スマホのカメラをもっと楽しく!AUKEY(オーキー)のレンズキットの使い方と作例をご紹介!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

むねさだブログ」でAUKEY(オーキー)のスマホ用レンズキットのレビューを読んだので、サクッと買ってみました。

私が使った感想を端的にまとめると「低価格で今までよりもスマホのカメラを楽しめそう!」という感じです。

最大の魅力は、スマホでマクロ撮影ができるという部分ですね!ずっとマクロ撮影に憧れていたので、スマホでサクッと撮れるのであれば試してみる価値はあるかなと思った次第です。

それでは、低価格でスマホのカメラをもっと楽しめるAUKEY(オーキー)のスマホ用レンズキットをご紹介します!

購入前にブランドをチェック!
スマホ用のレンズは、色々なブランドから山ほど販売されています!気になるレンズは片っ端から情報収集してみましょう。

スポンサーリンク

レンズをスマホにつけてみよう

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_1

Amazonで調べた際に、1400円程度で翌日届くスケジュールだったので、本当にサクッと購入してしまいました・・・。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_2

iPhoneシリーズをはじめ、厚み13mm以下の市販のAndroidスマートフォン、タプレットにも対応しているそうです!

ケース付きだとやはり便利ですよねぇ。ケースは、クリップでバックパックなどにもつけられるので持ち運びも楽ちん。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_3

まずは、レンズをクリップに装着します。くるくるっと回してつけるだけなのでとっても簡単です。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_4

あとは、スマホやタブレットのカメラの部分にクリップを取り付けるのみ!

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_5

このときの注意点ですが、カメラのレンズがど真ん中に来るように取り付けてください。厳密ではなくても大丈夫ですが、クリップの縁がカメラの中に映ってしまうことがあるので気を付けましょう。

では、さっそく撮影に!

まずは気になっていたマクロレンズで撮影!

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_7

150°広角レンズ(wide angle lens)は、マクロレンズとセットで使う仕様なので、広角レンズ部分をとってしまいましょう。

マクロレンズの撮影のコツは、被写体と1~2.5cmの距離を保った状態で撮影すること!被写体から遠すぎると全くピントが合いません。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_18-1

まずは、よくコンクリートの道路から顔を出している、小さい黄色い花を撮影。見たことある方も多いと思うので、その小ささはよくわかると思います!

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_21

これくらいで撮れます!ちょっと雰囲気を出すために「Snapseed」というアプリで、花以外の部分を黒くしてみました。

使ってて思ったのですが、aukeyとsnapseedがあれば本当に色々な写真を楽しめるんですよねぇ。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_22

もっと被写体を大きく撮影もできますが、被写体との距離が1~2.5cmなので微調整が難しい!近づきすぎてもダメ!離れすぎてもダメ!

ここは練習あるのみです。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_11

しかしながら、この質感とかすごくないですか?これだからマクロの世界は楽しいんですよねぇ。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_18

たんぽぽ

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_16

葉っぱ

「もしかして、マクロで動画も撮れるのかな・・・!」と思い、実際に試してみました。

手で持って撮影すると、一定の距離を保つのが難しくピントがブレブレですね・・・。ただ、これってちょっと面白い動画が撮れるんじゃないかという兆しを感じています!

198°魚眼レンズはちょっと扱いが難しい!

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_13

「カメラを下において、みんなで手をつないでカメラを囲おう!」みたいな写真が撮れるようです。今日は私しかいなかったので、セルフタイマーでを使ってこんな写真を撮ってみました。

150°広角レンズはシンプルに使いやすい!

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_6

マクロレンズに広角レンズを重ねて使います。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_14

通常撮影がこちら。

AUKEY スマホ レンズキット 3in1_15

広角レンズを使うとこんな感じ。映ってる範囲が明らかに広がっているのがわかると思います!

複数人で自撮りする際にはかなり役に立ちそう。

価格も安いので、気になる方はお試しで購入してもよいのかなぁと思います!私は、とりあえずマクロの撮影を楽しみたいと思います!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!