Sudio(スーディオ)のワイヤレスイヤホンでミュージックライフをより快適でファッショナブルに。

「より快適でファッショナブルに」というフレーズにものすごく興味を持っていた「Sudio(スーディオ)」のワイヤレスイヤホン。

実際に使ってみると、音を楽しむ時間が圧倒的に増えたと思います。使うシーンは様々ですが「ワイヤレスで軽い!」というのは大きなポイントですね!

色々なシーンで音楽や映像、通話を楽しむ時間が増えた理由は、シンプルに「使うシーン」が増えたからです。

商品の魅力と使ったシーンなどまとめてみましたので是非。

sudioさんより、モニター品をご提供いただきました。また、15%OFFになるクーポンコードもご用意いただいたので、是非ご利用ください!

とにかく軽い。

DSC09709

私は、イヤホンを長い時間使っていると耳が痛くなってしまったり、慣れないせいか肩が凝ってしまったりしていました。

結果、あまり続かずいつの間にか使わなくなっていたんですよね。

このワイヤレスイヤホンの重量は、なんと14g。これは、10円玉約3枚とだいたい同じ重さで、耳への負担も軽減!

sudio21

イヤホンは、一緒に入っている本革製レザーキャリーケースに入れて持ち歩きましょう。

このイヤホンは、カラバリが「青」「黒」「白」「ピンク」の4色で、それぞれの色に合わせてキャリーケースもセットになっています。

sudio_i

ワイヤレスなのでコード自体も通常のイヤホンよりも短く、くるくるっとまとめてキャリーケースに入れておくことで、小さめのポケットにもすっぽり。

フル充電で約8時間駆動なので、持ち歩く機会が増え、利用シーンが圧倒的に増えました。

そしてワイヤレス。

電車

ワイヤレスであることで、利用シーンがまた増えました。

例えば、通勤時の電車で音楽を聴こうとすると、コードの部分が隣の人のバックに引っかかって・・・なんて事も。

回避するための方法はいろいろあると思いますが、ワイヤレスであればそんなことは起こりません。

DSC09149

例えば、料理を作っているときなんかは、コードが邪魔になりますよね?sudioのワイヤレスイヤホンでは、上の写真の通り、首の後ろに少し見える程度です。

音源となるスマホやパソコンを近くに置いておけば音を楽しむ準備はOKです。

音楽もそうですし、ちょっとした時間で英会話の勉強だってできちゃうかもしれませんね。

ワイヤレスを使ってしまうと、色々なところで便利になってしまうので有線には戻れないかも・・・。

「音」と「デザイン」

sudio10

通常、ワイヤレスの方が音が良くないと思われているようですが、ワイヤレスとは思えない音質で音を楽しませてくれます。

また、Sudio(スーディオ)はスウェーデン・ストックホルム発のライフスタイルブランドで「ミュージックライフをより快適でファッショナブルに」という思いも込められているそうです。

耳元にゴールドのワンポイントがあるだけで、とっても印象が変わります!

さらに、個人的には、コードがきしめんのように平らになっているのがいいですね。使いやすいです。

sudio31

操作は、この3つのボタンで完結。

スマートフォンとペアリングしておけば、内蔵マイクとリモートコントローラーですぐに通話受信が可能ですよ。

Sudio公式サイト専用15%オフクーポンをプレゼントします

sudioカラバリ

sudioさんのご厚意で、読者の皆様にクーポンコードをご用意いただきました。

sudio商品が気になっている方はぜひご活用くださいませ。

【クーポンコード:conavi15】

このクーポンコードは、sudio公式サイト専用コードになります。商品詳細なども含め、公式サイトをぜひチェックしてみてください!

実際脳購入画面が上のキャプチャです。「Tax Free」「ディスカウントコード」で、1万円以下で購入できますよ!

気になる方は是非チェックを。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!