ネモフィラやチューリップが見もの!1日遊べる国営ひたち海浜公園へ!

勝田駅でレンタサイクルを利用して最初に向かったのは「国営ひたち海浜公園」。

ここは、丘いっぱいに広がるネモフィラが有名ですが、菜の花やチューリップ、ファミリーで楽しめるエリア、サイクリングコースなどなど色々なエリアが1つに集まっている公園で、1日楽しめる場所なんです!

この日も観光客であふれかえっていまして、道路は渋滞し駐車場待ちの列ができていましたよ。

しかしながら、この景色は1度でいいから自分の目で見てみたいと思っていたので、最高の体験となりました・・・!

ちなみに、今回は渋滞を回避すべくレンタサイクルを使って近郊エリアを自転車で散策してきました。レンタサイクルの詳細レポートは下記よりどうぞ。

ひたち海浜公園までレンタサイクルで行こう!勝田駅から自転車という新しい選択肢。

2019.04.29

空が広いから開放感抜群!

ひたち海浜公園_駐輪場

自転車は駐輪場がちゃんと用意されていますので、そこに置きましょう。もっと自転車で来る人が多いかと思っていましたが、置いてある自転車はそれほどでもありませんでしたね。

勝田駅では行列に並びバスを待つし、車だと駐車場に貼るのにも時間がかかります。

この日は自転車で正解でした・・・!

ひたち海浜公園_チケット

GW中は、券売機に加え臨時でいくつもチケット売り場が設置されるので、チケット購入は事情にスムーズ。

入口を入ると、東京では見ることのできない景色がお出迎えしてくれることでしょう!

ひたち海浜公園_園内マップ

さて、園内をまわる前に全体案内図を見ておきましょう。ご覧の通り、ものすごく広い公園なので全部をまわろうと思うと結構な距離を移動することになります。ある程度、目標を決めて歩くのがお勧めですね!

また、自動販売機や売店(ワゴン車なども含む)は多くあるので困ることはないと思います。ただ、レストランとトイレについては非常に混みあいますのでお気を付けください。

ひたち海浜公園_おもち

この日は、レストランがいっぱいで入れる気がしなかったので、園内の売店でお餅を購入。

目指すはネモフィラの咲く「みはらしの丘」

ひたち海浜公園_ネモフィラ10

園内は広すぎるので、今回はネモフィラと菜の花が咲いている「みはらしの丘」をご紹介したいと思います。

森の隙間から見える丘は、空と丘の区別が最初はつかなくて本当に驚きましたよ!これがネモフィラの絨毯です・・・!

ひたち海浜公園_ネモフィラ ひたち海浜公園_菜の花

余りの人の多さに公開できる画像が少ないですが、人の部分をぼかしてもその景色の魅力が伝わると思います!

海以外で、こんなにも「青」が一面に広がっている場所ってそうはないですよね。

また、青一色ではなく手前には黄色い菜の花が広がっているのも魅力的だったなぁ。

ひたち海浜公園_ネモフィラ ひたち海浜公園_ネモフィラ3 ひたち海浜公園_ネモフィラ5

なんで一部分だけ人の列ができてるんだろうと思ったら「みはらしの鐘」に並ぶ列だったようです。

正面から進むと、必然的にこの列に向かっていくことになるので行列ができてしまいます。少し道をかえるとスムーズに観光できるので、鐘を目指さないのであれば少し遠回りして登ってみましょう!

ひたち海浜公園_ネモフィラ6 ひたち海浜公園_ネモフィラ

この日のネモフィラは満開に近いと聞いていましたが、成長しすぎたのか茎の部分が結構伸びていて緑色が目立つとこともちらほらありました。

青色一緒に見える角度を探して色々と撮影してみてください!

ぜひ立ち寄ってほしいチューリップ園!

ひたち海浜公園_チューリップ

「みたらしの丘」とは反対方向にある「たまごの森フラワーガーデン」には、この季節にはチューリップ園が広がります。

太陽の光に当たったカラフルなチューリップは、本当に色鮮やかで魅力的すぎますね。

しかも、これだけ集まっていると圧巻です!

ひたち海浜公園_チューリップ2 ひたち海浜公園_チューリップ園 ひたち海浜公園_チューリップ3

さて、この日は自転車でこのエリアを散策しようと決めていたので、ひたち海浜公園をすべてまわるのではなく左側半分だけを散策してみました。

これで右側もまわろうと思ったら、本当に丸1日遊べそうですね!事前にお弁当やドリンクを用意してピクニックも楽しそう。

さて、次は自転車で海沿いを走り「酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)」を目指します!

ひたち海浜公園までレンタサイクルで行こう!勝田駅から自転車という新しい選択肢。

2019.04.29

宝くじとご縁があるかも?海の近くにある「酒列磯前神社」がとってもフォトジェニック。

2019.04.30

スポンサードリンク