一気に折りたためる手のひらサイズのバッグ「シュパット(Shupatto)」が旅行やお出かけ時に大活躍!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

一瞬で折りたためる手のひらサイズのバッグシリーズ「シュパット(Shupatto)」をご存知ですか?

コンパクトバッグ、ショルダーバッグ(2way)、リュックサックなどが一気に折りたためて手のひらサイズにできるとっても便利なシリーズなんです。

同シリーズの最新商品「ポケッタブルバッグ」も含め、4種類のバッグたちを試してみましたのでレビューしたいと思います!

1つ持っているだけで、本当に便利なアイテムなんですよ。旅行やお出かけの際のお供にぜひ!

※商品提供株式会社マーナ

スポンサーリンク

ポケットに入ってしまうポケッタブルバッグ!

シュパット ポケッタブルバッグ

2017年8月に発売となった「Shupatto ポケッタブルバッグ」は、その名の通りポケットに入るくらい小さくできるのが特徴です。

数量限定でクリップ(カラビナ)がついているそうで、ポケットに入れるだけでなくリュックサックやバッグにくっつけておけば、必要な時に使うことができます!

しかも、ポケットに入るくらいのサイズなので邪魔になりません。

シュパット ポケッタブルバッグ_2

使い方も、超簡単!

ゴムバンドの部分を外し、クルクルっと広げます。持ち手の部分を左右に広げると、蛇腹が広がりバッグになる仕組みです!

シュパット ポケッタブルバッグ_4

荷物を入れるとこんな感じになります!折り畳み時は「長さ約6cm」まで小さくなるのに、バッグ使用時には「約30×26cm」まで広がり、500mlのペットボトル6本が収納可能なサイズになります。

カラバリも全4色(レッド、ネイビー、ブラック、ドット)と幅広いので、使いやすい色を選べると思います。

シュパット ポケッタブルバッグ_3

さて、シュパットの最大の特徴である「一気に折りたためる!」という部分ですが、バッグの両端をもって一気に「パンッ」と引っ張ると、元の折りたたまれた状態に戻るという仕組みになっています。

ほとんどの場合は1回で戻るのですが、長時間使っていると1回ではきれいに戻らない時があります。その時には、2~3回パンッパンッとやればきれいに戻りました!

使っていくうちに折り目が緩くなってきたり、洗濯した際には「お手入れについて」に沿って対応可能です!ちゃんとお手入れをして、長く使っていきましょう!

コンパクトバッグラインは、「ポケッタブル」をはじめ「シュパットコンパクトバッグ」としてMサイズ、Lサイズも展開しています!

用途に合わせて、サイズを選べるのも嬉しいポイントだと思いますよ!合わせてチェックを。

旅行時に大活躍!一気にたためる2wayバッグ!

シュパット ショルダーバッグ2Way

バッグ使用時は「約46×20cm」になる2wayバッグが手のひらサイズに。バッグのサイズでが、20cmと聞くと「小さい?」と私自身も感じていたのですが、使ってみると十分ですね!

旅行に行く際には、メインバッグ+シュパット(2way)がとっても便利。

旅先では、メインバッグを常に持ち歩くのは嫌ですよね・・・。シュパット(2way)があれば、旅先での行動が楽になると思います!使わない時には手のひらサイズで収納しておけるし、おすすめですよ。

さらに「フッ素系はっ水加工」が施されているので、まさに旅向き。

基本的な使い方は上記の通りです。構造はポケッタブルとほぼ同様ですが、内側に肩ひもや持ち手が収納してあるので、全体を裏返して使います!

シュパット ショルダーバッグ2Way_3

バッグの内側には、ポケットが2つついていますのでパスポートやスマホ、財布などを入れておくとよいと思います!

シュパット ショルダーバッグ2Way_5

斜めがけにすると両手があくので、出先で役に立ちます。さらに、くるっとバッグを前に持ってきて簡単に中身を取り出せるので、本当に便利ですね。

私はカメラを持ち歩くことがほとんどなので、旅先で重宝しました!

もちろん手持ちバッグにすることも可能!いろいろなシーンで使うことができると思います。

シュパット ショルダーバッグ(2way)とリュックサックは、洗濯できません!

汚れた場合は、水で薄めた合成洗剤(洗濯用洗剤・石けん等)を柔らかい布に浸し、軽く絞って表面をたたくようにふき取ってください。

ちょっと工夫して大活躍!シュパットリュックサック!

シュパット リュックサック_1

リュックサック好きとしては、これが一番おすすめです。シュパット(2way)同様、フッ素系はっ水加工が施されているので旅行時に重宝しました。

内容量は、シュパット(2way)よりも少し大きくなっていまして、サブバッグとして十分なサイズだと思います!

シュパット リュックサック

折りたたんだ状態がこちら。ほかのバッグよりも少し大きくなりますが、それでも手のひらサイズと呼べるくらいのサイズ感ですね。

シュパット リュックサック_2

ゴムバンドを外したら、シュパット(2way)同様に開いて裏返しにします。

シュパット リュックサック_3

蛇腹の部分が、リュックサックのデザインのように見え個人的にはお気に入りだったりしています。

シュパットシリーズは、基本的な使い方や仕組みは同じなので割愛しますが、数秒でコンパクトバッグやリュックサックを出し入れできるのがすごいポイントなんですよ!

さて、リュックサックについては、1つだけ「安全対策」をお伝えしておきます!

写真の通り、ジップが「リュックサックの真ん中」にあり、上から開けられるようになっています。これは、海外旅行時には、スリ・盗難の標的にされやすい状態であることは間違いありません。

シュパット リュックサック_5

そこで、上の写真のように筒の中を通すことで、ジップの持ち手の部分が見えにくくなりますし、後ろから勢いで開けられることはなくなると思います!

※リュックサックについては、Amazon、楽天で検索できなかったので公式サイトをご紹介します!

まとめ

旅行時、お出かけ時のサブバッグとしてかなりの力を発揮したシュパットシリーズ!

旅行好きの方にもいいと思いますし、主婦の方にもかなり便利なアイテムだなぁと思いました。

ぜひチェックを!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!