5000円以下で買える軽くて使いやすい完全ワイヤレスイヤホンがとってもいい感じ。

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

普段の通勤から旅の移動時など、1つ持っているととっても便利なワイヤレスイヤホンですが、Amazonや楽天で検索すると山ほどヒットして、結局どれがいいかよくわからないですよね。

今回、どうしても1つイヤホンが欲しかったので「安くて、軽くて、使いやすい」を切り口に色々検索したところ「EnacFire製 Bluetooth イヤホン」にたどり着いたのでご紹介したいと思います。

音が途切れることもなく非常に快適で、耳へのフィット感もいい感じ。今では、通勤の時間でヒアリング(英語)の勉強もスムーズに出来ています。

▼商品ページを見る

軽くて小さい。

EnacFire製 Bluetooth イヤホン

ワイヤレスイヤホンの場合、イヤホンそのものの充電が必要となります。

特に、完全にワイヤレス(ワイヤー部分が一切ない)なイヤホンの場合は、イヤホンケースが充電バッテリーとなり、ケースにしまっておくことでイヤホンが勝手に充電されるという商品がほとんどです。

一気に広がったのは、やはり「Apple AirPods」でしょうかね!約18,000円くらいしますが、予算に余裕があれば価格を上げれば上げるほどイヤホンとしての性能は上がっていきます。

ご予算に合わせてどうぞ。

EnacFire製 Bluetooth イヤホン_2

どうやって持ったら「軽さ」「小ささ」が伝わるか考えましたが、限界です・・・。

ケースは手のひらサイズでとっても軽く、届いた箱から本体を取り出した時にその軽さに驚きました。逆に軽すぎてちょっと玩具っぽさも感じましたが、軽いことに越したことはありません!

ポケットに入れておくとちょっと目立ちますが、バッグに入れておく分には邪魔になることもなくいいサイズ感だと思います。

耳へのフィット感が良い。

EnacFire製 Bluetooth イヤホン_5

実は、私はイヤホンとの相性が本当に悪くて、iPhoneを購入すると付いてくる一般的なイヤホンの形だと、歩いているだけですぐに落ちてしまうんです。それもあってヘッドホンなどを試していたんですが、夏は暑いし荷物にはなるし。

このイヤホンは、耳にグッと押し込む力だけで固定されているのではなく、耳の軟骨のところにいい具合にハマるというか。結果、とっても安定していて使い勝手が良いです。

重さは、約4gということで耳への負担も感じていません。

完全ワイヤレスイヤホンの魅力

EnacFire製 Bluetooth イヤホン_8

「ワイヤレスより有線の方が安定しているでしょ!」という時代はもう終わってしまったのでしょうか。

EnacFire製 Bluetooth イヤホン」は「Bluetooth 5.0」に対応しており、1つ前のバージョン「Bluetooth 4.2」にくらべ「通信速度が2倍、通信範囲が4倍」になっているそうです。結果、高速で途切れのない状態を維持できるんだとか。

音源となるスマホとのワイヤレス。

左右のイヤホン同士がワイヤレス。

接点が減れば減るほど、ストレスフリーになってきます。「コードが引っかかってちょっと邪魔・・・」ということもなくなりました。

イヤホンにボタンがついていますので、音楽の再生・停止、電話の受話・終話(2階連続でボタンを押すと拒否)が可能です。

しいて言えば「音楽を1つ前に戻す」という動作ができません。ただ私の場合、電話以外でイヤホンを操作することはないので、なにも問題もはありませんでした。

基本的な使い方

EnacFire製 Bluetooth イヤホン_3

このイヤホンは、イヤホンケースに入れておくだけで充電できますが、もちろんイヤホンケースそのものの充電も必要です。バッテリー残量は4つのLEDランプで表示してくれますので、少なくなってきたら付属のUSBケーブルで充電しましょう。(マイクロUSBです)

※付属品:イヤホンケース、イヤホン本体、イヤーピース(サイズ別)、USB充電ケーブル

イヤホンそのものの充電時間は「1.5時間」と短く、連続再生時間は2~3時間程度。大体5回くらいは充電できるようなので、不便なことはありません。正直、イヤホンを3時間以上しているシーンは意外と特殊だったりしません?耳も痛くなるし。利用用途については、自分のライフスタイルをぜひ確認してみてください。

Bluetoothの通信距離は約10mということで、かなり離れていても音がイヤホンから聞こえてくるのがすごいですね。用途によってはかなり活躍できる製品ではないでしょうか。

EnacFire製 Bluetooth イヤホン_4

充電口とは時着でくっつく仕組みになっているので、蓋があいてしまったとしてもイヤホンが出てきてしまうということはありません。

ちなみに、左右独立型となっており「右イヤホン(メイン)」「左イヤホン(サブ)」となっています。メインのイヤホン(R)を取り出すと自動的に電源がオンになります。

初めは、電源オンの状態で「ペアリング(E19と表記されます)」を行う必要がありますが、2度目からはケースからイヤホンを取り出すだけで最後にペアリングした端末に自動的に繋がるようになります。これは便利。

イヤホンそのものにR・Lの標記はありますが、耳につけると音声が流れますので間違えることはないと思います。

まとめ

普段使いで使いやすく、耳へのフィット感、低音感、など価格に対して満足度が高いイヤホンだと思います。

5000円前後のイヤホンは山ほどありますし、1000円、2000円、3000円・・・と追加していくだけで、色々な機能が追加されていきます。

金額を上げればイヤホンそのもののレベルも上がっていきます。ただ、価格を抑えたいという中で、ただ安い商品を選ぶよりはこのイヤホンという選択肢は正解だったと思っています。

ご参考になれば幸いです!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!