のへそで海鮮ランチ!全国からこだわって集めた美味しい魚介を静岡で楽しむ!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

静岡駅近郊を散策していた際に「海鮮ランチが魅力!」というクチコミが多かった「のへそ」に行ってみました!

ランチの価格帯は950円~で、1000円を超えると豪華な海鮮定食を食べられるイメージです!また、駅から徒歩数分のところにあり立地条件も良いので、とっても行きやすかったですよ。

お近くに行く際にはぜひチェックを!

すし・魚処「のへそ」

魚のへそ

googleマップで探してみても「魚のへそ」というお店名なんですが、公式ページでの店名は「のへそ」。魚のいいところ、魚中心としてこだわり、 毎朝、市場で新鮮な魚を仕入れ、全国から独自のルートでこだわった美味しい魚介を提供しているとのことです。

写真は、少し寒い時期の写真のため鍋料理も出ていますが、内容は季節に応じて変わりますのであしからず!

ランチの時間を少し外しても、カウンター席しか空いていないところを見ると、地元の方にかなり人気なんでしょうね!

魚のへそ_4

この日は、調理場を目の前にするカウンター席でランチを。魚をさばく姿なんかは、私はとっても興味があり楽しく見させてもらいました。

テーブル席ももちろんありまして、気軽に入れる魚介のお店だと思います。

魚のへそ_2

こちらが、ランチメニューです。お得に海鮮を食べたければ「づくし丼」、「日替わりA定食」がおすすめですね。あとは、海鮮の種類と数によって金額が変わってくるイメージです。

ランチでは、味噌汁と3種鉢がついていています。

今回は、新大魚丼5色丼Bを注文してみましたよ!

魚のへそ_6

ちなみに、日本酒が非常に豊富で、東京ではあまり飲めない日本酒も入っているそうですよ!これは、海鮮と日本酒という最高の組み合わせができるじゃないですか・・・!

次回は夜に来ようと思います・・・。

のへそからのお願いごと

魚のへそ_5

写真撮影の際には要注意!

さて、丼はいかほどに?!

魚のへそ_7

肉厚!食べごたえ抜群!これは最高です。よく「噛めば噛むほど味が出る」と言いますが、皮をあぶっているせいか刺身なのに旨みがギュッとしているというか。

肉厚で炙り系のお刺身は、確実に日本酒との愛職が最高ですよね・・・。あ・・・、まだランチだった・・・。

魚のへそ_3

3種類の小鉢は、どれも静岡の食材を使った名物です。写真左上のお茶ももちろん静岡茶!

魚のへそ_あら汁

そして、注目すべきはあら汁です!超絶美味しくて、この味噌汁と白米でもいけちゃいますね。ごはんを3回も楽しめるランチとなりました・・・!

静岡駅を使う方は、ぜひどうぞ!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

「仕事もプライベートも充実させたい!」という想いからTiMEZを運営中。カメラを持って旅に出ることが最高の楽しみ。仕事終わりの時間や、週末をもっと充実させよう・・・!目指すはweekender(週末旅行者)!