ピルスナーウルケル缶がついにAmazonで購入可能に!(プライム対象商品)

この記事のURLとタイトルをコピーする

ビールの1人当たりの消費量が世界一位と言われているチェコ。そんなチェコを代表するビール「ピルスナーウルケル(公式ページ)」の缶が数量限定でAmazonでも販売がスタートしたようです。

ピルスナーウルケル缶(以下、ウルケル缶)は、2019年の冬にNewDaysで期間限定販売を行い、この春第二弾も開催。じわじわと日本でも人気が出てきているようで本当に嬉しいです!

価格は、1ケース(330ml×24本)7,339円。1本あたり約306円になり、NewDaysでは「292円/1本」で販売しているので約14円ほど高くなってしまいますが、オンラインで購入できるのは嬉しいですね。

さらに、Amazon.co.jp が販売、発送し、Prime対応。

上記の情報は、2020年5月5日現在の情報になります!最新情報は、各ページにてご確認ください!

ピルスナーウルケルとは

カレル橋が見えるレストラン
チェコ・プラハ

1842年にチェコ・ピルゼン(プルゼニュ)で誕生したピルスナーウルケル。一般的なピルスナースタイルの元祖と言われている歴史あるビールです。ビールマイスターのジョセフ・グロールが世界初の黄金色のピルスナービールを生み出しました。

泡までこだわり抜いたビールで「泡だけを注いだ飲み方(ミルコ)」があるくらい。日本では考えにくいですよね!

私自身も、チェコでピルスナーウルケルを飲んでから大ファンになりました。

ピルスナーウルケル ハラディンカ(Hladinka)
本家チェコの伝統的な注ぎ方であるハラディンカ
ピルスナーウルケル シュニット(Snyt)
グラス上部にわざと1Finger のスペースをあけ、3Finger の泡を注ぐシュニット
ピルスナーウルケル ミルコ(Mliko)
泡を楽しむミルコ

苦味、甘味、香りのバランスが良く、日本で一般的に飲まれているメジャーなビールとは味わいが違うので初めて飲む方は新感覚かもしれません。(どちらのビールが美味しいというわけではなく)

喉ごしやキレを重視したものではなく、香りと味わい、甘みを楽しんでほしいビールなんです。

さすがに、樽生の味わいを自宅で楽しむことは難しいですが、世界で愛されるビールをぜひ自宅でも楽しんでみてください!

東京で樽生のピルスナーウルケルが飲めるお店をマッピング!随時、詳細レポートも追加予定です。

ウルケル缶を自宅で美味しく飲もう!

ピルスナーウルケル公認タップススターが、インスタグラムで美味しい注ぎ方の動画を投稿しています。ジョッキを持っている方は少ないかもしれませんが、注ぎ方の参考にどうぞ。

泡も楽しめるビールなので、缶のまま飲まずにジョッキやグラスに注ぐとよいのかもしれませんね!グラスを氷水で冷やすのも重要なようです。


スポンサードリンク

気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!