特急スペーシアで快適移動!予約方法や個室のある列車など調べてみた。

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

仕事の兼ね合いで東武浅草駅から特急スペーシアを使い鬼怒川方面に行ってきました。初めて乗った列車だったのでわからないことも多かったので、調べた内容や社内の様子などをレポートしたいと思います!

実は、スペーシアには「けごん」「きぬ」「スペーシアきぬがわ」「スペーシア日光」と4種類もあり、正直混乱するばかりでしたよ・・・。

ご参考になれば幸いです!

東武特急のあれこれ。

スペーシア

特急スペーシア

今回私が乗ったのは、こちらの特急スペーシア。

特急スペーシアにも、日光線・東武日光駅発着の「けごん」、鬼怒川線・鬼怒川温泉駅発着の「きぬ」が運行しています。

また、車内に無料Wi-Fi環境を整備し、各座席にコンセントを設置した「特急リバティ」、私が子どもの時に見たことがあるThe特急列車のイメージである「特急りょうもう」などがあります。

さらに、JR線直通特急というのも走っていまして、JR新宿駅と東武日光駅・鬼怒川温泉駅間を結ぶ「スペーシアきぬがわ」「スペーシア日光」が運航しています。

東武浅草駅からは4本、JR新宿駅からは2本の特急列車を運行している東武鉄道。基本的には、終点の駅や途中の停車駅が違うようですね。

車内設備の部分に少し違いがあるので、もし気になるようであれば事前に確認しておきましょう!ちなみに、個室があるのはスペーシアのみなのでご注意ください!

しかしながら、調べてみたらよりややこしくなってしまいましたね・・・。

チケット購入時には、窓口や駅員に声をかければすぐに購入できますので、難しいことはありませんのでご安心を。

チケットの買い方について

東武鉄道公式ページにて、WEBで購入・予約することができますので便利です。駅や旅行代理店・電話でも購入できるそうなのでお好みの方法でどうぞ。

また「午後割・夜割」料金というものがありまして、一部の列車が少し安い料金で利用することができます。あせてチェックを!

※特急列車に乗るには、特急料金が別途発生します。

特急スペーシアに乗って栃木県へ!

東武浅草駅

上の写真は、東武浅草駅の写真です。特急券売場は、エスカレーターを上がらずに右側にありますのでご注意を。

WEBで購入しておけば楽なので、事前購入をお勧めします!

スペーシア_車内3

さて、車内はかなりゆったりしたシートが広がっているのでとってものんびりできると思います。新幹線よりも居心地がよかったなぁ。

6号車は個室のみになっていまして、ファミリーやグループで使うこともできそうです。

▼特急スペーシア 個室料金(1室)

  • 平日 3,090円
  • 土休日 3,700円

▼JR線直通特急 個室料金(1室)

  • JR線内 3,090円
  • JR線+東武線 6,180円

※2018年12月現在の情報になります
※個室料金は、JR線内では「グリーン個室料金」となります。

スペーシア_車内4

この横から出てくるテーブルが本当に懐かしい。比較的大きめのテーブルなので、使い勝手が良かったです。

私は、荷物は自分の近くに置いておきたい派なのでリュックを足元に置くことが多いのですが、スペーシアだと足置きがある分、微妙なスペースに・・・。

もちろん、持ち物を棚に載せてしまえば全く問題ありませんでした。

※通路側の席は、座席の腕置きの部分から出す感じなので少し小さくなります。

スペーシア_車内2

2018年の買い物の中で一番重宝している「Surface Go」。

このサイズ感が本当にいい感じ。このサイズで作業しちゃうと、普通のパソコンが本当に大きくて重く感じちゃいますね。

旅先や外出時の作業はこれ1台で完結してしまっているので、お勧めしたい1品です。

スペーシア_車内

テーブルをしまえば、こんなにすっきり。個室を借りなくても十分のんびりできたなぁ。

スペーシアには、電源がないのでそこだけは注意したいところ。

それにしても、最近ブロガーが旅することが多くなっていますが、企画とかだれが考えてるんだろ。全部丸投げしてくれたら、こっちで企画してあげるのに。笑

そういったご相談お待ちしております!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!