【銭函バーベキュー】目の前で炭火焼きに!新鮮な北海の食材をたっぷり堪能しよう!

少し贅沢な食事を楽しみたい日には、銀座にある「銭函バーベキュー」へ。

このお店では、北海の幸を豪快な炭火焼きバーベキューで楽しむことができるのが最大の特徴です!

お店の名前にもなっている小樽市・銭函の「銭函海岸」は、海鮮バーベキューを楽しめる場所として賑わっているそうです。

「銀座にいながら、このスタイルを楽しんでもらう!」というコンセプトでスタートしたお店は、食材はもちろん雰囲気作りまでこだわっていて、満足度は十分だと思います!

※(株)大庄さんにご招待いただきました。

新橋駅から徒歩1分!倉庫をイメージしたお店がすごい!

銭函バーベキュー_1

新橋駅銀座口から徒歩1分のところにあるお店は、その風貌からすぐにわかると思います。店構えにこれだけこだわってるお店って意外と少ないですよね。

ちなみに、営業時間は「15:00~04:00」で、年中無休だそうです。新橋駅から近いこともあり、仕事帰りに使いやすいと思います。

銭函バーベキュー_2

店内は、1階と2階に分かれていまして、各テーブルに炭火が用意されています。基本的には、どのテーブルでも目の前で炭火焼きバーベキューを楽しむことができますよ!

もちろん、内装もしっかりとこだわっているところがさすがですね。

銭函バーベキューのメニューについて!

銭函バーベキュー_3

メニューは海鮮を中心に、魚介の焼き物やジンギスカンなどの肉料理もそろえています。

特に印象的だったのは、ラム肉など一般的には臭みがあるお肉も、鮮度が良いせいか、臭みをほとんど感じず。

北海道の食を本当に堪能できると思います!

銭函バーベキュー_7

3名以上でお店に行くときにおすすめなのが、セットメニュー!コース料理ではないので、人数分注文しなくても大丈夫です。

今回は、「極楽セット(2人前12,000円)」を食べてみましたが、2名の量ではないですね。3名から4名で十分楽しめると思います。

2人前しか来ないものもあります!
焼き牡蠣やご飯、貝汁などは2名分だと2個ずつしか来ませんのでご注意ください。
銭函バーベキュー_6

その他、生牡蠣、刺身、寿司などなど単品メニューもかなり充実していますので、お好みのものを探してみてください!

※英語メニューもあります!

さぁ、宴を楽しもう!

銭函バーベキュー_5

掲載許可をいただいております。

やはり、バーベキューは人数がいたほうが楽しいですよねぇ。いろいろな料理を楽しめますし、おすすめですよ!

さて、料理の前にお酒を紹介しようと思います。北海道限定ビールといえば、サッポロビールから出ている「サッポロクラシック」が有名ですかね?

もちろん、このお店でも飲むことができますよ!あっさりしていて料理の味を活かす爽やかなビールです。

銭函バーベキュー_11
銭函バーベキュー_12

こちらは、網走限定といわれていた日本酒らしく飲む機会が少ない日本酒とのこと。甘みが何とも言えませんね!魚介類との相性もよくお勧めです!

DSC02216

なんと、こだわりのワインまでありますよ!幅広いお酒の種類に、料理が進むこと間違いなしです。

銭函バーベキュー_27

続いて、料理を紹介していきます。まずは、大きな手羽がお通しででてきます。

もはや、これと日本酒だけでも楽しめるのではないかと思ってしまうサイズですよ!男性にはうれしい1品です。

銭函バーベキュー_14

こちらは「極楽セット(2人前)」に入っている焼き物たちです。

この焼き物以外に、焼き牡蠣、海鮮丼、肉などがセットになっていまして、食べごたえ十分!3~4人で、2人分のセットを分けて食べるくらいでもよいかもですね!

銭函バーベキュー_19

いうまでもなく、焼きタラバは最高です!

銭函バーベキュー_18

焼きホタテや野菜もぜひ!

銭函バーベキュー_15

20cm以上あるイカも食べごたえ十分!しかも肉厚!

銭函バーベキュー_21

臭みがなく甘みのあるお肉!

銭函バーベキュー_20

大きなホッケは2人では食べきれない!

銭函バーベキュー_23

焼き物だけでもおなかいっぱいです!

セットのしめで登場するのが身に海鮮丼と貝汁です!なんとも贅沢なしめの料理ですが、2名分の極楽セットだと2つずつしか用意がないので要注意です。

銭函バーベキュー_25
銭函バーベキュー_26

最後に、単品メニューの一部をご紹介します!生ガキ、馬刺し、お刺身・・・!お酒に合う料理がたくさんあるので、いろいろ試してみてください!

銭函バーベキュー_8
銭函バーベキュー_10
銭函バーベキュー_16

銭函バーベキュー、いかがでしたでしょうか?たまには豪快にバーベキューを楽しみましょう!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

「仕事もプライベートも充実させたい!」という想いからTiMEZを運営中。カメラを持って旅に出ることが最高の楽しみ。仕事終わりの時間や、週末をもっと充実させよう・・・!目指すはweekender(週末旅行者)!