ショッピングモール一体型醸造所「Centrum Pivovar Decin」でチェコ料理とビールを楽しむ

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

チェコの地方ブルワリー巡りの旅、2つ目のブルワリーはなんとショッピングモールの中にあります!

ジェチーンの中心街にあるショッピングモール「Centrum Pivovar Decin」は、醸造所の建物をそのまま活用した造りになっているとても珍しいスポットです。このショッピングモールの中にある「Brewery Restaurant(醸造所レストラン)」で、ビールとチェコ料理を楽しもうと思います。

Brewery Restaurant_4

ちなみに、今回4つのブルワリーツアーを案内してくれたのは、ボヘミアンスイス国立公園を中心に近郊エリアのアクティブツアーを企画している「enthusia」。

日本語は無理ですが英語に対応していますし、私が英語が苦手だと言ったら本当に丁寧に説明してくれて助かりました。

案内してくれた現地ガイドのSvenに感謝です。

Hi Sven! You would not be to read this blog…

Thank you so much for the tour!! I love the Czech Republic.

Brewery Restaurant_3

さて、このジェチーンという町はドイツとの国境にも近く、ドイツとチェコの交易ルートに位置しているそうです。それもあり、チェコだけではなくドイツの色も少し入ってるのが特徴なんだとか。

街の散策も非常に興味があったのですが、今回の目的はブルワリー!散策もほどほどに、Centrum Pivovar を目指します。

Brewery Restaurant

ブルワリー最大の特徴である「煙突」が見えてきました!というか、大きすぎて一瞬で発見してしまいましたよ。

緑と空とブルワリーの煙突がとっても映えますね。

Brewery Restaurant_2 Centrum PivoVar

ショッピングモール内は、ドラッグストアなどをはじめ洋服など日本と変わらないイメージですね。ただ、遊具の規模が大きくそこらへんは日本と違ったかなぁ。恐竜に乗れます・・・!

しかしながら、モール内からも見える煙突が本当に特徴的です!

醸造所Restaurant(Brewery Restaurant)へ!

ジェチーン醸造所レストランキャプテン ジェチーン醸造所レストラン

モール内になる「醸造所レストラン キャプテン(PIVOVARSKÉ RESTAURACE Kapitán)」は、その名の通り醸造所を使ったレストランで、醸造所のセラーを使用した雰囲気抜群のチェコ料理レストランです。

思っていた以上に年季が入っているというか、本当に補修もせずそのまま使ってるんじゃないかと思うくらい、雰囲気抜群なんです。

ジェチーン醸造所レストラン_2

レストランの奥には、醸造スペースが!間近でこういう施設を見れるのも魅力の1つですね。

このレストランでは、伝統的なレシピに基づいた料理をはじめ、醸造所で作られたジェチーンビールを楽しめますので、早速ビールと料理を注文しましょう!

Brewery Restaurant_4 Brewery Restaurant_13 Brewery Restaurant_12

このレストランのビールは「Kapitan」「Admiral」「Kormidelnik」に加え、日によって変わるスエシャルビールの4種類。この日は、看板メニューのキャプテンと黒ビールを注文してみました。

チェコに来て思ったのですが、黒ビールが圧倒的に美味しいんですよね。黒ビール好きな方は、ぜひチャレンジしてみてください!

※価格は、500mlで150円~200円くらい。1Lで300円くらいです!

Brewery Restaurant_7

さて、注文した料理がこちらです。

まずは、ビールに最高にある料理の1つ「チーズフライ」は間違いなく注文しておくべき料理ですね。少し癖のあるチーズを使っているチーズフライほど美味しく、ビールとの相性も抜群になります!

タルタルソースをたっぷりつけて食べましょう!

Brewery Restaurant_10

焼いたジューシーなチキンとチーズをパンで挟み食べます。ビールとの相性を考えると、パンで挟まずそのままチキンとチーズを食べるのもお勧めですね!

食べ応えは十分なので、何人かでシェアできるとよいと思います。

Brewery Restaurant_8

ホロホロに溶けるお肉とマッシュポテト。お肉はもちろんですが、ソースをかけたマッシュポテトも美味しかったですね。

チェコ料理は、ビールとの相性がいいのですが、料理としては結構大盛なのでお腹を空かせてからお店に向かいましょう!

まとめ

ここの黒ビールがとっても印象に残っていますが、ビールだけではなく料理がとっても美味しかったですね。もちろんビールとの相性も抜群です。

このモールには、ほぼ間違いなくチェコ人かドイツ人しかいないそうなので、ある意味地元でもお墨付きのレストランといったところでしょうか!しっかりとしたチェコ料理を楽しめると思います。

さて、お腹いっぱい食べた後は、ドイツとの国境沿いにあるボヘミアンスイス国立公園で体を動かしにいきます!

「ほら、ビールとごはん食べたから次は運動するよ!運動したらまたビールだ!最高だろ?」

最高だよ、Sven!

【チェコ旅2日目:ブルワリー巡りと大自然を味わう】

▼ブルワリー巡り①:Nomad(ノマド)

チェコは地方のブルワリー巡りが最高に楽しい!ジェチーンのブルワリー「NOMAD」からスタート。

2018.12.13

▼ブルワリー巡り②:Brewery Restaurant(本記事)

ショッピングモール一体型醸造所「Centrum Pivovar Decin」でチェコ料理とビールを楽しむ

2018.12.22

▼ボヘミアンスイス国立公園で大自然を楽しむ!

ボヘミアンスイス国立公園|映画に出てくるような壮大な自然に囲まれた渓谷で癒される

2019.01.04

▼ブルワリー巡り③:Pivovar Falkenstejn

クラースナー・リーパにあるブルワリー「Pivovar Falkenstejn」で5種類のビールを味わう!

2019.01.09

ビールと自然を堪能するチェコの旅

Czech TiMEZ
今回のチェコの旅は、チェコ最大の都市プラハだけではなく「地方都市」をテーマにビールと大自然をレポート。

飛行機の移動も含めて6日間の旅では、プラハを含む6つの街を巡り、プラハ以外のチェコの魅力も発信していこうと思います!

▼Special Thanks!!
今回の旅は、旅費宿泊費の一部をチェコ政府観光局にサポートいただいております。

スポンサードリンク