10秒で炭酸水が飲める!ソーダストリームを使ってみて感じたポイントをまとめました!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。炭酸飲料が大好きな”nocco“です!

ほぼ毎日炭酸水を購入していたので、いつかは使う日が来るだろうなぁと思っていましたが、ついにその時が来ました。価格帯も買いやすく操作も簡単そうだった「SodaStream(ソーダストリーム)」のGenesis(ジェネシス)を購入!

ザクッとポイントをまとめると、以下の通り。

  • 10秒とかからず炭酸水完成!
  • セッティングも一瞬!
  • 電源プラグやコードが一切ない!
  • 置き場所を選ばない!
  • ペットボトルで購入するよりも経済的&ゴミが出ない!

届いたら開封してすぐに炭酸水を作れますよ!自宅はもちろんオフィスに1台あってもいいなぁ。

使用感をレビューしたいと思います!

説明不要!シンプル設計で操作も簡単!

購入したのは「Genesis スターターキット」というもので、「ソーダメーカー本体」「ガスシリンダー(60リットル用)」「ソーダメーカー専用ボトル(1L)」がセットになっています。

電源ケーブルもなく、ガスシリンダーを装着すればすぐに使えるので、本当に楽ちんだと思います。

では、唯一の装着物「ガスシリンダー」を装着しましょう。

ます、ソーダメーカー本体を開けます。

クルクルっと回しながらガスシリンダーを差し込み、本体を組み立てなおせば完成です。10秒でできます!

ただ、装着は簡単なのですが、実はガスシリンダーの購入方法が特殊なので記載しておきますね。

交換方法は「店頭で交換」「オンラインショップで交換」の2つの方法があります。基本的には「交換」になるそうなので、お気を付けください!

2017年4月現在では、ガスシリンダーご交換の場合は「3,702円(通常)」が「2,160円」で購入できます。店頭の場合はこの価格ですが、オンラインショップ経由で交換すると送料など費用がかかってくるので、お近くに交換店舗がある場合には直接持って行った方がお得だと思います!

作るだけならわずか数秒!

専用のペットボトルに冷水を入れます。暖かい水だと炭酸が入りにくいので、基本的には冷蔵庫で冷やしてから作るようにしてください!

セットの専用ボトルは1L用のボトルになりますので、例えば2Lの水をまとめ買いしておき冷蔵庫の中に常に2本冷やしておくと、超便利です・・・!

Amazonnだと「2L×6本×2箱」のセットで、1100円~1300円くらいで販売していることが多いので、まとめ買いする際にはおすすめですよ!(1本88円程度)

専用ボトルをクルクルっと取り付け、ガスの注入を始めます。

取説には「ブーっと鳴ったら止める」と書いてありますが、初めは「ブーっと」度合がわからず恐る恐るプッシュしていました・・・。しかし、実際にやってみると激しくガスが抜ける音がしますので、わかりやすいと思います!

逆に「これくらい・・・?」という音の場合には、まだまだ炭酸ガスが入る余地があります!

ガスを噴射すると水が上がってきます。水は、決められた量をしっかり守るようにしましょう!

出来上がった炭酸水の感想は?

抜群です。なぜ今まで購入しなかったのか・・・という気持ちでいっぱいになるくらい、しっかりと作れました。炭酸の強さはプッシュする回数によってザクッと調整できます。

そのまま飲むことはもちろん、お酒やジャムなどを炭酸で割ることもできますし、自家製ジンジャーエールだって作ることができますよ・・・!

公式サイトによると「500mLあたり18円から」となっていますので、もちろん市販のものよりも安いですね。水道の蛇口に浄水器が付いているご家庭では、その水を使えば水を購入するお金もかかりません!

保存方法は、専用のボトルでそのままできます。嬉しいことに、炭酸が抜けてもまた炭酸ガスを加えればいいだけなので、何回も復活するのです。

これは本当にうれしいポイント。

ちなみに、キャンペーン期間中だったようで「シロップ」を1つもらいました。味は、確かにコーラです。

(シロップよりも、自分でレモン絞ったり、はちみつ入れたりした方がお勧めかなぁ・・・。)

炭酸水好きな方は絶対に購入した方が良いですよ・・・。いまのところ、デメリットがなさ過ぎて驚いています。

本体価格が1万円前後なのでとっても手が出しやすいので、迷ったら買いかと・・・!

楽天市場はこちら!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

「仕事もプライベートも充実させたい!」という想いからTiMEZを運営中。カメラを持って旅に出ることが最高の楽しみ。仕事終わりの時間や、週末をもっと充実させよう・・・!目指すはweekender(週末旅行者)!