六本木バイカル|東京で食べられる現地シェフが作るロシアの家庭料理が綺麗で美味しくて驚いた!

ロシア料理が急に気になってしまいどうしようもなかったので、「六本木バイカル」というロシア料理のお店に行ってきました。

このお店は、現地シェフによる本格的ながらも家庭的なロシア料理と、スタッフもロシア人ということで身近でロシアを体感するには十分すぎるお店です。さらに、六本木駅や東京ミッドタウンから近く、立地条件も良いのでサクッと行けるのも嬉しいポイントですね。

率直な感想としては、料理が美味しい上に綺麗!

初のロシア料理は満足度の高い結果となりました。

飲み会?食事会?

六本木バイカル_14

はじめのロシア料理。

感覚としては「食事会をするのに最高」という印象を受けました。

1品1品が完成されているというか作りこまれているというか「食事を楽しむ!」という気持ちでお店に行くと、とっても楽しめると思います。

記事のタイトルにも書きましたが、料理自体が美味しい上に「綺麗」なんですよ。お酒飲んじゃうとそういうところを楽しめなかったりするので、食事会を楽しんでもらえたらいいなと思っています!

私はお酒と一緒に何かつまむものが欲しいタイプなんですが、料理に対してどのお酒を選ぶか考えた時に、何を頼んでいいかわからなくなってしまい最終的にビールに落ち着きました。

飲み会だったら、きっとウォッカをショットで飲むのでしょう・・・!その時って、みんな何食べてるのか聞いて来ればよかったな。

ロシアの雰囲気漂う店内へ!

六本木バイカル_1

六本木という立地でありながら、飲み屋やバーとは一線を引くロシア料理のお店。お店に着いた時には何名かお客さんがいましたが、ご飯メインでお酒をゆっくり飲んでいるようでしたね!

基本的にはテーブル席で、4人以上のグループでも予約が可能です。

また、予約時に「メインディッシュは、調理に時間がかかるから先に教えてほしい」と言われるので、その際にはいくつか先に注文しておくと便利です!

六本木バイカル_2

ロシアの陶芸品が飾られていたり、木を基調にした店内はとっても良い雰囲気でしたよ。

ロシア料理を楽しもう!

※価格参考:2019年3月現在ぐるなびより。表示価格はすべて税込(8%)の価格です。

六本木バイカル_3

注文したロシア料理をご紹介します!

まずは、前菜から「赤かぶ、ニシン、ポテトのミルフィーユ(950円)」を注文。1品目からこのビジュアルだったので、撮影したい欲をかき立てられます。

六本木バイカル_4
六本木バイカル_5

これで1/4くらい

味は思っていたよりもあっさりしていて、もちろん3層を一緒に食べるのがお勧め。ミルフィーユのいいところは、均等にまぜなくても3種類の味わいをしっかりを感じることができるということでしょうかね!

一番下の層が千切りのポテトになっていて、食感が残っていて良かったです。

サイズ的には、2名で1皿あれば十分だと思います。

六本木バイカル_6

シンプルなサラダがお好みな方は「サーモン、イクラ、野菜のサラダ(1,050円)」をどうぞ。

六本木バイカル_7 六本木バイカル_8

日本でも知名度の高い「ボルシチ(1,300円 ハーフサイズあり)」は、野菜がたっぷりでまさに「食べるスープ」といったところ。ワインなどと合わせてもよいと思います!

サワークリームは初めに混ぜてしまってもよいですし、途中で味の変化を楽しみたい方は崩さずにとっておきましょう。

本場のボルシチ。美味しすぎます。

しかしながら、日本には「本場の○○料理」という冠のついたお店は山ほどあると思いますが、本場すぎてしまうと日本人うけしないケースもあり、実は日本人に食べやすいようにカスタマイズしてくれているお店が多々あります。

バイカルは「ロシアの家庭料理をそのまま再現していてお勧めだよ!」という声もあり、ロシア料理を食べるならお勧めのお店とのことですよ!

東京にいながら、本場の味を楽しみましょう。

六本木バイカル_9

スープのお供に自家製黒パンもお勧め。一緒についてくるワサビ入りのサワークリームをぬって食べるのがとっても斬新でした。

また、パン類ということで「ピロシキ」もお勧めなんですが、撮影し忘れたので種類だけご紹介しておきます。

▼ピロシキの種類

  • 牛レバー
  • キャベツ
  • サーモン
  • ベラシ(揚げピロシキ)
六本木バイカル_11 六本木バイカル_10

メインディッシュからは「スペアリブ(1,300円)」と「ビーフストロガノフ(1,500円)」を注文!

スペアリブは、もう見たままの肉の塊ですので肉好きな方には間違いなくお勧め。脂っこくなくて、肉々しい食べ応えのある1品でした。

次は、日本でも知名度の高いビーフストロガノフ。

ホテルやレストランなどで提供されているメニューの多くは「フォンドヴォー」や「デミグラスソース」で味付けをしサワークリームで仕上げることが多いようで、ビーフシチューのような色になるとのこと。

確かに、私も白色の料理だとは思っていませんでした・・・!

本来の味付けでは、サワークリームが主体となっているため白っぽい色になるんだとか。このビーフストロガノフ、美味しすぎて本当に驚きますよ!

サイズ的には、ビーフストロガノフだけでお腹いっぱいになることはないので、パンやピロシキなどと一緒に注文するとよいと思います。

六本木バイカル_12 六本木バイカル_13

最後にデザートから「チーズのパンケーキ包みサワークリーム添え(1,250円)」と「くるみ・プラム入りチョコレート(750円)」です。

チーズのパンケーキ包みは、甘さ控えめで中に入っているチーズが味にも食感にもちょうど良いアクセントになっています。これは好きだなー!

チョコレートも美味しかったですが、どちらかというとパンケーキ包みの方がお勧めかな。

まとめ

初めてのロシア料理は、本当に満足度が高く「ロシアに旅行してみたい!」という熱量が一気に高まりました。

料金的には、少しお高めな設定。ただ、安定して美味しいロシア料理を食べたいということであればとてもお勧めなお店だと思います!

また、ご紹介している料理はメニューの中の一部にすぎません。美味しくて、きれいなロシア料理をぜひ楽しんでください!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!