrtJvlK6XNI/AAAAAAAAFJ0/jKM8bK0as-4/s144-o/246.JPG” href=”https://picasaweb.google.com/100739392646628291586/2016202#6249669989687254226″ caption=”” type=”image” alt=”246.JPG” image_size=”4043×2793″ peg_img_align=”center” ]

■リトル・パイ・ファクトリー
東京都港区南麻布5-16-6 コウセイ広尾ビル1F
TEL: 03-5791-3075

写真・文/sumire

 

Apple Pie Journey(アップルパイ ジャーニー)

アップルパイは、その言葉を声に出しただけで、半濁音の軽快なリズムが心地いい。もともとヨーロッパで生まれたアップルパイは、のちにアメリカを代表するデザートになる。キッチンのオーブンで温めると漂ってくる、幸せな香り。そのシーンを想像しただけで映画の中に入り込んだ気持ちにさえさせてくれるアップルパイ。そんな抗えない「アップルパイの魅力探し」の旅に出る「Apple Pie Journey」。

Apple Pie Journey記事一覧
アップルパイ記事一覧

 

スポンサーリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!