チェコ大好きな幻のタップスターと乾杯!質の高い樽生ピルスナーウルケルを「TOKYO隅田川ブルーイング バルStyle」で堪能してきました!

東京第1号地ビールを生んだクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン「TOKYO隅田川ブルーイング」。同建物の1階にある「TOKYO隅田川ブルーイング バルStyle」でクオリティの高い樽生ピルスナーウルケルを堪能してきました!

日本では、2020年8月現在で4名のピルスナーウルケル公認タップスターが活躍されていますが、もう1名忘れてはいけない方がいるのをご存知でしょうか?

TOKYO隅田川ブルーイングの店長を経て、9月よりお茶の水テラス SUPER”DRY”の店長を務める大沼氏(以下、親しみを込めて沼さん)。

なんと、沼さんはタップスター4名と同様に「タップスタープログラム」を修了している方だったのです!

この日は、バルStyleにて沼さんにお話を聞きながらビールを堪能してきました。

Special Thanks!!
↓↓
TOKYO Sumidagawa Brewing
(ビールに合う食事をご提供いただきました)

開放感のある「TOKYO隅田川ブルーイング バルStyle」へ

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_01 TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_02

浅草のフォトスポットにもなっている吾妻橋を渡ると道路沿いに見えてくる TOKYO 隅田川ブルーイングの建物。

1階と2階はお店が違いまして、樽生ピルスナーウルケルが飲めるのは1階の「TOKYO隅田川ブルーイング バルStyle」になります。

浅草駅・本所吾妻橋駅の出口から徒歩5分圏内という立地で、観光客がメインかと思っていたのですが、常連さんがサクッとビールを飲みに来るお店でもありこのエリアに愛されているお店でした。

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_04

さすがアサヒビールのおひざ元。入店時の消毒及び検温などしっかりと対策がされているので、安心してお店でビールを楽しみましょう!

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_06 TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_05

このお店は「テラス28席 / 店内29席」ということで、半分がテラス席!開放感のある場所で飲むビールは本当に最高です!

また、1名で来店されるお客さんも多く、帰り道や仕事終わりに立ち寄っていく方も多いようですね。

※ソーシャルディスタンスを保つために席数を減らして営業中です。

幻のタップスター チェコ大好き沼さん

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_07
TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_13

「タップスタープログラム」の修了書

現在、日本で活躍する4名のピルスナーウルケル公認タップスターと同様に、チェコで開催される「タップスタープログラム」を修了している沼さん。しかし「大沼」という名前はタップスターとして公表されていません。

実は、沼さんはアサヒビールグループ内で「インターナルトレーナー」としてグループ内でのバーテンダーの育成やピルスナーウルケルの魅力を伝えるトレーナーとして活動されています!

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_08

ピルスナーウルケルの伝統的な注ぎ方「ハラディンカ」を注ぐ沼さん

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_11

もちろん、公認タップスターとしての技量を持つ沼さんのピルスナーウルケルは絶品!

サーバーを綺麗に保つところから始まり、クリーミーな泡はもちろんピルスナーウルケルの風味と味わいを楽しんでもらえうよう心がけているそうです。

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_09

2020年9月より、樽生ピルスナーウルケルの提供をしていない「お茶の水テラス SUPER”DRY”」の店長に。しかし、ピルスナーウルケルに携わった方々はみんな共通して「泡へのこだわり」「注ぎ方へのこだわり」をものすごく持っているので、きっと別の場所でも最高のビールを注いでくれるはず!

そして、お茶の水テラスでも美味しいピルスナーウルケルが飲める日が来ることを期待しています。

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_27

沼さんの後を引き継ぐホールスタッフが2名いらっしゃるそうです!

9月以降の TOKYO隅田川ブルーイング バルStyle では、沼さんの技量を受け継いだバーテンダーが美味しいハラディンカを注いでくれるそうです!

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_14

チェコのチラシなどをファイリングしているそうです!

ちなみに、沼さんはチェコが大好き。ご本人からにじみ出るくらい大好きなのが伝わってきました。笑

ビールの話はもちろん楽しかったのですが、チェコの話をしている沼さんが本当に楽しそうだったのが印象的ですね!

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_21
TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_28

シュニットで乾杯!

チェコを愛する人が注ぐピルスナーウルケル。

また飲める日が来ることを祈っています!

沼さん
隅田川ブルーイング バルstyleでは、これからも完璧な1杯を提供し続けますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

隅田川ブルーイングも忘れてはいけない!

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_22

さて、1995年に東京第1号地ビールの製造を開始した醸造所に併設のブルワリーレストランということを忘れてはいけません。

このお店では、TOKYO隅田川ブルーイング「ケルシュスタイル」「香るヴァイツェン」「ビタースタウト」「吾妻橋ペールエール」の4種類のクラフトビールを楽しむことができます!

まずは、お気に入りの黒ビール「ビタースタウト」から。

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_23

厳選したビターホップを100%使用した、上面発酵の黒ビール。深いコクと品の良い苦みは、まさにチョコレートといったところでしょうか。

たくさん飲むには少し癖が強いですが、お店に来たら1度は飲まないと気が済まない癖になる1杯です!

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_24 TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_25

「吾妻橋ペールエール」は、アメリカンペールエールをイメージし醸造したビール。柑橘系の香りと爽やかな苦みが美味しい1杯です。

4種類のクラフトビール飲み比べセットもあるので、悩んだら4種類飲んでみるのが良いかも。

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_29

期間限定だと思いますが、ビールが少し安く提供されているのをご存知でしたか?100~130円くらい安くなっているので、この機会にぜひどうぞ!

ピルスナーウルケルのラージサイズは、なんと280円引き。

ビールと一緒に楽しむ料理を紹介するよ!

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_15

前菜としてお勧めなのが「魚介とグレープフルーツのマリネ」。

酸味を抑えた優しい味付けで、魚介や野菜、オリーブやグレープフルーツの一体感がとっても良かったです!

倍の量でも食べられるくらい美味しかったので、ラージサイズの提供も検討してほしいです。笑

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_16

次に「イベリコ豚と白葱のアヒージョ」。

醤油をベースにした和風アヒージョで、イベリコ豚にはしっかりと味がついていて肉の旨味と塩分が食欲をそそります!

そして白葱も甘い!

言うまでもありませんよね?

ビールとも最高の組み合わせ!

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_19 TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_20

「ホットスパイシーオムレツ」は想像していたよりも分厚く、ピリ辛のひき肉とチーズの味わいがビールとの相性抜群!

量的には、3名で1つ注文しても十分楽しめると思います。

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_18

こだわりのピッツァメニューから「マルゲリータ」を。

オーダーを受けてからピザ生地をのばし作り上げるピッツァは、生地が本当に美味しかったです!

また、トマトソースをベースにモッツァレラチーズとバジルと非常にシンプルなんですが、トマトをものすごく感じるマルゲリータだったと思います!私の大好きなやつですね。

逆に、トマトが苦手な方は食べられないかも。

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_17

定番のおつまみ「チーズの盛り合わせ」。ドライフルーツがピルスナーウルケルや隅田川ブルーイングのビールとあいますね。

もちろん、チーズも美味しいので「なにか軽くつまめるものないかな?」という方にお勧め。

TOKYO隅田川ブルーイング バルstyle_26

そしてデザートに「カッサータ」を。

イタリアのシリチアの伝統的なスイーツで、ナッツとフルーツがたっぷり入っているチーズケーキ風アイスです。

これが大正解!食後のデザートにぜひ。

まとめ

チェコを代表するビール「ピルスナーウルケル」と、東京第1号地ビールの製造を開始した醸造所が生み出す「TOKYO隅田川ブルーイング」が飲める珍しいお店。

クオリティの高いピルスナーウルケルや、日本のクラフトビールを楽しみたい方にお勧めです!

浅草近郊に来た際には、ぜひ立ち寄ってみてください。