旅の拠点にお勧め!明洞(ミョンドン)の街並みが目の前に見えるパシフィックホテル!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

韓国の観光スポットの1つ「明洞(ミョンドン)」の街並みが目の前に広がる「パシフィックホテル」をご紹介します!徒歩ですぐにミョンドンに繰り出せるので、この街をメインで観光したい方にはお勧めのホテルですね。

今回利用した「ツイン」の部屋で7000~1万円くらい(1名約5000円以下)。ホテルのクオリティも高く「ちょっといいホテルに泊まりたい!」「家族で初めての韓国だから綺麗なところがいい!」などの需要にも耐えられるホテルでした。

格安ホテルはほかにも山ほどありますが、この立地条件はいい感じ・・・!

Nソウルタワーを背に高級感あるホテル。

パシフィックホテル ミョンドン

地下鉄4号線の明洞駅がとっても近く、空港リムジンバス停留所も近くにあるという好立地のホテルです。2017年にリニューアルされたそうで、ロビーは本当にきれい!

ホテルと繁華街の間には大きな通りもあり、繁華街に近いのに静かというのが特徴的ですね。

また、フィットネス、サウナ、ミニプールなどもあり、旅はもちろん出張時にも大活躍しそうなホテルでもあります。(全て男性専用らしい)

パシフィックホテル ミョンドン_2

夜になると、ホテルの後ろにあるNソウルタワーが綺麗ですね。

ホテルの入口には、ドアマンがいるので安心感・高級感もあり満足度も高いと思います。

パシフィックホテル ミョンドン_3

広くて高級感のあるロビー!

ホテル内には「HOLLYS COFFEE」やレストランもありますが、ホテルの周りにも「トゥルドゥルチキン」という人気のチキン専門店、焼肉屋、コンビニなどがあります。

「疲れ切ってしまったので、ホテルの近くで軽く・・・」という需要にも十分こたえられると思います!

パシフィックホテルのツインルーム(道路側)をご紹介。

パシフィックホテル ミョンドン_4

デラックスタイプの客室からはNソウルタワーの景色が部屋から楽しめるそうです。今回は、ホテルの正面を向いているツインルームをご紹介します。

ちなみに、1名で利用する際にはツインよりもダブルが断然お勧めですね。パシフィックホテルでは、ツインとダブルで金額が変わらないことが多く、ダブルのほうが豪華さを感じられると思います・・・!

ツインでも、片方のベッドを荷物置きにできるのでとっても便利なんですけどね!

パシフィックホテル ミョンドン_10

7階の部屋からの景色はこんな感じ。「夜景が綺麗!」とかはありませんが、ミョンドの街(赤い矢印の部分)がとっても近いことがわかると思います。

パシフィックホテル ミョンドン_5

部屋に入っていきます!

個人的には、部屋にソファーがあると荷物が置けて本当に便利なんですよねぇ。もっと言えば、上の写真のような長いソファーがベスト。

パシフィックホテル ミョンドン_6

窓側から見た部屋の雰囲気はこんな感じ。造りとしてはとってもシンプルですが、上でご紹介したソファー、しっかりしたテーブルとイス、電源の多さがいい感じです。

ベッドの横に電源があるのも、地味ながら重要なポイントです!

パシフィックホテル ミョンドン_14

また、部屋のミニバーについては「コンビニと同じ価格で販売している」というのも特徴ですね!

「部屋のドリンクは高いからコンビニに走る!」なんてことはしなくなります。

パシフィックホテル ミョンドン_8

この時常備されていたドリンクは、水、コーラ、ポカリ、ビール2種類です!仕事終わりのビールを買い忘れても安心です!

実際にコンビニのドリンクと比べてはいないのですが、もしもっと安く買いたいということであれば、街のスーパーに行くと安く買えると思います。

パシフィックホテル ミョンドン_7

もちろん、無料の水も常備!ティファールのポットもありますので、ホットドリンクが飲みたいときもすぐに対応できます。

パシフィックホテル ミョンドン_11

念のため、バスルームもチェック。トイレと同じ区画になりますが、かなり綺麗です。以前泊まったホテルは歯ブラシがありませんでしたが、このホテルのアメニティは最低限のものは揃えてありますね。

「ホテルのシャンプーやコンディショナーが嫌だ!」

という方は、ミョンドンの街を歩いていると試供品をたくさんくれるのでそれで対応しましょう!

パシフィックホテル ミョンドン_12

お風呂もきれい!お湯をためてゆっくりすることも可能な広さでした!

ミョンドンを中心に観光を予定している方にはお勧めの「パシフィックホテル」のご紹介でした!

韓国のレポートはまだまだ続きます!


更新記事をお知らせします!ご登録よろしくお願いします!

follow us in feedly

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!