靴を持ち歩こう!ティンバーランドの「折りたためるシューズ」がなかなか便利!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

紹介が遅れに遅れ、数年遅れでレビューすることになってしまいました・・・。使ってみると、自分が思っていた以上に役に立つのでご紹介したいと思います。

最大の特徴は言うまでもありませんが「折りたためる!」ということ。

一般的には「折りたためる=強度が低い」というイメージですが、高い強度を誇るナイロン素材を使用することで解決!また、耐久性撥水加工も施されており色々なシーンで使えます。

トレッキングやハイキングの際のセカンドシューズとして開発されたものの、軽くて持ち運びも便利なことからオフィスや出張時、旅行やキャンプのセカンドシューズとしてもいい感じです!

どこへでも持っていきたくなるサイズ感。

ティンバーランド_折りたためる靴11

フックを使えばリュックサックにぶら下げることも可能。27cmの靴が半分に折りたたまれているので、手のひらサイズになります。荷物にならないので、スーツケースに1つ入れておくと便利ですね。

ただ、やはり気になるのは「折りたためるシューズのデメリット」ですよね。

「折り目の部分が弱い」「ジップの部分が壊れやすい」「チープ感」

イメージはいくらでも出てきますが、まずは細かく見ていきたいと思います!

ティンバーランド_折りたためる靴5

がっちりとまっていますが、開く際はスムーズです。そこは、さすがティンバーランドというところでしょうか・・・!

折り目の部分も数年経ちましたが劣化は見られませんね。もちろん、酷使すればもっと傷んでくると思いますが「セカンドシューズ」という位置づけであればそこまで傷めてしまうこともないでしょう。

ティンバーランド_折りたためる靴6

靴を開きっぱなしにすると90度を維持しますが、履いてみると特に違和感はありません。

ティンバーランド_折りたためる靴7

持ち運ぶための靴なので、やはりできるだけ軽く設計されているんでしょう。なので「ものすごいクッション性がある!」というわけではありませんが、セカンドシューズなら十分かと思います。

ティンバーランド_折りたためる靴10

ハードすぎる動きには向かないと思いますが、トレッキングやハイキングに行った際のセカンドシューズとして開発されているので、きっちり作られているという感じですね!

ティンバーランド_折りたためる靴9

靴ひもも、靴を収納する際に「靴ひもが邪魔になってしまいにくい!」ということがないような設計になっています。これは嬉しいポイント。

また、壊れやすいとされているジップの部分もしっかりしていると思います。

ティンバーランド_折りたためる靴8

正面から見た様子。

しいて言えば、靴ひもが細いのでギュッと締めると「締め付けられてる感」を感じますが、そこはしょうがないですね。

ティンバーランド_折りたためる靴3

外側

ジップのつまみが床についてしまっているので、この部分も汚れそうです。オレンジのつまみをとってしまうのもありかも。

ティンバーランド_折りたためる靴2

内側

現状、ティンバーランド公式では在庫なしという状態になっています。(数年前の商品のため)

ただ、気になる方は楽天やAmazonで探してみるのもよいかもしれませんね。店舗などでもし発見したら、ぜひお試しください!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!