福島県いわき市の「うつつ蕎麦」。つなぎを使わない白くて美しい蕎麦と天ぷらのセット!

Googleのクチコミの評価が4.2と高評価!お昼時には地元の方々で賑わうお蕎麦屋さん「手打ちそば うつつ庵」へ。

うつつ庵では「他では味わえない風味と、白く輝く美しいうつつ蕎麦」と「素朴で風味豊かな田舎蕎麦」の2種類を用意。どちらも気になりましたが、今回はお店の名物蕎麦であるうつつ蕎麦を。

細めで食感の良い蕎麦が美味しかったです!

ちなみに、うつつ庵があるいわき市遠野町は「清流に河鹿鳴き、鮎踊り、ホタル舞う里」と紹介されており、都心から2時間ほどのところにある自然豊かな町なんだそうです。

※本記事記載のGoogleの評価は、2022年12月現在のものです。

※「うつつ庵」は、いわき市プレスツアーの途中でお仕事とは別で立ち寄ったお店になります!

スポンサーリンク

ランチにうまい蕎麦を。

お店は県道14号線沿いにあり、大きな看板が目印です。駐車場は大きめですが、お店自体はそこまで大きくないので混雑時には少し待つこともあるようですね。

夜営業は土日のみやっており、平日はランチ営業のみなので気をつけてください!

  • 昼営業時間:11時〜14時
  • 夜営業時間:17時半〜19時半(土日のみ)
  • 定休日:水曜日、第1第3火曜日

うつつ庵のメニュー

冒頭にも書いた通り、お蕎麦は「うつつ蕎麦」と「田舎蕎麦」の2種類を用意。

会津坂下町産(福島県)の玄そばを使用し、つなぎを一切使用しない完全手打ちで仕上げられたうつつ蕎麦は、その美しさが特徴ですね!

田舎蕎麦は、猪苗代産(福島県)の玄そばを使用し、素朴な味わいが特徴的なお蕎麦に仕上がっているとのこと。

天ざる(うつつ蕎麦)

海苔の横にあるのは「辛味大根」。蕎麦つゆに加えると、爽やかな風味になります!

ちょっと贅沢に、天ざるを注文!

蕎麦は、うつつ蕎麦を選んでみました。

写真だと少しわかりにくいかもしれませんが、やはり蕎麦の色が全然違います!

透明感のある蕎麦。光にかざすと、その綺麗さがよくわかると思います。

「まずは、お蕎麦だけ食べてみてくださいね。」ということで、そのままいただくことに。

風味とツルッとした喉越しが良く、大盛りでもぺろっと食べられそうでした。

蕎麦を食べるときに「麺つゆには、蕎麦の2/3くらいまでつけて食べてね」というケースがあると思いますが、この蕎麦はまさにその食べ方がぴったり。

また、辛味大根を入れることで、この蕎麦の味わいが活きるようにも感じました!

海老と野菜の天ぷらたち。あっさりとした蕎麦に、揚げ物料理は最高に合いますね。

まとめ

うつつ蕎麦を食べたからこそ、素朴な味わいを楽しめる田舎蕎麦も食べてみたいなぁと思いました。

ざる2枚注文して1枚ずつ側変えたりできるのかな?そういう楽しみ方もありだと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
気に入ってくれたら「シェア」してくれると喜びます!