地元の方もお勧めの欧風アンティークに彩られた世界で食べるモーニング

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

最近、朝食付きのホテルに泊まることがほとんどなくなり、近くのカフェや喫茶店の「モーニング」を食べることが多くなってきました。

地元の方にお勧めをきいたところ「モーニングはあそこでしょ!」という声をたくさんもらった、別府駅から歩いて10分程度のところにある「KIHEI CAFE(キヘイカフェ)」に行ってみました。

若者から聞いたものの、お店の中は世代に関係なく幅広い層の方がいましたねぇ。朝からこんな場所で朝食をとれたら本当に元気が出ますよ。

落ち着く雰囲気のお店で、美味しい朝食をぜひ。

KIHEI CAFEとは

KIHEI CAFE(キヘイカフェ)_5

KIHEI CAFEを運用しているサンヨーコーヒーの社長「小間喜(こまき)氏」の先祖は、先祖代々商人だったとのこと。

当時から受け継がれる志を、継承し進化し続けるために、当時の家主だった「小間物屋喜兵衛(コマモノヤキヘイ)」の「喜兵衛(キヘイ)」を引用し名づけられたんだとか。

アンティーク・ジャズ・クラシック

KIHEI CAFE(キヘイカフェ)_8

KIHEI CAFEでは、お店の雰囲気がとっても良く「この世界観で朝食を食べられのか・・・!」という楽しさがありました。

お店の雰囲気は「1900年代初頭の欧風アンティークに彩られた世界とジャズ・クラシック音楽に包まれた空間」を演出しているそうです。落ち着く空間づくりがとても魅力的なカフェだったと思います。

KIHEI CAFE(キヘイカフェ)_7

家具やオブジェの統一感。窓の方を向いて2人で座れる席は、とっても魅力的。

KIHEI CAFE(キヘイカフェ)_6

席と席の間も空いているので、のんびりできる空間が広がっています。

モーニングを注文しよう

KIHEI CAFE(キヘイカフェ)_2

モーニングは「8:00~11:00」までの限定メニュー。もともとは、注文してから席に着くスタイルだったそうですが、現在はテーブルまで注文を取りに来てくれます。

ちなみに「Aモーニング」というメニュー名ですが、Aのみしか展開していないそうです・・・!

KIHEI CAFE(キヘイカフェ)_12

半熟のオムレツは、温かいうちにぜひどうぞ。ソーセージが1つついているだけで「食べた感」が全く違いますね。マッシュポテトも食べやすくお腹にたまるので、いい感じです。

オムレツについては、本当にとろとろしていてソースとの相性が抜群。

そして、コーヒーの味わいと香りも楽しみましょう。

KIHEI CAFE(キヘイカフェ)_15

ソースをつけたオムレツを、バターを塗ったトーストの上にのせて食べるのが、最高にお勧めの食べ方です!

KIHEI CAFE(キヘイカフェ)_16

サラダには大分産の食材を使ったドレッシングを使ってぜひ。

「サンヨーコーヒー」が運営するキヘイカフェですので、モーニングに限らずコーヒーだけを楽しむのもありですよ。別府に行った際には寄ってみてください。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!