クラースナー・リーパにあるブルワリー「Pivovar Falkenstejn」で5種類のビールを味わう!

チェコの地方ブルワリー巡りの旅、3つ目のブルワリーはチェコ北部の小さな町「クラースナー・リーパ」の中心街にある「Pivovar Falkenstejn」です。

この町は、ボヘミアンスイス国立公園(チェスケーシュヴィーツァルスコ国立公園)の東側に位置しており、近年は観光事業に力を入れているとのこと。

インフォメーションセンターでは、フジェンスコ渓谷、イェトシホヴィツェ展望台、ボヘミアン・スイス国立公園のシンボルであるプラフチツェ門などのツアーを組んでくれるので、自然好きが集まるんだとか。

サイクリングも盛んで、自然のアクティビティを楽しみたい方にお勧めの街でした!

小さな町にあるお洒落ブルワリー

Pivovar Falkenstejn_11

インフォメーションセンターやホテルなども集まる街の中心街に、そのブルワリーはありました。後ろには教会もあり、雰囲気抜群の立地です!

赤い屋根はレストラン、白い屋根はブルワリーになっています。2階は宿泊施設になっていて、この町を拠点にする際には泊ってみたい場所の1つですね。

宿泊施設情報については、公式ページに掲載されているので気になる方はチェックを。想像以上にお洒落で驚きました!

もしまたブルワリー巡りをすることがあったら、ブルワリーに泊まりながらビールを飲む旅も面白そうだなぁ。

Pivovar Falkenstejn_1

お店の前にはテラス席も用意。奥に見えるのは、インフォメーションセンタやホテルです。

この一角にほとんどの施設が集まっているので、アクティブティの拠点にするにはもってこいかも。

Pivovar Falkenstejn_2 Pivovar Falkenstejn_13 Pivovar Falkenstejn_3

お店の中は、モダンな雰囲気がとっても印象的。端の席に座れば、醸造所のタンクも見えます。

このレストランでは、常設メニュー、ウィークリーのランチメニュー、地元の食材を使った手作り料理など、レストランとしても充実している模様です・・・!

ボヘミアスイス産のビールを楽しむ!

Pivovar Falkenstejn_4 Pivovar Falkenstejn_5

引き続き、アクティブツアーを企画している「enthusia」の現地ガイド Sven がチェコ語を翻訳してくれました。とりあえず、5種類の瓶ビールと同じ銘柄の生ビールを用意!

ブルワリーでは、生産のために現代の技術をもちろん使用しますが、職人たちの伝統的な手法も受け継いでいます。熟成後のビールは、新鮮なままろ過も殺菌もされていない状態で、直接提供しているとのこと!

まさに「生」ビール!

Pivovar Falkenstejn_9

左から「Speedy Emil」「ライトラガー」「オストロフ セミダークラガー」「アメリカンペールエール」「ダークスペシャル」の5種類。

  • Speedy Emil:とても軽くて飲みやすく「ランナーも飲めるビール」という意味を含みイラストが特徴的。ブルワリーが提携しているマラソンイベントに合わせて醸造するんだとか。
  • ライトラガー:この店の定番チェコビール。香り・苦みが程よく、時間や食事の内容を問わずいつでも飲みやすいビール。
  • オストロフ セミダークラガー:5種類の麦芽とチェコの定番ホップを使ったチェコビール。ダークスペシャルよりもあっさりしているので、程よい苦みと味わいを楽しめます。
  • アメリカンペールエール:アメリカンホップなどを使用することで、柑橘類と花の香りを感じる爽やかなビール。見た目や香り以上に、苦みを感じます。
  • ダークスペシャル:Premiant、Sládek、Saazの3種類のホップと、5種類のモルトから作られたビール。コーヒーのように色が濃いが程よい苦みが絶妙。そして、何より味わい深いビール。
Pivovar Falkenstejn_6

こちらは、左から「ダークスペシャル」「ライトラガー」「オストロフ セミダークラガー」です。

黒ビール好きな私としては、ダークスペシャルのように重い黒ビールが最高に美味しかったですね!本当に味わい深く、チェコで飲んだビールの中でもお気に入りのビールです。

ただ、やはり料理と合わせるとなると万能タイプのライトラガーか、セミダークラガーがちょうどよさそう。

Pivovar Falkenstejn_7 Pivovar Falkenstejn_8

もちろん、全部美味しくいただきました・・・!ブルワリーごとに似たような色や香りのビールがあるんですが、味わいが全く違ったり、黒ビール1つとっても全然違うものもあって、ブルワリー巡りをものすごく堪能させてもらいました。

実は、この日の夕食を別のブルワリーで食べる予定だったので、ビールを飲めるだけ飲んでお店を後にしました。笑

Pivovar Falkenstejn_9

 

Pivovar Falkenstejn_10

瓶ビールはお土産用に箱に詰めてもらい、ホテルで美味しくいただきました・・・!

さて、この日最後となる4つ目となるブルワリーはでは、料理と合わせてビールをご紹介しようと思います。

【チェコ旅2日目:ブルワリー巡りと大自然を味わう】

▼ブルワリー巡り①:Nomad(ノマド)

チェコは地方のブルワリー巡りが最高に楽しい!ジェチーンのブルワリー「NOMAD」からスタート。

2018.12.13

▼ブルワリー巡り②:Brewery Restaurant

ショッピングモール一体型醸造所「Centrum Pivovar Decin」でチェコ料理とビールを楽しむ

2018.12.22

▼ボヘミアンスイス国立公園で大自然を楽しむ!

ボヘミアンスイス国立公園|映画に出てくるような壮大な自然に囲まれた渓谷で癒される

2019.01.04

▼ブルワリー巡り③:Pivovar Falkenstejn(本記事)

ビールと自然を堪能するチェコの旅

Czech TiMEZ
今回のチェコの旅は、チェコ最大の都市プラハだけではなく「地方都市」をテーマにビールと大自然をレポート。

飛行機の移動も含めて6日間の旅では、プラハを含む6つの街を巡り、プラハ以外のチェコの魅力も発信していこうと思います!

▼Special Thanks!!
今回の旅は、旅費宿泊費の一部をチェコ政府観光局にサポートいただいております。

スポンサードリンク