WordPress(ワードプレス)のテーマを選ぶ時に注意している5つのこと

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

さほど知見もないのですが「自分なりのサイトを作りたい!」という想いからWordPressを使い始めて数年。なんだかんだ、一番悩んだのが「theme(テーマ)」です。

  • せっかくならお洒落なデザインにしたい!
  • seo対策は大丈夫なのか
  • スマホファーストなのか
  • etc…

考えだすといろんなところに目が行ってしまいがちですが、知見がないのであれば調べてもよくわからないという結論に至りました。

そこで、私がテーマ選びで苦悩してきた様子を中心に、WordPressのテーマを探すときのポイントをまとめてみました。

私の体験談が、少しでもご参考になりますように。

1.情報量に見合うテーマを!

私が初めに考えていたのが「ポータルサイトのようなブログをやりたい!」ということ。なので、必然的にポータルサイトっぽいデザインのテーマを見ていました。

トップページはカテゴリごとに綺麗にまとめられていて、とても見やすい。考えられたデザインでトップページに来てくれれば回遊率も高まるだろう。

まさに、イメージしていた通りのデザイン!

・・・ですが、ここで注意したいのが「現在のコンテンツ量(記事数)」です。

ポータルサイトとは、色々な情報をまとめ、その玄関となる入口のサイトです。だからこそカテゴリがきれいにまとめられ色々な情報にアクセスしやすいデザインになっているんです。

しかし、記事数が少なかったり、サイト自体にあまりテーマ性がないとポータルサイトとしての機能は果たせず、テーマに負けてしまうのです・・・。

ポータルサイト風にしたい時には、デザインは我慢してまずは記事数を増やすことから頑張りましょう!

2.お洒落さを引き出すのは「テーマ」ではなく「コンテンツ」

最近では、有料テーマはもちろん無料テーマでもとってもお洒落なテーマが山ほどあります。ファッション雑誌のようなお洒落なデザインもあれば、余白をうまく使ったスタイリッシュなデザインもありますよね。

でも、実際に購入して自分のブログに反映してみたら「・・・あれ?全然おしゃれじゃない!」なんてこともざらにありました。

テーマを購入する際には、デモページが公開されているサイトもありますが、そのテーマの世界観が伝わるようにしっかりと作られています!アイキャッチ画像はとってもおしゃれですし、テーマの色合いともマッチしていると思います。

統一感抜群なんです!

結果、魅力的に見えるんです。

わかりやすい例はこれ。アイキャッチ画像にテキストを入れている方は、雑誌風お洒落テーマにしたときこんな事態になることも。

せっかく画像に手を加えているのに、デフォルトで画像の上に「タイトル」が表示されるテーマもあります。文字に文字が重なると微妙ですよね・・・。

デザインは「記事のまとめ方」であって、勝手にお洒落にしてくれるものではありません。お洒落にまとめたい場合には、どんなテーマを使うにせよ「統一感」に尽きるなぁと実感しました。

私の一番の失敗談は、WordPressを始めてすぐの時に「お洒落で雑誌風なポータルサイトを作りたい」と思い、そのキーワードに引っかかった有料テーマを購入しましたが、記事の更新が追い付かなかったり、アイキャッチ画像も日ごろの日常的な写真だったため無残な結果となったのを覚えています・・・。

3.日本語サポートがある有料テーマがよい

私は、デザインを修正したり微調整したり、ましてやコードを新しく書いたりすることはできません。なので、「自由にカスタマイズしてください!」という無料テーマよりも「ここまで整えてあります!」という有料テーマの方が相性が良かったです。

しかも、最近の有料テーマは本当にクオリティが高く、痒い所に手が届くどころの話ではありません。無料テーマを自分で頑張っていじってる暇があれば、出来上がっている有料テーマを使って記事更新に時間をかけた方が得策だなと実感しました。

また、海外のお洒落テーマを使ったこともあったんですが、これが結構大変。

何よりサポートは英語ですし、編集方法を検索してもほとんど出てこないんです。また、基本的にはローマ字に最適化されているので、平仮名や漢字を使うとなんか微妙な見た目になったりと微調整が大変でした・・・。

日本語の有料テーマは、販売元がサポートをしてくれるケースもありますし、有名なテーマであればカスタマイズ方法も山ほど検索でできます。

個人的には、有料テーマ推奨ですね。

4.正直、SEOとか気にして選んでもきりがない。

だって、自分自身がSEOについての知見がないからです。

調べても検証のしようがないのです!

だから、販売元を信じて購入するのみ。

何度も「今使っているテーマは、SEO対策されているんだろうか・・・」と考えましたが、ほとんどの場合その領域に行く前の問題が大きいのではないかと感じることが多かったです。

テーマだけで上位に表示されるのであれば、みんなそれ使ってるでしょうしね。

5.あとは、自分次第!

私の場合「ブログでお金を稼がないと!」というモチベーションでブログをやっていません。

なので、ブログのテーマは自己満足なんです。でもそれでよいと思っていて、自分が書きたいことをちゃんと書いて、それが自分が納得いく形で表示されていればOK。

自分のモチベーションが上がるテーマと出会えると、作業もはかどると思います!

最近は「AMPページ」のデザインまで気にしなくてはいけなくなり少々疲れ気味だったので、また気軽に更新していこうと思います・・・。

まとめ

  • 情報量に見合うテーマを選ぶ
  • 自分のブログと統一感のあるテーマを選ぶ

あとは、細かいことを気にせずに書き続けるに尽きると思います。

もちろん、SEOなど専門的な知見がある方はガシガシやっていただき、駆け出しの方はガシガシ記事を書くことに専念するのが良いと思いました。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!