台北駅近郊で美味しい餃子を食べるには「麻膳堂(MAZENDO)」がベスト。

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

台湾旅行で大人気の都市・台北。昔の面影がある街から、若者が集まるおしゃれな街までいろいろな楽しみ方ができる魅力ある街ですよね。

有名店からローカルなお店まで、色々なお店で餃子を食べていたんですがどれも印象に残らず・・・。最後に入った「麻膳堂(MAZENDO)」の餃子が満場一致美味しかったのでご紹介したいと思います。

裏路地まで入って色々探したんですが、結局ここが一番おいしかった・・・!コスパもよいのでお勧めです。

コンセプトは「スタイリッシュでおいしい」

MAZENDO 麻膳堂

台北駅(台北車站)から道路を挟んで向かいにある大型フードストリート「HOYII北車站」の道路沿いにお店を構える麻膳堂HOYII 北車站店。

このお店は、「スタイリッシュでおいしい」をコンセプトにし、台北市内に8店舗を構えています。地域限定感という意味ではそこまででもないかもしれませんが、台湾旅行の中で一番餃子のクオリティが高く印象的だったお店です!

特に「牛肉麺」が人気のようで、ブログや雑誌などでも紹介されているようですね。しかし、忘れてはいけないのが焼き餃子と水餃子!注文してからサッと出てくるので「ちょっと餃子で1杯・・・!」なんてこともできちゃいます。

MAZENDO 麻膳堂_2

お店の中は、スタイリッシュというコンセプトだけあって、ただの中華屋ではありません!

お店の方に「日本語はわかりますか?」と聞いたら「日本語はわからないけど、日本語のメニューはあるよ!」とのこと。

さすが観光地!

麻膳堂(MAZENDO)_メニュー

苦手な具材や辛さなど希望があれば・・・って日本語で書いてあるので安心ですね!片言の英語で十分通じますので、もしオーダーする際にはチャレンジしてみてください!

種類の餃子をチェック!

MAZENDO 麻膳堂_4

まずは焼き餃子!羽根つき餃子というわけではありませんが、なんとなく羽がついてきます。非常にシンプルなんですが、肉の量・餃子の皮の食感が絶妙!餃子は皮も美味しくないとだめなんですよねぇ。

上の写真(1皿)で75台湾ドルなので、日本円で約270円くらいですね。これは安い。

余談ですが、台湾のレストランで「八角を抜いてください」といったら爆笑されたのを今でも覚えています・・・。

※特に嫌いというわけではなく、試しに聞いてみただけです・・・!

MAZENDO 麻膳堂_3

さて、餃子にはやはりビールですよね。

そもそも台湾は、12月~3月頃までの寒いとされる時期でも最高気温は20℃以上になることも。日によっては、半そででよいくらい暖かい気候です。

つまり、ビールがおいしい気候なのです!

上の写真は、台湾の飲食店やコンビニでよく見る「台湾啤酒」。台湾ビール業界の最大手が販売しているビールのようで、台湾ではメジャーなビールになります。

ちなみに、このメーカーは日本人技術者によって設立された会社が前身となっているという、台湾と日本のつながりを感じさせるメーカーのようです!

MAZENDO 麻膳堂_5

80台湾ドル

こちらは、水餃子の辣油だれ和え。ピリッと辛い辣油のタレとネギの相性が抜群!そして、焼き餃子とは違い、中までぷりぷりの水餃子をさらに美味しくしてくれるんです。

やっぱり、ここの皮が美味しいんだよなー。

皮重要。

MAZENDO 麻膳堂_6

これも80台湾ドル

最後にご紹介する水餃子の胡麻だれ和えは、小さい子どもでも食べられる安心の水餃子です。辛さは一切なく、濃いめの胡麻だれも水餃子によくあう!

台北駅で、サクッと餃子を食べたくなったら間違いなくお勧めのお店ですよ。

一応再掲しておきますが、このお店の一押しメニューは「牛肉麺」なのでお忘れなく。笑

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

「仕事もプライベートも充実させたい!」という想いからTiMEZを運営中。カメラを持って旅に出ることが最高の楽しみ。仕事終わりの時間や、週末をもっと充実させよう・・・!目指すはweekender(週末旅行者)!