ジャテツ観光の醍醐味はビールを楽しむこと!ホテルやレストランと合わせて街の魅力をまとめました

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

初めてのチェコ旅行で訪れた最初の町「Zatec(ジャテツ)」では、年に1回開催されるビール祭りの真っただ中!ビールとホップの聖地とも呼ばれるこの町で開催されるビール祭りは、ビール好きには絶対に外せないお祭りの1つです。

ただ、注目すべきはこの町の歴史。ホップ農場や乾燥場に覆われた街並みは、ボヘミア地方で最も保存状態良い王家の町でもあります。

ビールを楽しむ旅、フォトジェニックな旅。この小さな町で、まずはビールの歴史を知りながらのんびり過ごしましょう!

ジャテツを観光した様子をまとめました。

ジャテツを知る。

zatec town

チェコと言えば、なんといってもビール。昼間にカフェに入ってコーヒーを飲むようにビールを飲むくらい、ライフスタイルにビールが根付いている国なんです。

ジャテツは、ビールの原料でもあるホップの世界でも有数の産地。ホップ農場や大型のホップ乾燥場に囲まれたこの地域で採れるザーツホップ(ジャテツ)は、最高級のホップとして世界中に輸出されています。ちなみに、日本の大手ビールメーカーも採用するホップでもあるんです!

「ビールとホップの聖地」

ジャテツは、このように呼ばれています。

ジャテツ市庁舎

市庁舎から見るジャテツの街並み。

また、初めにも書きましたが、ジャテツはボヘミア地方で最古の最も保存状態良い王家の町です。市庁舎の上から見ると、オレンジ色の屋根が続いているのがわかりますよね。壁の色もパステルカラーでいい感じ。

昔ながらの街並みが残っていることもあり、フォトジェニックな場所も多く存在するジャテツ。農地をのぞけば小さな町なので、半日もあればこの街並みを楽しめると思いますよ!

ジャテツの街並み_2

私が行った時には雨が降っていたので綺麗な空は見ることはできませんでしたが、晴れた時のジャテツの街並みは美しいこと間違いなしでしょう。

ジャテツへの行き方

ジャテツバスターミナル

ジャテツで一番大きなバスターミナル

ジャテツへは、プラハ国際空港またはプラハ市内から向かう場合には「Zlicin(ズリーチーン)」というメトロB線の駅からバスが出ています。このバスでジャテツまで行けるので、乗り換えもなく安心だと思います。

プラハ市内だと、メインバスターミナル「Florenc(フロレンツ)」からバスに乗り途中で別のバスに乗り換えなくてはいけません。移動時間もそこまで変わらないので、プラハ市内からもZlicinを経由するのがお勧めですよ!

また、プラハ国際空港から行く場合には車(タクシーなど)という選択肢もあります。タクシーであれば1時間程度、バスだと約2時間かかりますのでお金で時間を買うことも可能です・・・!

チェコ国内の移動については「IDOS」という乗換アプリがとっても便利なので、事前にチェックを。IDOSの使い方や、その他チェコ旅行に役に立つアプリを紹介していますので合わせて読んでみてください。

ちなみに、バスは運転手からチケットを購入します。高額紙幣というか紙幣そのものでチケットを購入できないことがほとんどなので、必ず小銭をもっていってください!

チェコ旅行でおすすめの4つの無料アプリをご紹介します!

2018.10.08

※チェコでのメトロやトラムの乗り方については別でまとめようと思います。

コンビニやスーパーマーケットについて

zatec_12

メインの広場の近くには「dm」というドラッグストアと「LiDL」という大きめのスーパーマーケットがありますので、何かあったらほとんどのものがそろうと思います。

チェコでは、ホテルでのアメニティが少ないケースが多く、特にシャンプーや歯ブラシがないことは普通にあります。

事前に場所をチェックしておくと便利です!私が宿泊したホテルから徒歩圏内10分圏内に2店舗ほど入っていたので便利だったと思います!

▼私が宿泊したメイン広場にあるホテルからの道のりになります

年に1回開催されるビール祭りは見もの!

ジャテツビール祭り

ジャテツでは、ジャテツの一大イベントであり、チェコで最も伝統あるホップとビールの祭典「ドチェスナー(収穫祭)」が開催されます。

20ヵ所の醸造所が作る40種類を超えるビールが楽しめるこのビール祭りでは、エンターテイメントも充実しておりチェコの方はご家族で参加されているグループも多く見ました。

ビール片手に、また次のクラフトビールを求めてお店をめぐる。こんな最高なお祭りはめったにありませんよ!しかも、現地の方々は本当に陽気でカメラを向けるたびに写真を撮らせてくれました。笑

ジャテツビール祭り

お気に入りのビールを見つける楽しさ・・・!

もし本気ですべてのビールを飲もうと思うと、1日では絶対に足りません!お祭りの前日にジャテツに入り、2泊してビールの祭典を楽しむのがお勧めですね!

時期が合うようでしたら、ぜひチャレンジしてほしい祭りの1つだと思います。

ジャテツのビール祭り詳細はこちら!

ビールとホップの聖地「ジャテツ」で開催されるビールフェスティバルへ!

2018.09.15

チェコ料理を堪能しよう!

ジャテツビアバー_7

ビールとホップの聖地で、ビールを飲みながらチェコ料理を楽しみましょう!

チェコには海がないので、魚よりも肉料理がメインになります。その中でも「タルタルステーキ」は絶品!生肉が大丈夫な方は、ぜひ食べてほしい1品ですね。お店によって味付けが違うので、お気に入りのお店を見つけてみてください!

ジャテツビアバー_2

ジャテツでは、現地ガイドが紹介してくれた人気レストラン「Pivovar U Orloje(ピボバ ウ オルロイェ)」に行ってみました。レストランの様子や注文した料理、チェコ料理の食べ方などもレポートしていますので、ぜひ読んでみてください!

人生初のチェコ料理をジャテツで!ガイドおすすめのレストランで食べ方を教わる。

2018.09.16

色の違う2つの博物館でビールを知る!

ホモルプル博物館_7

ジャテツの観光スポットである2つの博物館をご紹介します。

1つ目は、ホモ・ルプルスに捧げられた博物館「ホモ・ルプル博物館」です。私たち人類は「ホモ・サピエンス」に属しますが、この博物館にはルプリン(ビールの成分)が大好きな「ホモ・ルプルス」という種族の博物館なんです。

彼らの歴史を中心に、色々な展示物を見ることができるのが特徴ですね。

ホップとビールの聖地ジャテツにあるホモ・ルプル博物館。その正体は伝統を伝えるユニークな博物館だった!

2018.09.27
Zatec Hops museum_2

「ホモ・ルプル博物館」はユニークな博物館で、こちらの「ホップ博物館」はまじめにホップの歴史を学べる博物館になります。両方まわると面白いかもしれませんね!

ジャテツでのホップの歴史や耕具がそのまま展示されており、この種の博物館としては世界最大規模だそうです。もともとホップの加工場だった建物を使用しており、歴史を感じることができると思います。

ジャテツ観光でホップの歴史を知るとビールがもっとうまくなる。

2018.10.06

ジャテツで最も豪華だった歴史的ホテル

HOTEL ZLATY ANDEL
今回ジャテツで泊まったホテル「Zlaty Andel(ズラティ アンデル)」は、なんと最も豪華だった歴史的ホテルだったんです!

私が泊った際には、オープンしたばかりだったということで、チェコ語のページしかなくどうしてもWEBで情報を調べることができず・・・。後でちゃんと調べたら、歴史的にもとっても重要な建物だったんです。

綺麗なホテルはほかにもあるのですが、記事を読んでもし興味を持ったらぜひ選択肢に入れてくれると嬉しいです!

ちなみに、ジャテツ観光は1泊2日あれば十分可能です。ただ、前段でも書いた通りお祭りの後は大掃除が入るので、街並みも楽しみたいのであれば祭りの前日入りが必須ですね。

※ジャテツのホテルの相場は、ランクにもよりますが4000~6000円/泊もあれば、2名1部屋で十分きれいなところに泊まれます。

ジャテツで最も豪華だった歴史的ホテルを拠点に街散策(ビール祭りも目の前で開催)

2018.09.22

まとめ

ジャテツビール祭り_2
ビール好きな方は、ビール祭りのタイミングに合わせて立ち寄るのがお勧めですね!

また、プラハから比較的簡単に行けるエリアなので、王家の街並みを散策してみたり、世界でも有数のホップの生産地であるこの土地の歴史に触れてみるのも楽しいと思います!

ビールと自然を堪能する旅は続きます!

Czech TiMEZ
今回のチェコの旅は、チェコ最大の都市プラハだけではなく「地方都市」をテーマにビールと大自然をレポート。

今回は「Day1」ということで、最初に訪れた町「ジャテツ(Zatec)」のレビューをまとめていました!次に目指すのは、小さなブルワリーと大自然に囲まれた町「ジェチーン(Decin)」です!

更新は、TwitterFacebookでも行っていますので、フォローしてくれると嬉しいです!

▼Special Thanks!!
今回の旅は、旅費宿泊費の一部をチェコ政府観光局にサポートいただいております。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!