【等々力渓谷】東京23区内で唯一の渓谷を散歩しよう!

東京都23区内で唯一の渓谷「等々力渓谷」をご存じですか?

緑あふれる傾向を散歩できるだけでなく、日本庭園や古墳、不動の滝、等々力不動尊、地層など思ったよりも見どころが多かったです。

さらに、渓谷の中にある甘味処「雪月花」や、渓谷に隣接している人気イタリアンレストラン「OTTO(オット)」などもあるので、「渓谷散策とランチ!」の組み合わせが最高ですね!

今回は、等々力駅よりスタートです。

スポンサーリンク

等々力駅から緑の中へ。

等々力駅

等々力渓谷は東急大井町線「等々力駅」から向かいます。駅についてしまえば、案内板が出ているので迷うことはないと思います。

また、出発駅によってはバスでも等々力駅近郊に行けるようでした。

等々力渓谷散歩_1

道路にも案内が出ています!

等々力渓谷散歩_2

等々力駅からスタートすると、「ゴルフ橋」という渓谷散策のスタート地点から入ることができますのでお勧めですよ!

等々力渓谷散歩_3

渓谷の中に入ってしまうと、周りの景色はほとんど見えなくなります。もはや都心部にいることを忘れてしまうくらいですね。

住所的には「世田谷区等々力」になりますので、ここはもちろん世田谷区内・・・。何か違和感を感じながらも、23区内にこんな場所があったんだ!という驚きと発見がありました。

ちなみに、渋谷駅からだと20分くらいでこれます。

等々力渓谷散歩_15

こちらがゴルフ橋。緑の中にある「赤」がとってもきれいでした。撮影ポイントの1つかと思います。

不思議な名前だなぁとおもって調べてみると、昔ここら辺にゴルフ場があったんだとか。

等々力渓谷散歩_7

道は舗装されているので歩きやすかったです。

歩道は、川からものすごく高い所にあるわけではなく、低すぎるわけでもない。だからこそ柵がない。それが自然でいい。

そんな感じです。

これで柵があったら、ちょっと違うんですよねぇ。ただ、油断すると落ちる可能性もありますので、カメラに集中しすぎないようお気を付けください。

等々力渓谷散歩_5

等々力渓谷は、意外と若いカップルも来てるようで驚きました。海外の方も多く、人気スポットですね。お昼すぎると人が増えてくる印象でした。

23区内にいながら自然を感じることができるし、渋谷、二子玉川、自由が丘にも近いので、来やすいのかもしれませんね。

等々力渓谷散歩_14

最近、色々なところを旅したり、散歩したりしていて思ったのですが「自分のきた道を1度振り返る」というのが面白いです。

旅や散歩は、前に進むことが多いと思いますが、たまに振り返ると違った風景が見えることもあるんですよ。是非試してみてください。

ちなみに、等々力渓谷は最寄りの駅が「等々力駅」しかないので、同じ道を戻ってくる人も多いそうです。行きと帰りで景色の違いを楽しんでみてください。

等々力渓谷散歩_9

等々力渓谷を進むと、環八通りの下をくぐります。

ここには、人気イタリアンレストランの「OTTO(オット)」がありますので、是非立ち寄ってほしい。

お店がおしゃれなのはもちろん、ピッツァ、パスタのランチコースはコスパも良いかと思います。別記事でレビューをしていますので合わせて読んでみてください!

OTTO(オット)

等々力渓谷と環八通りが交差する場所にある人気イタリアンレストラン「OTTO(オット)」。カジュアルなお洒落さを感じる店内は、明るく居心地の良いお店だったと思います。

等々力渓谷散歩_10

等々力渓谷からお店の入口まで上がれます。階段がちょっと急なのでお気を付けください。

等々力渓谷散歩_11

等々力渓谷の入口から徐々に水がきれいなっていきます。

もともと透明度があるなぁと思っていたのですが、上流の方は汚れもひどく沈殿物もみえてました。藻の色も茶色かったですし・・・。

等々力渓谷散歩_17

厳密には本当に綺麗になったかどうかはわからないのですが、藻がだんだん緑色になってきます。

これだけ短い距離でも、環境は変わっていくんですね。

等々力渓谷散歩_12

さて、先に進むと冒頭に書きました日本庭園や古墳、不動の滝、等々力不動尊などを見ることができます。

また、渓谷内唯一の甘味処「雪月花」では、土日限定のくずもちやあんみつ、夏にはかき氷など展開しています!

詳細はこちらでレポートしていますので、是非チェックしてみてください。

雪月花(等々力)

個人的には、雪月花のモチモチのくずもちが大好きです。一人でも入りやすい甘味処なので、等々力渓谷の休憩場所としてぜひ。

この日は、ここから来た道を戻り、等々力駅に向かいました。

やはり散歩って気持ちがいいですよね。煮詰まった時とか、すっきりしないときとか、本当にお勧めですよ。

余談ですが、一人で旅行に行ったり、街を散策すると「自撮り」か「近くの人にお願いする」かしないと自分が写真に入りません。

でも「写真撮ってくれませんか?」と聞くと、意外とみんな協力してくれるので本当に感謝です!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!