半日で楽しむ竹富島観光!サイクリングで有名スポットを独り占めしよう!

石垣島に行ったら、ぜひ楽しんでほしいのが離島めぐりです。この日は、朝一のフェリーに乗り竹富島に上陸しまして、レンタサイクルでグルっと観光してきましたよ!

竹富島のレンタサイクル屋さんにお話を聞いたところ「10時~11時にはどこも混雑するから朝一が絶対にお勧め!」とのこと。

実は、この日はレンタサイクル一番乗り・・・!ということで、人気のコンドイビーチを独り占めしたり、写真も撮り放題で半日の観光を満喫してきました!

さぁ、人気観光スポットを独り占めしに行きましょう!

7時30分 竹富島へ向けて出港!

石垣島から竹富島へ

石垣港離島ターミナルからフェリーで竹富島に向かいます。

フェリーのチケットはターミナル内の安栄観光と八重山観光から購入が可能ですが、今回は石垣空港で利用した東運輸のバスと安栄観光がキャッシュバックキャンペーンをやっていたので、安栄観光でチケットを購入することに。

バスのキャッシュバックについては、下記の記事をご参考にどうぞ。

石垣島をバスで!石垣空港から繁華街・有名観光スポットまでバスでまわってみた感想まとめ

2019.08.23
石垣島から竹富島へ_2 石垣島から竹富島へ_3

竹富島行きのフェリーは、7:30が始発。今回は、このフェリーに乗って竹富島の観光スポットを独り占めしたいと思います!

ただ、注意点があります。

フェリーのチケットを購入する際に窓口の方に言われたんですが「竹富島の施設はまだあいていませんが大丈夫ですか?」とのこと。

そう、レンタサイクルのお店もまだ空いていないんです!

通常は、竹富港にレンタサイクル屋さんの送迎車がずらりと並び、島内の各お店に連れて行ってくれるんですよ。残念ながら、この時間だと徒歩で島内のレンタサイクル店まで行くことになります。

それでも、自転車をいち早く借りて、誰もいない青い海を堪能したいじゃないですか・・・!

目指すは、人がいないコンドイビーチです!

▼フェリーの時刻表は公式ページをどうぞ

【石垣港離島ターミナルからの詳細レポートはこちら!】

coming soon

7:45 竹富港から友利観光を目指します!

竹富島散策

7:45 にはフェリーで島に上陸できますので、歩いてレンタサイクル屋を目指しても 8:00 頃には到着することができます。

石垣島発のフェリーは、7:30発の次は 8:00発ですので、竹富港まで車のお迎えがあるにせよ次の船を待つよりも断然早くサイクリングをスタートさせることができるんですよ!

まぁ、ここまでするかっていう話もありますが。

再掲します。

人のいないコンドイビーチを楽しみたかったんです!

竹富島散策_2

竹富港から友利観光のある町の中心までは、1本道で徒歩15分程度。

町までは、特にこれと言って景色は変わりませんが、大自然が広がる景色が珍しい私にとって、これだけでもわくわく感が止まりません。

途中、ヤギや牛が普通にいて驚いたり、大きく広がる空を眺めたり。本当に気持ちが良い。

竹富島散策_3

街の中に入ると、沖縄っぽいというか、竹富っぽいっていうか、イメージ通りの情緒ある街並みが本当に素敵です。

この時間は本当に何も稼働していないようで、町は静か。

この時間なら、お気に入りの景色を背景に写真も撮り放題です・・・!

8:00 友利観光でレンタサイクル!

友利観光でレンタサイクル

8時オープンの友利観光に到着!「・・・え?!」って感じで驚かれましたが、すぐに自転車をレンタルさせてくれました。笑

もちろん、1番乗りです!

友利観光のレンタサイクル料金は、1時間300円。5時間以上利用する場合には、当日返却必須で最大1500円でレンタルすることができます。(11月~3月は、追加料金は30分150円)

公式ページにて、当日使える10%OFFクーポンや竹富島に宿泊している方のためのクーポンなどもありますので、事前にチェックしておきましょう。

友利観光でレンタサイクル_5

赤いルートが定番コースで、1時間~1.5時間くらいで竹富の街並みを観光しつつ「コンドイビーチ」「カイジ浜」「西桟橋」をまわることができます。

ちなみに、竹富島といえば「水牛車」に乗って街案内をしてもらうのも定番コースなんですが、当日の予約を受け付けていないことが多く事前予約が必須のようです。

もし、水牛車に乗りたい場合にはお気を付けください!

※季節にもよると思います

友利観光でレンタサイクル_4

さて、書類まわりを済ませ自転車をお借りします。自転車には鍵がついていないので、自転車の後ろの部分の写真を撮っておくのがお勧め!

似たような自転車が多いので、他の人の自転車をもって行かないように注意しましょうね。

ちなみに、

友利観光でレンタサイクル_2

移転したそうなので、MAPが古いと違う方に案内されることがあります。竹富港方面からくると、情緒あふれすぎる郵便局がありますのでそこを左折してください。

友利観光でレンタサイクル_5

ドリンクを購入して、サイクリングスタートです!

8:35 念願のコンドイビーチ到着!

コンドイビーチ_1

はい、念願の人っ子ひとりいないコンドイビーチです!

天気も良く、海が青い!もはや、何も語ることはないでしょう。

透明度も抜群で、泳ぐ魚をすぐに見つけられると思います。

コンドイビーチ_2 コンドイビーチ

滞在時間は約1時間。

人がいない間に写真を撮りまくり、増えてきたら海水浴を楽しみます。これだけ透明度の高い海だと、泳がなくてもこの青い世界にを堪能することができることでしょう!

コンドイキャット

竹富の猫は、だいたい寝ていました。一緒にのんびりして、ゆったりとした時間を堪能させてもらいましたよ。

コンドイビーチ_3

9時半ころには、観光客の姿が増えてきたので場所を変えることに!

コンドイビーチについては詳細レポートを書く予定です!画像の整理ができ次第、続きを書こうと思います。

【コンドイビーチの詳細レポートはこちら】

coming soon

9:40 星の砂で有名なカイジ浜

カイジ浜 カイジ浜_2

ここから見る海も最高にきれいだったんですが、コンドイビーチを見てしまったら・・・!

泳ぐことはできませんが、砂浜でのんびり過ごすことが可能です。星の砂を探すこともなく、木につるされたブランコでぶらぶらしながら楽しみました。笑

サイクリングって意外に疲れるんですよねぇ。そして、なんといって沖縄の気候ですし、水分とって休憩しながら進んでいきましょうね。

【カイジ浜の詳細レポートはこちら】

coming soon

10:10 海に伸びる西桟橋

竹富島 西桟橋

小浜島と西表島の方に伸びる西桟橋。ここも人が増える前に来たかったんですが、今ぢびーちを選んでしまったから致し方ないですね。

先っちょまで行くと、海の中に桟橋が伸びているように見えて面白かったです。

桟橋の上からでも魚を見つけることができる透明度!これは本当に最高だったなぁ。

【西桟橋の詳細レポートはこちら!】

coming soon

10:30 人気店「そば処 竹乃子」でランチ

竹富島 竹乃子 竹富島 竹乃子_そーきそば

必ずと言っていいほど列ができる人気店「竹乃子」でランチ。オープンの5分前くらいにお店に着いたのですが、それでも前に1組並んでいましたよ!

別スペースが設けられているくらい人が並ぶので、早めのランチでもよければオープン少し前にはお店に来るようにしましょう。

この画像を見るたびに、ソーキそばが食べたくなってしまう・・・。お肉たっぷりで、スープまで美味しくいただきました!

【竹乃子の詳細レポートはこちら!】

coming soon

11:20 友利観光に戻り、バスで竹富港へ!

島アイスキャンディー

友利観光では、竹富港のフェリーに合わせて無料送迎を行っています!

自転車を返して、おばぁちゃんが美味しいよって言っていた島アイスキャンディーをたベてバスを待ちました。

この時間帯もまた観光客がたくさん来るようで、竹富港から着た送迎バスは満席。のんびりアイスを食べながら、友利観光を後にしました。

11:45 竹富島出港

竹富港出港

12時には石垣島に戻れるので、午前中をフルに使って竹富島を楽しんできました!

午後からは、石垣島内の観光スポットと美味しいご飯を探しに行きます・・・!

まとめ

竹富島を半日遊んでみた感想としては、主要観光スポットを3つをまわり、ランチも食べられたので十分楽しめたと思います。

コンドイビーチの滞在時間が一番長く、約1時間。

カイジ浜と西桟橋は、約30分程度です。

竹乃子は人気店ですが、回転が速いので「のんびり待ってもよいよ!」ということであれば、各スポットの滞在時間を延ばして、最後にのんびりランチを食べて帰ってくるのもありですね!

水牛車ツアーやコンドイビーチでもっと泳ぎたい!となると、もっと時間が必要になりますので、ご注意を。

竹富島と石垣島を結ぶフェリーは本数も多いので、思い残すことなく楽しんでくださいね!

今回は、午後は石垣島の観光スポットに行く予定だったので、短時間でギュッと島を楽しんでみました。

今後詳細レビューも更新していきますのでお付き合いいただければと思います!

石垣島週末旅行
3泊4日週末石垣旅行の旅!

LCCを使って、週末に石垣島へ。飛行機の兼ね合いで丸1日遊べたのは2日間のみでしたが、充実した週末旅行ができたと思います!

旅のレポートを随時更新していますので、ぜひ読んでください。

週末旅行で石垣島へ!レンタカーなしで島を満喫してきた旅のすべてをレポートします!

2019.08.09

スポンサードリンク